--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-12-27-Mon-23:17

【 アクション映画 】 『ジョナ・ヘックス』★★

家族を殺された南北戦争の英雄、ジョナ・ヘックスの復讐劇です。アメコミ原作。

jonah_hex_poster.jpg

冒頭の「ヘックスがいかに腕の立つ男か」という描写がとにかくカッコイイ!
家族のかたきを執念で追い詰める場面や、非情な賞金稼ぎとして悪名を轟かせるまでを描く一連のアクション、また、武器商人スミスから手に入れる面白武器の数々など、胸が熱くなります。



だったらよかったのにー!



その辺は、紙芝居みたいなアニメでサラッと説明されたり(ダラダラとした話が後に残されちゃって…)、暗かったりカットが細かかったりアップ多用しすぎだったりでよく見えないのです。
あと、ヘックスの「死人と会話する」という特殊能力ですが、物語上あんまり生かされていないように思えました。ぶっ殺した奴を起こしてもっと虐めるとか、陰気じゃないですか?

あと、どーでもいいのですが、ミヒャエル・ファスベンダー(『イングロリアス・バスターズ』のスコッチ大好きな人)がすっごくチャラけていて驚きました。時々、オリラジの藤森君に見えました。

良かった部分もあるのですよ。
それは音楽です。マルコ・ベルトラミと、ヘヴィメタルバンド、マストドンがコラボしています!本編はもういいやーって思いましたが、エンドロールは3回くりかえし聴きました。
それと、本編が80分とコンパクトなのが救い。舞台裏の迷走劇の方が中身あるんじゃないかしら…

↓↓↓

1)
映画製作が決定するや、「俺を主演にしろー!」とコスプレ&特殊メイクした写真を撮ってアピールした(下画像)トーマス・ジェーン。『ジョナ・ヘックス』と同じくアメコミ原作で、嫌がらせ電話とアイスキャンディーで戦うなどして悪評を買った『パニッシャー』(でも僕が愛して止まないおばか映画)の彼です。しかしアメコミ映画でのリベンジは叶わず、ヘックス役はあっさりジョシュ・ブローリンに決定。

thomasjane-jonahhex.jpg
(ああやだもうカッコイイ)

2)
勢いで見せるならNo.1のネヴェルダイン&テイラー監督兼脚本コンビ(『アドレナリン』『GAMER』)によって制作されるはずだったのに、スタジオと揉めて監督は降板。勢いで押さないとイマイチな脚本だけが残ったのでした。
後任の監督はマックG(『ターミネーター4』『チャーリーズ・エンジェル』)にしようかな!というワクワクする案で話が進んだはずなのに、間もなくアニメ監督のジミー・ヘイワードが後釜に決定…。

3)
製作が、撮り終えた映像に不満を示して、別の監督を雇って追加シーンを撮影することに。さらに、これいらねーあれもいらねーとカットも重ねた結果、マイケル・シャノンの出演場面は数秒になってしまったようで、エンドクレジットで「and Michael Shannon」と出た時に「あーあのアゴが出てた人がシャノンだったのかな、やっぱり」と思ったのでした。ノンクレジットで特別出演してるジェフリー・ディーン・モーガン(死体役)の方がいっぱい出てたよ!

4)
本国で大コケ。評価も散々なことになっています。トーマス・ジェーンは結果オーライということで。
今度こそ彼を主演にしてリブートしてみませんか!好きだよトーマス・ジェーン!


ところで、いつもはギラギラむんむん(たいへん苦手)のミーガン・フォックスはずいぶん田舎臭くて地味に出てませんでしたか(それでもミーガン苦手)。ところが、撮影中のミーガンをとらえた写真を見ると、やたら派手な格好してるように思えました。

meganfox-jonahhex.jpg
ファスベンダー藤森の話よりどうでもいいですね。


次回は2010年映画ベスト&ワーストでお目に掛かりましょう。
では皆様、よい年越しを。
スポンサーサイト
2010-12-24-Fri-16:33

【 アクション映画 】 『キック・アス』★★★★

渋谷まで遠足に行ってきました。目的地はシネセゾン渋谷。
『キック・アス』を観ましたのです。
公開館数が極端に少ないことを差し引いても、連日の満席・立ち見の盛況ぶりには、「まだ日本の映画土壌は終わっていないかもしれない!」とポジティブな気持ちをもらったのでした。っていうか拡大公開決定おめでとうございます、ですね!

kickassposter01.jpg

どんな作品かといいますと、
童貞ぼんくらギークがコスプレしてヒーローを目指すお話を血飛沫大盛り笑いと狂気とポップミュージックで彩った、アメコミ原作の映画。

ここまで映画おたくホイホイみたいなの、今まで聞いたことないですよ。逆に構えちゃうじゃないですか。「簡単に熱狂なんかしてたまるか!そんなテンプレ通りのオタクじゃないもん!(ぐぎぎ…)」
また、先にご覧になった方々のツイッターでの評価も上々で、8割「くっそ面白い!最高!!」2割「なかなか面白い!」。「つまんねー」という意見は聞きませんでしたね。でも、否定派がいないのが一番怖かったりします。(むむむ…)

そんなこんなで冷静にスクリーンに臨めたと思います。以下、感想です。ネタバレはしてません。


絶妙なバランス感覚でまとめ上げられていたように思います。楽しかったです。
コミック(下画像)の方はもっともっと血みどろでダークなようです。ところが映画は軽快に仕上がっていて、かといってヌルくはせず、良い意味でのヒットポテンシャルを獲得していると言えるのではないでしょうか。

kickass-comic02.jpgkickass-comic03.jpg

ところが、個人的には違和感でムズムズムズ、あまり乗れなかったんですよねー。
ほんと楽しめたのですよ…でも、ちょっと嫌。


まず、誉めるべき点を。俳優がとにかく素晴らしかったです。

アーロン・ジョンソンとクロエ・グレース・モレッツ、2人の若手は堂々と主役の看板背負ってました。クロエちゃんは11歳であんな表情芝居するの?あんなに動けるの?末恐ろしいです。

オッサン大好きな僕としましては、イチオシはニコラス・ケイジです。
特にここ数年は、「微妙な映画で変な顔してばかりいるヅラ」っていうイメージでしたが、なんだかんだで「ヘラヘラした変な人」を演じたら超一流、ちゃんと楽しい映画の中にいれば映える俳優さんなのですね。思えば今年は、彼に惚れ直す1年でした。
ケイジと娘(クロエ)の会話は全部おもしろかったです。

kickass-nikorasu01.jpg

「誕生日には何が欲しいんだい?」
「パパ、私ね、フワフワの小犬ちゃんが欲しい!」
「えっ、何だって?お前、こ、小犬なんかが欲しいのか?」
「もうっ、ジョークよ!ほんとはバタフライナイフが欲しいの」
「なんだよもう、脅かすんじゃないよお。よーし二本買ってやろう」
「わーい!」


あと、悪役のマーク・ストロングはほんといい男だと思います。『ワールド・オブ・ライズ』で初めてお目に掛かった時から大好きです。最近、悪役で引っ張りだこですねー。

kick-ass-strong01.jpg

悪党面したオッサン(ウィレム・デフォーとかレイ・リオッタとか)には、たまには優しいパパ役をやってもらってギャップでメロメロにされてみたいと常々思うわけですが、ストロング卿については、そんな風に思わないのです。
ドSな色気こそ彼の魅力だと思うので、これからも色んな人を冷たく罵って苛め抜いて欲しいです。


さて、次はお話、ヒーロー像についてです。ここが引っ掛かります。

青春パートほどほど、アクション中心組み立てられていてテンポも良く、全く飽きませんでした。しかし、「ヒーロー映画」としてはどうか?と思うところがあり、手放しで喜べなかったのです。

『スパイダーマン』の格言「大いなる力には、大いなる責任が伴う」をもじったセリフがわざわざ登場する本作ですが、責任もなにも、コスプレ戦士たちは独りよがり。善意の自己犠牲なんかではないのです(←これ、僕には大事なところなのです)。
大衆を沸かせても、それは一発芸的な色合い。キックアス君は浅はかなまま成長していないように思えますし、自警行為で活躍する描写がほとんど無かったので、すごく偽物な感じ。

ニコラスに関しては、マスクとマントを装った復讐の鬼。「俺をハメた奴を殺そう、その仲間も皆殺しにしよう」。洗脳教育で我が子を殺人マシーンに仕立ててます。うーん、狂ってる。そこが面白いところではあるのですけれど、クロエちゃんはパパのお人形なんですよね。その辺の収拾はカラッと描かれますが、無視するにはちょっと怖いなと思うところでした。

また、キックアス君にフォーカスが置かれているので、シンプルな「復讐アクション」ではなくて「まがい物のヒーロー映画」としての色合いをたいへん強く感じてしまうのです。クロエちゃんを主役に置いて、キックアス君は危険に首をつっこむ変態、という形の方が個人的にはしっくり来るなーと思いました。


自警行為の暗部を描いたドラマとして見るとどうでしょう。極端な描かれ方をしてはいますが、あまり信条を掘り下げているようには感じられず、心の琴線に触れる事はありませんでした。

孤独な自警市民の信念に心を揺さぶられる『ダークナイト』。
歪んだヒーロー像を描き、行き過ぎた自警団の難を炙り出した『ウォッチメン』。
自警行為への憧れと、その危うさを伝える一方で、美しき善意が胸を打つ『ディフェンドー』。

では、『キック・アス』は?
僕には「娯楽としてのバイオレンス」と受け取れました。その通り、ちゃんと楽しめる娯楽作品です。
でも、彼らは僕のヒーローにはなり得なかったのでした。

その、僕の変な拘りと浅読みではそんな感じでした。
2010-12-15-Wed-23:12

【 ホラー/オカルト映画 】 サンタさん、これってスティグマータじゃありませんか?


10日後にクリスマスを控えまして、皆さんもそろそろ年末のご予定が具体化してきたのではないでしょうか。僕はケンタッキーのクリスマスパックを予約してきました。おうちで鳥の足をしゃぶるのが例年の行事なのです。

さて、【クリスマス映画】についての記事、最終回です。映画の前にちょっと雑談を。


クリスマスといえばクリスマスソングですが。季節感で押し切る感じの歌ってちょっとズルいと思います。需要ありますもの。一方で、メジャー歌手がクリスマスソング歌っても売れなかったら凄く残念なイメージがあるのでハイリスクな気もします。(根拠のない戯言です)

そいうえば「いつかのメリークリスマス」というB’zの歌、あれちょっと気になるのです。

主人公の男は恋人へのクリスマスプレゼントを当日の閉店間際に駆け込み購入、荷物を抱えて電車に乗るわけです。もっと余裕を持って行動しないと。僕はクリスマス2週間前にはケンタッキーにチキンを予約してますよっ。
お目当てが「彼女が欲しがってたイス」で良かったですね、ターボマン人形だったら売り切れてましたよ。てうか抱えられるイスってことはコンパクトサイズなんでしょうか。彼女が「なにアレかーわーいーいー!欲ーしーいーかーもー」とか言ったんですかね。

それで、このイスを見た彼女のことを「君は心から喜んで」と描写してるわけですが、腹の中では彼女(確かにカワイイって言ったけど、クリスマスにイスとかありえなーい。てゆうかこんなプチイス何に使うしー…あれ?もしかして今これに座って欲しいの?あーそんな目で見てるわーハイハイ座るー)みたいな感じかもしれないですよ。

結果として失恋ソングになっているのは、そんな浅はかさのせいじゃないかしら。しかも、そんな風に歌っている現在があるわけですから、この男はまた残念なことを繰り返しますよ。パート2はまだー?たぶん売れるよー。

いろいろ勝手なこと書きましたけど、本当のところはどうなんでしょうね。


さて、映画です。

クリスマスといったら、やはりあの人類史上最も世界をかき回した予言者の存在は無視できません。熱烈な信者と膨大な二次創作を抱える、まるでモーキーなメーアニのようなバイブルのことも忘れていられません。(「キリシたん」と言うと信者まで平らな世界に飛び込んだみたいですね)

というわけで、今回紹介するのはソレ関係の映画、『スティグマータ』です。

stigmataposter.jpg


ところが、これがちょっと中身の薄い映画でして、ネタバレ無しにはどうにも話にくいのです。でもオチ知っちゃって観ると茶番極まりない映画になっちゃいそう…。

なので今回は、「映画の雰囲気」を「大ボラ8割」でお伝えしようと思います。

つまりこれから語る『スティグマータ』は『スティグマータ』じゃありません。そもそもオススメもしない作品です。じゃあこの記事は一体何なんだって話ですね。ごめんなさい。では、以下が『スティグマータもどき』です。


patstigmatawab.jpg

スティグマータというのは、キリストが死に際に負った傷が突如表出する現象のことで、敬虔な信者の身に極々稀に起こる「奇跡」なんだそうです。まったく迷惑な奇跡もあったものです。でも信者は許します。「半裸でイバラの冠…ハアハア萌え死ぬ」
カワイイは正義なのだそうです。

sinpu2stigmataweb.jpg

ところが、「予言者たんマジ天使」とか言ってられない事態が!新たに聖書の一部が発見され、そこにはこんなことが書いてあったのです。
「キリストさんは恐怖でクソを漏らし、最終的には血便による失血で死亡したのです」
これを知った神父A(上写真)は「本当の事を世界に知らしめねば!もうカワイイなんて言ってられないけど」と、行動を起こそうとします。しかし、そうはさせまいという信者もいて、さあ大変!

sinpustigmataweb.jpg

神父B(写真左)「情弱ェ…血便なんか嘘に決まってるし。ブログ炎上させっぞ」
神父C(写真右)「預言者様マジ天使、クソなんかタレねーの、これマメな」
神父B「絶  対  に  許  さ  な  い」
神父C「神父A、そんな装備で大丈夫か」


僕もスティグマータで下から出血する病気持ちなんですよ。
なーんて…映画よりも、こんな無茶苦茶かいて後が怖いですよ!ぶるぶる。

では皆さん、よいクリスマスを!
2010-12-11-Sat-22:43

【 コメディ映画 】 ごめんねサンタさん、僕にはサタンさんがいるの!

「あ、サンタさんメリクリー。今年はサタンさんと過ごすからプレゼントそこ置いといてー。」

というわけで、前回に引き続き、クリスマス映画のお話をさせてください。
今日紹介するのは、ハートフル・ラブコメ・バイオレンス・ファンタジー・アドベンチャー。たいへん頬笑ましい映画なのでコメディに分類しました。

プロレスラー、ビル・ゴールドバーグ主演の『サタンクロース』です。

santasslayposter.jpg

みんなの知ってるサンタさん、実は1000年前まではサタンとして恐れられていたんです。毎年、12月25日を「虐殺の日」と定めて、どこかしらの町の住人を皆殺しにしていたのでした。
それを見かねた天使は、一勝負を持ちかけました。「僕が勝ったら、1000年間は大人しく、子供達のために働くんだぞ!」それに負けたサタンはサンタ活動を素直に(えっかわいい)続けてきたのですが、1000年目の現代に本性を現したのです!というお話。

santasslave03.jpg

サンタはっぴ脱いだら、レスラーにしか見えないよ!
百聞は一見にしかず、というのはどの映画にも言える事ですが、この映画のかわいらしさを伝えるのは特に難しいように思えます。だからあんまり言う事もないのですけれど…

えっとですね、その、天使が持ちかけた勝負というのが、カーリングもどき(上の写真)なのですが後攻が勝つでしょ!っていう欠陥スポーツなんですよ。この勝負を先攻で受けて、負けて、1000年間を律儀にサンタさんとして過ごして…サタンがよい子なのか悪い子なのかよく分かりません。

むしろ「天使のやつ、イカサマ勝負ふっかけやがって!くされ外道!」と思うわけですが、終盤に同じスポーツで再対決する場面があって、サタンが「今度は俺が後攻ね!」って申し出たら、天使は「うん、いいよ!」ってOKしちゃうんですよ、秘策があるわけでもないのに。天使に悪気はなかったんですね。やっぱり純粋なのですね。


レンタルビデオのお店ではホラーの棚に並んでいますが、そんなに怖い映画ではないですしクオリティも決して低くないので、広くお薦めしたいです。製作は『ラッシュアワー』『X-MEN:ファイナルなんちゃら』のブレット・ラトナーなんですよ!

santasslave02.jpgsantasslave01.jpg

ほうら、こんなにかわゆいのよさ!

お供はトナカイじゃなくてバッファロー!この映画、ほんと上手にはずしてきて面白いんですよねー。世にも珍しい「ほっとするバイオレンス」ですよ。おすすめです。

来週にもう一本くらい、クリスマス映画の紹介をしようと考えています。では、お付き合いいただいた方、ありがとうございました。
2010-12-08-Wed-21:32

【 サスペンス/スリラー映画 】 サンタさん、クリスマスは1人にしてください!

年末年始はバタバタしますね。それでパパもママも気が立って喧嘩したりするわけですよ。だからもう、クリスマスにも正月にもいい思い出なんか一つもないんです。

人間関係も眉唾な儀式もめんどうくさくて嫌になる時期なので、サンタさんも恋人も僕に構わないで欲しいんです!僕、今年はがっつり映画観るんだから!
(サンタも恋人もファンタジーの産物だってことは子供達には内緒ですよ。)

それでですね、「せっかくなので季節感のある映画を観ましょうか」となる方は僕だけではないでしょうという憶測のもと、
今回はクリスマス映画を紹介しようと思います。


まず紹介するのは、最近のクリスマス映画で一番おもしろかったかもしれない!と思ったこちら、
サイコスリラー『P2』です。

p2poster01.jpg

クリスマスの地下2階駐車場(P2)、サイコ警備員に「一人で過ごすの寂しいよー!」と拉致られたブロンド美人。逃げようにもこの警備員が出口封鎖しちゃったし、年末年始はこんなオフィスビルに助けが来るわけないし、うまく隠れても寒くて死んじゃうし、すごく暗いしうわああどうしよー!という映画。

クリスマス映画が温かくてハッピーなものばかりと思ってたら大間違いですね。寒くて暗い部屋で毛布にくるまって映画を観てる僕としては、むしろ一番共感できる映画かもしれませんけれど。あ、もちろん共感はヒロインにですよ。

実のところ、シチュエーション・スリラーは個人的にはたいへん苦手なジャンルなんです。登場人物が混乱してたり頭悪かったり製作者が考えたらずだったりして、「えー、それじゃ死んじゃうよーほらやられたー」って冷めちゃう場合がほとんどなのもでして。
ところがこの『P2』は、ブロンドちゃんはやることやって良い勝負を見せるものですから、「ええっこれ以上はどうしよー!」な危機感を味わえてたいへん面白かったのでした。暴力描写も遠慮がないので、ちょっと怖い映画が観たい方にはおすすめします。

P2_photo.jpg


サイコ警備員を演じるのは『ゴーストライダー』で地獄の若頭を演じたウェス・ベントリー。ゴーストライダーの「見つめて魂を焼く攻撃」(ひどく地味!)が通用しない強敵でした。「俺は貴様が焼く事の出来る魂など持っておらんのでな!」って。ところがこの若頭、【ネタバレのため反転】 墓場にさまよう魂を吸収してパワーアップを図ったところを、ゴーストライダーに魂を焼かれて死んじゃうんですよね。なんておばかさんなのでしょう。そんな彼ですが、本作ではなかなか悪知恵を働かせて怖がらせてくれますよー。

今年は『P2』を観てタフにメリークリスマス!


これからクリスマスまでに、さらにいくつかクリスマス映画を紹介していこうと思います。
では皆様、年末にいい思い出作ってくださいねー!けんかしないでねー!仲直りのエッチとかまじでやめろよ!
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。