--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-09-08-Sat-21:02

【 ホラー/オカルト映画 】 『ブラッディ・スクール』★★★★

なんかすごい映画を観ました。ジョセフ・カーン監督の『ブラッディ・スクール』です。

detention00.jpg

映画に出てくる殺人鬼のコスプレした人が高校生を殺す話なんですけれどね、あんまりにもぶっ飛んじゃってるので誰が犯人でも不思議じゃないし、いつ誰が殺されるかわからない、という、いや、緊張感みたいなものはないんですね。正直誰が犯人でも良いし誰がどうなっても、もう全部どうでもよくなるんです。
この映画はどれだけ観客を置いてけぼりにするか実験しているようなフシがあります。じゃあこれは誰が観て得するんだよということになるかもしれませんが僕大好きなんですこれ。面白かったんです。

なんでお話がぶっ飛んじゃうかって、サイドストーリーが本編を食い殺しにかかってくるからなんですね。「殺人鬼VS高校生」よりも目立っちゃう対決ばかりだったり。殺人鬼は忘れられた頃に「お呼びでないかい!」って感じで出てくるんですね。「アクションスターはスウェイジ派VSセガール派」とかね、何にも係ってこないでしょ。でも「俺には今スウェイジが降りてきてるぜ」「俺にはセガールだ、かかってこい」という下らないやり取りに合格印を押してしまったのですね。
常識も映画のジャンルも飛び越えてムリヤリ回収される伏線の数々も、本筋(であるはず)の殺人鬼スリラーから脱線してパンパンに膨れあがって映画を壊しちゃう。今何の映画を観ているのか混乱させるパワーがありますね。過去に高校で起こった出来事を現代と結び付けるために、居残りしろって先生に言われて教室に居残って19年間気付かれないでいるから帰れない(帰れ)というオッサンを登場させたりしますからね。伏線を回収、というより蹴散らしてる感じです。一体どこまでがマジなのって、思っちゃいますね。
プロテイン中毒で脳みそがだめになってるアメフト野郎の妄想(「幼い頃テレビに腕を突っ込んだら同化して怪人になったので見た目をバカにされた時期があったけれど、今は人目を忍んでハエに変身する怪人に転職したので大丈夫です」という回想をする。本筋には何ら係ってこない)を映像化していてとんでもなくシュールなんですけど、それが妄想なんじゃなくてマジだったんじゃないのって思うくらいに全体のトーンはマッド。もう何が本当か分かりませんがどうでもいいことです。

この映画はごちゃごちゃでノリが軽くて狂ってるんですけれどね、なんだか間違ってる気がしないんですよ。というのも、監督がやりたかったことをそのまんま実現できてるんじゃないかなって思えるからなんですね。そういう、潔さと鋭利さがあるんです。ナンセンスな笑いをティーンホラーに目一杯詰め込んでみようと思って作ったなら、コメディとしては優等生なんじゃないかって。オースティン・パワーズが「俺、常識に縛られてましたスミマセン」って真顔で謝罪するような勢いで壊れてるんですもの。間違ってるとすれば、「ヘルボーイ2は駄作」という日系人の台詞くらいのものでございますよ。

好き嫌いは別として、この映画はシッチャカメッチャカなようで実は真っ直ぐなんだと、言いたいですね。いやあ、おなかいっぱい、楽しかったです。おすすめはしません。

では、またお目に掛かりましょう。



スポンサーサイト
2012-08-24-Fri-22:03

【 ホラー/オカルト映画 】 『遊星からの物体X ファーストコンタクト』★★★★

新作映画『遊星からの物体X ファーストコンタクト』を観てきました。
ジョン・カーペンター監督の傑作ホラー『遊星からの物体X』(1982年)の前日譚です。怖かった!

thething2012.jpg

南極の基地をエイリアンが襲うお話なんですけれど、エイリアンが人間の中に潜んでその人に成りすましているという設定なんです。この中に化け物がいるのかもしれないっていう疑心暗鬼の状況が生まれて、王道のドッキリとか、対決シーンの外にも緊迫感が充満しているのが素晴らしいです。観客にも各キャラの不審点を探らせたり不安を煽るような、間や誘導が絶妙に機能していて、とてもスマートな映画だと思いました。

それに、クリーチャーデザインなんですが、これがとてもいい!すごいブリッジした体勢の人のお腹から虫の足みたいの生えてたりするんですよ。「人の部分を多く残す」というグロテスクさ。造型の現実味からの距離感っていうんですか、あれくらいが、いちばん気味悪くていいと思いますね。

いちばんウオー!って思ったのはテロップのフォント。ゾクゾクしましたね。あのフォント好きですよ!それに合わさって、エンドクレジットの入り方がちょっと洒落てるのと、カーペンター版への繋げ方も完璧で、拍手をあげたいです。やー、良かったですね。

「みんな顔に落書きしましょう!エイリアンもそこまでは複製できないわ!」
「おれたち助かるかもしれないけど絵面が死ぬ!」

というしょーもないくだりを思い付いたのですけれどね、実はすごく有効な対策だと思いますね!女の子はちょう厚化粧しとけば大丈夫そうなので、やっぱりホラー映画なシチュエーションでは女の子が強いですね。

では、またお目に掛かりましょう。
2012-07-05-Thu-23:47

【 ホラー/オカルト映画 】 『POV 呪われたフィルム』★★★

『POV 呪われたフィルム』を観ました。主演の志田未来はぎこちない笑顔が可愛らしいですね。嘘が下手そうで。でもそれって女優としてどうなんでしょうね。
この映画は、志田未来が本人役を演じた、モキュメンタリー(擬似ドキュメンタリー)になっています。志田未来のときどき言わされてる感を、メタフィクション的に楽しむこともできるわけです。ばかになんかしていませんよ。

POVnoroi.jpg

さて、これがけっこう楽しかったのです。全体的な印象は、投稿動画のあれ、『ほんとにあった呪いのビデオ』を映画の尺に伸ばしただけ。志田未来が怖がってワタワタするところがスペシャルな映画でしたね。
知名度のある役者が本人役という設定は、下手な細工しなくても、恐怖とは別の好奇心で場がもつから良かったのかな、と思います。「飽きてきた?」っていうノリで幽霊にちょこちょこ出てこられても間抜けですもの。でも、実は映ってるんだよーという隠し味すらないから、もしかしてアイディアが枯れてるのかしら、とも思えちゃう。
どう見せようか、じゃなくて、見えないように忍ばせておく。ホラー表現って、ドヤ顔してるものが多すぎると思うんですよ。演出してます感が、嘘くさい。
異様なはずなのに当事者が気づかない、とか、自然な状態の中に静かに異物を投げ込む描写がいちばん気持ち悪くて怖いと思うんですよ。過剰な効果音とか、カメラを意識しすぎる幽霊とか、萎えますね。

志田未来が行方不明になっちゃうとか、設定上むちゃくちゃはできないから、殺られちゃうこわいという雰囲気はなかったですね。持ち主が安否不明のビデオが見つかったのでお見せします…という設定にもそろそろ胸焼けするのですが。
ではどうしたらいちばん良いのか、というところでちょっと考えてみたのですけれど、志田未来は『容疑者ホアキン・フェニックス』みたいに、オオボラで伏線はっとくべきだったのですよ。つまりですね、『POV』の撮影中から公開終了までの間、志田未来は心霊体験のトラウマで壊れちゃったことにして、異常な言動でお茶の間をわかすべきであったと、僕は思うのですよ。映画が倍怖くなるし、『POV』続編として、狂った志田未来に密着したモキュメンタリーも観れるし、すごいプロモーションになるし、もう最高じゃないですか!というか、壊れた志田未来が見たいんですよ。

怖い話が、エコに役立つ季節ですね。傑作ホラー映画に、この夏は出会えるでしょうか。ところで、二見文庫から出てる、ナムコナンジャタウンの怖い話コンテストの応募作を集めたやつ、僕の夏の必需品です。あれ、淡々としてる分、気味が悪いんですよね。今年も新作、出るのかしら。

ではまた、お目に掛かりましょう。
2011-03-29-Tue-15:13

【 ホラー/オカルト映画 】 『最恐絶頂計画』★★

とてもへんな映画を観ました。『最恐絶頂計画』といいます。
タイトルはパロディ映画『絶叫計画』シリーズっぽいですが、全く無関係のB級ホラーコメディ(原題は『SHOCK-O-RAMA』)です。

shock-o-rama00.jpg

このパッケージの金髪娘は本編に出てこなかったと思います。ちなみに本編の主役の女の子はポッチャリ体型ですが凄く可愛いです。釣りパッケージをわざわざ制作する意義はあったのでしょうか。金髪の彼女、訳の分からない仕事を貰ってちょっと困ったりしたのではないでしょうか。

さて、あおり文句にある「3つの恐怖が交錯する」。本編を観た限りでは、

【1】エイリアン
【2】ゾンビ
【3】マッドサイエンティスト


を指しているものと思われます。
面白そうじゃありませんか。でもそんなことないんです。

物語は、B級エログロホラーばっかり作ってる会社の看板女優さん(ヒロイン)がブチギレるところから始まります。

shock-o-rama04.jpg

「S・キングなんて過大評価された三流作家じゃん。でも私の出てるホラーよりマシ。だって服を着てるシーンがほとんど無いのよ私。洋服アレルギーみたいバカみたい私この会社とはもう係わらないから。死ね!」

ちなみにこの映画、【ヘア無修正版】という卑猥な響きが居間での鑑賞を躊躇させるバージョンになっているわけですが、さほどエロを売りにしているわけでもなく、上の入浴シーンでちょっとおケケが映っちゃう程度のものなんですね。なので居間で観ても問題ありませんでした。

shock-o-rama05.jpg

「どうしよっか。代わりにとりあえず脱ぎたがりでオッパイでかい女優を探しとこうか」とプロデューサー達。
いろんな女優の資料を漁ってみるものの、一番マシだったのは間違って紛れていたジュリア・ロバーツの写真。ギャラだけで30億円ふんだくられる上に、絶叫ヒロインよりモンスター向きの強烈な顔面なので却下となりました。
知り合いのダメ監督が撮影した、配給会社が決まらず公開できていない映画に「良いオッパイしてる女優が出ている」と聞いた彼らは、さっそくビデオを入手して鑑賞会を開きますが…。

【注意】以下、終盤までザックリあらすじ解説しちゃってます。百聞は一見にしかずとは言いますが、まっさらな状態でご覧になりたい人はお読みにならない方がいいかもしれません。迷っている方は予防接種と思ってお読みになるのも一つかも知れません。あ、この映画そんなに面白くないです。
2011-03-14-Mon-23:06

【 ホラー/オカルト映画 】 『殺戮職人芝刈男』★★★☆

DVD鑑賞会を大いに沸かせた、いい映画です。
キワモノレーベル「アルバトロス・コア」が放つ『殺戮職人芝刈男』をご紹介します。

shibakari00.jpg

ゴルフ場でイチャつくバカップルたちが、芝刈り着姿の殺人鬼に、ちょっとゴルフ場っぽい殺され方をします。この手のホラーは腐るほどありますから、殺人鬼もキャラ作りに苦労しているんですねえ。
ゴルフ場なら、こういう暴力は欠かせませんよね!という部分をボチボチ押さえてくれているので、「そう、それ使って、やってしまいなさい!そうだやれ!やった!うわあああい!」って盛り上がりました。レスラーにパイプ椅子わたす感覚ですね。ちょっと外しちゃってるところも「そう、それ使って、やってしまいなさい!いや、そうじゃないよ!えええ、なんでー…あれっ?やった!うわはははは!」って感じで大いに愉快でした。

ものすごくチープな作りが後半にジワジワ効いてきて猛烈なスパートがかかるので、出だしで嫌な予感がしても、リモコンに手を伸ばすのは少し待ってください。
地味な伏線の妙な回収とか、かなりヘンテコなミスリード演出とか、大好きです。鑑賞後は「実は良くできてる映画だったのかしら?」なんて思っちゃいました。もしかしたら確信犯的な、頭の良い映画なのかも知れないですよ。多分そんなことはないのでしょうけれど。

あらっ、IMDbでの評価は2点台ですか、ううう、やっぱりひどいんですね!?
でも好きですよ、僕はー!

以下、ちょっとネタバレ?というか、知らずにご覧になった方が楽しめるのではないかと思ったりするので、まっさらな気持ちで観たいという方は、追記はまだ読まないで!そうなんです、けっこう本気で推したい作品だったりするんです。
HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。