--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-08-28-Tue-18:15

【 コメディ映画 】 『PROJECT X』★

『人間の根っこはチンカスだ。
ヤリたい、呑みたい、愉しみたい動物だ。
しかし学習することで、礼節という仮面を被ることはできる。
ゴムをしろと言ってるんだバカチン。』
――――――――――――――――――『荀子』性悪篇より


『PROJECT X』という映画を観ました。地味な男の子グループが派手なパーティを企画するお話。空回り感が泣けてくる青春映画になりそうなところですが、ネットとかを駆使して大きく宣伝したらとんでもない騒ぎになっちゃった、という。ネットの時代は万事万里を走るといった様相ですね。

project-x00.jpg

主人公が控え目な青年なのですけれど、そんなのは負け犬奮闘映画(よく、ボンクラ映画、なんて言い方されますね)が好きな映画オタクへの目配せ程度のものなんじゃないですか、っていうくらい、ただただバカ騒ぎ。悪友にそそのかされるがまま、ドラッグ、乱交、破壊、近所迷惑もかえりみない大騒動を巻き起こします。
ボンクラというのはボンヤリしていて芯がないからこそなので、目の前に酒と女があれば欲望に流されてしまうんですよ。普段はバカ騒ぎしてる輩を横目に見て陰口たたいてるくせに、頭の中は「俺もあっち側だったらなあ!セックス!してぇなあ!お、おおおお、おっぱい!」なんですね。ぼ、僕は違いますって。芯を見せろって、そんな恥ずかしいですわ!

なので、うまくいっちゃうボンクラ映画というのは、汚い!

あっさりパーティー始まっちゃうから、ひたすら酔っ払いを映し続けるホームビデオなんですね。『ハングオーバー!』(愛嬌が無い『ゾルタン☆星人』)みたいな伏線や奇想天外さがあるわけでもなくて、いつになっても猟奇殺人鬼が乗り込んでこない!なんて常識のない映画なのでしょう。
映画本編が始まる前に「絶対に真似はしないでください」というテロップが出てきて、神経質だなぁと思ったのですが、なるほど本編では彼らの愚行は反省も批判もされない(批判の声はあるけど「なにマジになってんの」という空気)。しまいには、伝説だとか、ほざきよるのですね。はりたおすぞ。

この映画は「青春映画が観たい」という人にとっては汚れすぎてて、「すげーバカ騒ぎを見てみたい」という人にとっては夢が無いと思いましたね。裏庭にギューギューに人が集まったから、何だっていうんですか。誰なんですかこのひとたちは。

そんなわけで本作は僕のオールタイムワースト。胸くそ悪いったらないです。
えっなに風俗?いかないよばかやろう!

では、またお目に掛かりましょう。
スポンサーサイト
2012-08-27-Mon-06:30

【 コメディ映画 】 『ザ・マペッツ』★★★★★

『ザ・マペッツ』という映画を観たのですけれどね、いやあ、笑って泣けて最高じゃあないですか。マペッツというのは、ジム・ヘンソンという人形技師が作り上げたマペット(パペット×マリオネット)キャラクターたちのことで、僕はテレビ番組の『セサミストリート』くらいしか知らない(おまけに『セサミストリート』のキャラは出てこない)のですが、とても楽しめました。

muppets01.jpg

人間とマペットが共生しているという設定の世界で、ゲイリー(人間)とウォルター(マペット)仲良し2人組を中心に物語は展開します。冒頭、マペットは人間と違って、大人にはなれない、という悲しい現実が語られます。
ゲイリーが大きくなるのにウォルターは変わらない。みんなが小さかった頃は馴染めていたのに、いつの間にか居心地が悪くなっていく。ウォルターにとっての安らぎは、大人になっても変わらず優しいゲイリーと、マペットのグループ“ザ・マペッツ”が活躍する番組『マペット放送局』だけなんです。番組はずいぶん前に終了したのに、ビデオに撮ってある『マペット放送局』を何度も繰り返し繰り返し見て「わはは…」……ああ、悲しい!
ほとんど被差別人種みたいな描かれ方してて、ウォルターの間抜けな表情が切なく映って、ばかやろう、玩具に飽きるのとは違うんだよ、マペッツは、生きてるの!なんだかもう、この冒頭だけで泣かされますよ!

また、「大人になれない」というのは、独り立ちできない、居場所を見付けられないという、内面についても言えるのです。それは、いつもウォルターと一緒に遊んでいるゲイリーも同じなんですね。これは、彼らが自分の居場所を見付けるまでのロードムービーになっているんです。また、かつてテレビ番組で人気を博し、今では忘れ去られた“ザ・マペッツ”の再起の物語にもなっているので、マペットのギャグで子供は大喜び、大人はさらに、哀愁と歓喜に満ちたストーリーに鼻水を垂らすのです。ディズニー映画は懐が深い!

それにしてもマペットの破壊力はすごいですね。画面に溶け込むように撮れば撮るほど、その滑稽な違和感が気持ち良いです。見てるだけで楽しくて楽しくて。もちろんそれだけじゃなくて、会話劇もミュージカルも。アダルトなコメディの印象が強いジェイソン・シーゲル(ゲイリー役)の爽やかな演技。彼が脚本も書いてますし、ほんと器用ですね。

muppets02.jpg

豪華ゲスト俳優のオイシイ活躍も楽しい本作(本人役でひどい目に遭うジャック・ブラック、一瞬しか映らないけど分かるデイヴ・グロール(フー・ファイターズ)、厚化粧が似合うドジッ子エミリー・ブラントクリス・クーパーがノリノリで歌うラップ!)、誰にでもおすすめできる良い映画だと思います。

では、またお目に掛かりましょう。
2012-07-14-Sat-18:25

【 コメディ映画 】 『おとなのけんか』★★★★☆

『おとなのけんか』は、「子供のけんかに親が出る」という言葉をそのまんま映画にした、ほとんど1室内で進行する、80分の濃厚な会話劇。すごく良かったです。

その輪の中に入り込んで一言もの申したくなるのは、雰囲気作りのうまさなのだと思います。
やったやられた、柔と剛、さらには男と女。それぞれの立ち位置の違いを、絶妙な噛み合わせ(の悪さ)で。場がピリピリしてきて、あらぬところに矢が飛ぶようになるのが、いいですね。自分は誰タイプなのか、当てはめながら観るのも楽しいかも知れません。

otonanokenka01.jpg

『イングロリアス・バスターズ』のハンス・ランダ大佐ことクリストフ・ヴァルツが、またデザートの食べ方が嫌らしい人を演じてて、楽しかったです。
ヴァルツが演じるのは、仕事の外のことはぜんぶ他人事、のマイペース、自己中男。はじめは登場人物の中でいちばん、ナンダコノヒト!って思ったのに、最終的には、こいつに肩入れしたくなったのです。僕、頭に血が上って大声出しちゃうの、みっともないし五月蠅くて、嫌なんですね。このヴァルツお父さんは、言いたいことは言うというか、チクチクさし込んではくるのですが、あくまで静かで。たいへん理屈っぽいのですが、理屈が通じないくらい興奮しちゃうママさんよりかは、いいんじゃないかと思ったのですね。まわりがギャーギャー騒ぎ始めてからは、この人がさっとカウンターを打つたびに「いいぞもっとやれ!」って思いましたもんね。「大人の喧嘩」は、A GAME OF SHADOWSであるべきだと、思います。言ってる自分でもわけがわかりませんが、今、ぽーんと出てきたのでそのまんま残します。いやぁ、ぴんとこない。理屈は大事ですね。ヴァルツお父さんは、表面を取り繕うとする努力はしないので、お友達はいちばん少ないタイプだなぁとは思うのですが、自分が大好きでもあるので、そんなのは問題ではないのですね。この人は打たれ強いですよ。
ジョン・C・ライリーの、みんなに味方しようとしちゃうようなキャラは、こういう人こそ煽られ耐性がありそうなのに、よっぽど疲れちゃってたのかなぁ、すぐに崩れちゃいましたね。大人でいるのはたいへんですね。

では、またお目に掛かりましょう。
2012-05-01-Tue-00:51

【 コメディ映画 】 『テルマエ・ロマエ』★★★☆

今回は『テルマエ・ロマエ』という映画を観てきました。とても楽しかったです。タイムトラベル物の王道をなぞって、笑いあり涙あり、キレイにまとまっていました。

【前置き】
以下の記事は、ネガティブな印象を与える構成になっていますが、僕はこの映画は好きです。でも背景に闇を見てしまっただけのです。幻覚かもしれません。
【前置きおしまい】


terumaeromae01.jpg

革新的なテルマエ(浴場)を造ろうと悩む、古代ローマの建築家ルシウスが、現代の日本へタイムスリップして…。というお話で、メインキャラクターのローマ人を、日本を代表する彫りの深い俳優が演じるという、それを聞いたときにはもう、お客を呼ぶにはやっぱりテレビで知られているような俳優を使わなきゃいけないんだろうけど、そうかぁ…、と思ったのですが、
阿部寛
市村正親
北村一輝
宍戸開

というキャスティングを知って「濃いことは良いことだ」とコロッと改心したのでした。日本人が演じたからこそできた遊びがあって、それが一番笑えたのも良かったですね。

広く勧められる娯楽作品。
一方で、これだから日本はーなんて、思ってしまう部分も見えてくるような作品でした。

基本的には、平たい顔族(日本人)の文明にビックリするルシウスのリアクション芸。そしてアイディアを持ち帰り劣化コピーでのし上がるサクセスストーリー。ここは愉快です。どこかの国とちがって開き直らず、「俺、まるで中国じゃん!」と苦悩する職人気質な夢追い人のドラマもありますが、その辺はナアナアになります。
原作を縮めて丸めるだけでお話を組み立てているとしたら、ルシウスに鼻で笑われますよ。ルシウスなりに創意工夫してみたものの、日本の技術が更に上を行ってギャフーンちくしょー。みたいなのをユーモラスにやったりして、「ほんとにちゃんと能のある人なんですよ努力家なんですよー」っていうのを見せないと、自己不信から上戸彩(平たい顔のヒロイン)から「あんたはアイディアマンだと思うよたぶん」って言われたくらいで立ち直るのには違和感があるんですよ。

もうひとつ、踏み込まない。はみ出さない。

下ネタが中途半端で臆病なところなんかも、できないならいっそ、やるなよって思ってしまいましたね。気を遣ってますよね、角の立たないものにするために。商売としては堅実なのかもしれないのですが。創意を施すのを諦めちゃ、いませんか。と。原作のアイディアからすると余力があるだろうと、思えてしまって。
小綺麗と言えば、そうなのかもしれないのですが、ファミレスの味なんですよね。作り手ばかりのせいとも言えないのですけれど。むしろ観る側が、土壌が、貧相ですよ。テレビしか観ない人をいかに映画館に運び入れるかっていう…、その、ソフトさと取っつき易さに徹して、ライトユーザー向け、万人ウケを狙った結果の薄味っていうんですかね、観客はバカにされてるんですよ。だってホントにそういうのが当たるんだもん。
映画館で映画を観る、ということが当たり前でない国ですからね。人と話をするごとにその思いは強くなりますね。しばしば映画館に行く、と知られてしまったときの、相手からの蔑みの眼差しときたら。何なのですかあれは。風俗狂いの先輩に「つまりあれだ、お前は気持ち悪いってことだな」なんて言われる筋合いはないですよ、この、変態野郎!ちんぽもげろ!陰気なオタクで一括りにされてしまうんでしょうね。むーん…それは間違ってないですけど。

とにかく、そういうマジョリティに合わせるのがデフォルトになっちゃうわけで。職人じゃ、やっていけないんだと思うんです。映画の中で、「日本人=自分を犠牲にして周りに合わせる」みたいな描かれ方されていて、皮肉だなぁと思いましたね。奴隷気質なんですかね。ビビリ屋さんと、すごーく受け身で動物的なのが「大衆」なのではないかなと思いますね。

ところで、「300」ってカナ入力モードでタイプすると「あわわ」ってなるんですよ。スパルタ人ならペルシャに宣戦布告するところを、平たい顔族ときたら!とか言いながら僕も例外でないので、あとで『ブレイブハート』とか観て自己暗示でも掛けますかね。

それでは、またお目に掛かりましょう。
2011-09-23-Fri-11:20

【 コメディ映画 】 『アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!』★★★★

たいへん楽しい映画を観ました。ウィル・フェレル&マーク・ウォールバーグ主演のコメディ『アザー・ガイズ』です。

theotherguys01.jpg

刑事アクション映画には色んなキャラがいます。破天荒に暴れまくる主役、超が付く悪人、美しいヒロイン、ピエロ役の協力者……。この映画の主人公たちはそんな花形になり得ない地味な“その他大勢(=アザー・ガイズ)”。刑事課で日々デスクワークをこなしています。ある日、署のスター刑事コンビがまさかの殉職(この壮絶バカな死に様だけでも観る価値アリなんじゃないかなーと思います。ちなみに演じるのはロック様&サミュエル)、アザー・ガイズたちは後釜を狙って動き出すのですが……というお話。

大真面目な元会計課職員をウィル・フェレル、その相棒でスター刑事として飛翔する日を夢見る刑事をマーク・ウォールバーグ演じています。
これまでナルシストで押しの強いキャラを多く演じてきたウィル・フェレルですが、本作においては保守的でとぼけたキャラを演じています。僕はウィル・フェレルってこっちの役どころの方が活きてるんじゃないかなーって思うんですね。すごく良かったです。マーク・ウォールバーグも特にふざけたキャラ作りをしていないのが良かったです。本人たちはいたって真面目、でも空回りな感じが可笑しくてたまりません。

懸命に事件解決のため奮闘……とは言っても二人が追うのは麻薬王でも武器商人でもなくて経済犯。最後までド派手に弾けることはないんですね。彼らは刑事アクションの花形になるには不足、ってことなんでしょう。でもコメディの主役としては十分。会話劇が冴え渡っていて、たくさん笑わされました。

主役コンビといがみ合う刑事コンビがいるんですが、彼らがあっさりスター刑事の後釜に収まる(活躍のスケールは小さいですが)のはちょっと物足りなかったですね。もう少し張り合い(低レベルの)があってもよかったんじゃないかなーとも思います。

余談ですが、ちょっと疑問に思ったところがありまして。マイケル・キートン演じる警部さんが、ホームセンターの仕事を兼ねていたんですよ、しかもフロアー長なんです。アメリカでは警官の兼業はアリなのかしら。そしたら、休むヒマあるんですかね?お休み非番も働いて、夜はバットマンなわけじゃないですか。大変ですよね。
HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。