--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-06-23-Sat-20:26

【 ロマンス映画 】 『最低で最高のサリー』★★★★☆

『最低で最高のサリー』という映画を観ましたが、これは今年いちばん心を揺さぶられましたね。決して傑作ではないと思うんですよ。表面的には、静かで、わりと予定調和な、青臭い恋愛映画ですよ。なにが特別だったかというと、主人公ジョージのキャラクターなんですね。

theartofgettingby00.jpg

人間は孤独に死んでいくということを分かってどうして、無駄なのに、嫌なことを、耐えて、生き長らえなきゃいけないのか。高校3年生のジョージは悩み、何事にもやる気が出せなくなっているんです。とは言っても目も当てられない不良学生かというと、そうではなくて、むしろ、まじめなんですね。真っ当な人間ではありたいけれど、無駄と思えることに時間を割きたくない。だって結果はどうあれ無意味なんだから。そういう子なんです。
そういうのは、本音の部分もあるのでしょうけれど、一方で、自信がなくて、生きることが怖くて仕方がないんですね。だから、痛い失敗だけはしないように言い訳をして、面倒を避ける。何かやろうとしても、うまくいくかどうか不安で、あんまり期待もできないから、一歩おくれる決断。それがいつも、いまいちな結果になる。何度かがっかりして、分かっても、それはどうにもならない。悪い意味で理性的、それがむしろ本能なビビリ野郎だからです。

僕もです。いや、これ、ほとんど僕のことです。

主人公にこんなに自分が重なるなんてことなかったという、超個人的なところなので人にすすめるような映画かというとまた違うような気もするのですが、僕はもう、内側をえぐられるような思いでした。ジョージってば、趣味は絵を描くことなんですね、そのへんまで通じちゃうと、もう他人とは思えなくなってしまいますよ。でも大きく違うのは、僕は長いものに巻かれてきたけれど、ジョージはちょこっとはみ出し者なんですね。ジョージは僕の中に確実にいるんです。ジョージ・インサイド・ミー!
表面的には、無難な恋愛映画にまとまってしまっているんですけれどね、ラストなんかは、だいぶ甘えてると思いますし。「あの絵」は、もっと上手く使えると思いますよ。離ればなれになった二人、彼からもらった落書きだらけの本をめくっていると、自分がたくさん描かれている…とかいいなと思ったけどストーカーちっく?

ジョージは、サリーという子に恋をして、やっぱりびびりながらも、無意味だとしても輝いている「今」を知るんですね。さらに、やりたいことが見つかって、それがうまくいくことから得られる喜びにも触れて、ジョージは変わるんです。映画ではここまで。この先、ジョージは相変わらずビビリながら、ぼちぼち、失敗を重ねて、納得のいく「今」を求めていくのでしょう。

僕、ジョージに置いてかれましたよ。

さて、そんなぼやきは置いておいて、この映画、若手俳優がとてもいい雰囲気を出してます。ジョージを演じるのは、天才子役フレディ・ハイモア。大きくなりました。童顔だけど、ちょっと陰のある表情がよくて、これからがまた楽しみです。ジュリア・ロバーツの姪っ子で、エリック・ロバーツ(この人ちょうかっこいい)の娘のエマ・ロバーツが、ヒロインのサリー役。美しいです。でもスピルバーグの娘、サーシャ・スピルバーグはちょっと残念。目も鼻もスピルバーグっぽいんですね。ちゃんと似てしまったんですね。

では、またお目に掛かりましょう。
スポンサーサイト
2012-06-19-Tue-18:30

【 ロマンス映画 】 『愛と誠』★★★

『愛と誠』を観てきました。へんな映画でした。
もうひとつ、おかしくなりきれてないので、不真面目な映画という印象も受けました。取って付けたような「へん」だったんですね。僕はこの映画、好きなのですが、もっともっと良くできたろうにと、思わずにはいられないんです。

aitomakoto00.jpg

ミュージカルもどきの演出はだいぶ…痛々しいかなーと思いますね。昭和歌謡のヒット曲がいっぱい、作品の時代背景を明らかにはしてくれるのですが、滑稽といえばそうなのですが、もう、出オチもいいところなんですね。
何がいけないって、ぜんぶソロで歌唱するところですとか、アレンジがかえって安い音にしてる気がしてならないところですとか…何より、音楽でストーリーを語らないのがダメダメだと思いましたね。テンポを悪くする、どころか、流れを止めてるんじゃないのかしら…って。一青窈と市村正親(ヒロインの両親役)のは良かったんですよ。やっぱり歌のプロですよね。その他はすごく平らな歌唱と小さいダンスが、もう、タレントの隠し芸大会みたいで、こういうのは裏で、打ち上げとかでやって欲しいなと思う仕上がりで、いたたまれませんよ!それに、明らかにも程がある口パクは萎えますね。豪快にスキップしながら細い裏声で歌うとかね、制作の段取りが失敗してるんじゃないかって。発想は面白いのに生焼けで勿体ないです。

強烈、そうなキャラがいっぱい出てくるのに、ちょんちょんとつまんでポイしてる感じがですね、これも、すごく勿体なくて、ダラダラと歌って踊ってしてる間があったらもっとネタを放り込んで欲しかったですね。伊原剛志は老け顔を気にする高校生…で、あとはなんにも膨らまない、これも出オチ。スコット・アドキンスと闘える国際派が。あと、加藤清四郎っていう子役が、僕はキライです。

こうやって書いてると、なんでこの映画が嫌いになれないか、分からなくなってきますね。いや、ほんとに何でしょうね、女の子を容赦なく殴る蹴るするのは、隠れドSな僕にはゾクゾクきたんですけれどね。こういう映画が無くなったら、DVなんかに走るのかもしれないのだとしたら、すばらしい抑止効果ですね。キラー・インサイド・ミーに悩むあなたにおすすめです。

では、またお目に掛かりましょう。
2012-04-11-Wed-18:10

【 ロマンス映画 】 『ラブ・アゲイン』★★★★

お久しぶりです、が恒例になってしまいそうで嫌です。機械に疎い人のパソコンが壊れると、こうなってしまうのです。
今回は、昨年見逃した『ラブ・アゲイン』(原題:Crazy,Stupid,Love )をDVDで観ました。ジャンル的には、僕が大嫌いなロマンス寄りのラブコメです。ワタクシ、美男美女がてきとーに出会って さっさとエッチして永遠の愛を語って 70分くらい再生したところでケンカして 結局愛してる。なアレにはお反吐が出ますの。
でも、『ラブ・アゲイン』は良かった、良かったんです。ラブ・アゲイン!(見直した・ぜ!)

crazystupidlove00_20120411181730.jpg

構成がたいへんうまくてですね、最後にドタバタ劇になっちゃうのとか、最高に笑ったのですけれど、なにより人間関係が不器用で不完全であるというところが良かったですね。
愛とか、恋とか、よくわかんないし、ちっともうまくいかなくて、おかしな方向によじれていって。納得できないから、納得させられるというか、なんというか。シンプルにいかないからからこそ、スッと入ってくるところがありましたね。美談に押し上げずに、登場人物の愚かさを強調していてビターなのも、いいです。当たり障りのない人だとツマンナイって言われて、このままではいかんと吹っ切れて、うまくいきだしたら、ズブズブとハメ…や、ハマって身動きできなくなったりですね、めんどくさくって、醜いったらもう。
ばかだなあ嫌だなあ、って言いながら、いちゃついてる奴らに対して劣等感を感じないで観ていられるから気持ち良かったというのも、あるかもしれませんね。ヲタクが「リア充爆発しろ」なんて呪う前から、呪われてますよ。CrazyでStupidな、病気なんですよ。それでも嫉妬するのですか。魔法使いになりましょうよ。ねえ。

それが「愛」ならば、充実しているのでしょうけど。なんて、唇もげそうですけど。

キャストがまた良いんです。
ライアン・ゴズリング、ほんと器用。これから、この人が時代を作るのかも、と思うとわくわくしますね。エマ・ストーン、キャリア輝いてるよー!マリサ・トメイ、脇を固めるってこういうことね。あなた方、いいドラマ映画の素ですか。という感じ。そして、ケビン・ベーコンも、ぶれずに軽い。主演のスティーヴ・カレルの、奇声を発するリアクション芸が見れないのに気にならなかったあたり、作品の完成度に満足できたいうことなのかもしれないなあと改めて思ったり。

ラブコメが茶番だと思っているあなたへ。おすすめです。
それではまた、お目に掛かりましょう。
2011-07-18-Mon-01:21

【 ロマンス映画 】 『恋愛戯曲 私と恋におちてください。』★☆

えっと、このブログでは初の邦画でしょうか。あと、初のロマンス映画でもあります。
深田恭子&椎名桔平主演の『恋愛戯曲 私と恋におちてください。』を観ました。

rennai-gikyoku01.jpg

スランプ中のドラマ脚本家(深田恭子)と、何とか〆切までに脚本を完成させてもらいたいプロデューサー(椎名桔平)のお話です。僕自身、漫画を描いたりお話を考えたりするのが好きなものですから、創作の裏側と言いますか、創作をやっている人にスポットが当たった作品はたいへん気になります。『リトル・ランボーズ』『エド・ウッド』『シモーヌ』とか大好きなんです。『シモーヌ』はSFファンタジーな感じでしたけど。あと、『監督ばんざい!』も大好きで。アレ、意図して作られたサイテー映画ですよね。ほんとサイテーでした。

さて、本作で面白いのは、お話が3層構造になっているところです。脚本家の書いているドラマというのが「脚本家とプロデューサーのラブストーリー」で、ドラマに登場する脚本家の書いているお話というのも「脚本家とプロデューサーのラブストーリー」なんですね。劇中劇の劇中劇。更には、スランプ中の脚本家は自身の体験を基に書く人なので、プロデューサーに「私と恋におちてください」なんていう無茶振りをかまします。そんなわけで「脚本家とプロデューサーのラブストーリー」が3つ展開されていくんですね。層ごとがどのようにリンクして、どのように完成へと向かっていくのかは惹き付けられるところです。

結果として、層ごとの相互関係は薄く、下層に行くほどテキトーになっていく残念なものに終わってしまいます。逆インセプションです。「斬新な展開にしたいの!」と言い続けて採用された案もベタベタで。おまけに登場人物が何を考えてるのか分からない展開をしていくので、それは斬新じゃなくて迷走だよ!と言いたくなりましたね。もういっそ、ラブストーリーなんかやめてしまえばいいんですよ。そうすれば「恋に落ちて」だなんて無理なお願いしなくて済むんです。サイコスリラーの執筆のために殺しを重ねる深田恭子の方が見たくありませんか。プロデューサーを血祭りに上げてドラマが完成とか。なんか戦々恐々とした打ち合わせになりそうですね。

では、またお目に掛かりましょう。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。