--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-01-26-Wed-16:20

【 コメディ映画 】 『アダルトボーイズ青春白書』★★★☆

最近、バカだなあとか、頬笑ましいなあ思う映画ばかりを好んで観ています。
このブログではそういう映画しか紹介していない気もするのですが、元々はちゃんとした映画もボチボチ観ているのですよ。広く浅くです。真面目な感想を書くと低脳が浮き彫りになって恥ずかしいので、観てもここに書くか分かりませんけれどねっ。


今回、紹介するのは『アダルトボーイズ青春白書』という映画です。
まずはエンドロールをご覧ください。とっても豪華な顔ぶれなのです。

grownups-end.jpg

アダム・サンドラー、ケヴィン・ジェームス、クリス・ロック、デヴィッド・スペード、ロブ・シュナイダー…という「サタデーナイト・ライブ」(よく知らないけど面白い番組らしいです、コメディ俳優の登竜門らしいですよ)出身のスターが顔を合わせています。面白い人がいっぱい出ている映画なのです。さらに、サルマ・ハエック、マリア・ベロ、スティーヴ・ブシェミといった面々が脇を固めていて、その、素敵ですね!

さっき「真面目な感想書くと低脳が浮き彫りになる」って書きましたけど、そんなことないですね。コメディはコメディで何書けばいいか分かりません。フンギャ!(ギャフンを業界語にして気取ってみました)

grownups-game.jpg

とりあえず、小ネタばかりの映画で伝えにくいのですが、内容について書いてみます。

これが、主役級のコメディスター5人が集まってワイワイ休暇を過ごすだけなのですが、たいへん愉快で楽しめました。5人にはそれぞれキャラが振ってあって、「うわあ、ホントに親友なんだなあ!」って伝わってくるような掛け合いがたくさん見れて良かったです。特に、ロブ・シュナイダーはロマンチスト気取りの役で、他の仲間に散々いじられて半ベソかいたりして、ああ、いるなあこんな奴!って思いましたね。

また、それぞれがそれぞれの家庭環境に難点を抱えているのですが、そんなに重い問題として描かれることはなくて、時には笑いに、時にはユルい物語のスパイスに働いているといった印象でした。「フツー、コメディ映画では中盤に人間関係ギクシャクするのに、この映画いつになったら変な空気になるんだよ!」って思いましたよ。なったらなったで「ああやっぱりーもういいよー」とか思うくせに嫌なやつ!
…っていうかまあ、だいぶテキトーなんですよね。いつの間にか快方に向かっちゃう。それで、終盤のみんなで談話する場面で「色々あるけどね、うん、やっぱ君をすげー愛してるよ」「俺も俺も」「あ、俺もそう」「あらあらまあまあ」って一気にまとめてミゾ修復しちゃうの。

それというのも、主演5人の魅力をできるだけ引き出して純然たるコメディとして描こうという趣旨だからなのでしょうね。だとすれば、その意味においては大いに成功しているのではないかと思います。それに加えて、いいなあと思ったのは、こうした和気藹々とした空気の根底に、深い理解や信頼があるってところ。休暇で普段の忙しい日常を忘れて、改めて家族と向き合う。これが良い意味で素直で、しかも露わになる本音が、優しさに満ち溢れているだなんて素敵だなあと思いました。みんな面白くて、しかもいい人!うちの家族旅行も一度でいいからこんな感じだったら良かったな。

監督は、『エージェント・ゾーハン』(ちょう好き大好き)でもアダム・サンドラーと組んだデニス・ドゥーガン。メイキングとか、音声解説で冗談ばっかり言ってる面白い人で、いたずら合戦とかして遊んで、現場それ自体が1つのコメディ映画みたいになってるんじゃないかな。楽しそう。(『ゾーハン』については後で記事を…)
音楽は、ルパート・グレッグソン・ウィリアムズ。そのミドルネームはまさか、と思って調べたら、同じく映画音楽家のハリー・グレッグソン・ウィリアムズ(トニー・スコット監督のお気に入り音楽家。ゲーム『メタルギアソリッド』シリーズの2以降の音楽も手掛けてる人)の弟さんなんですね。ていうかイケメン兄弟でしたね。写真見てビックリしましたよ。デブで禿(ハゲ)禿(チビ)のヒゲを想像してたのに。
っていうか「禿」って漢字は酷いですね?


なにやら結構書けました。また近いうちに更新できるように努力します。
今年はまだ、映画館に行けていないので、今月中に何か観たいです。

それではまた~
スポンサーサイト
2011-01-19-Wed-11:01

【 コメディ映画 】 『BLACK DYNAMITE』★★★★

ディギッ?ディギッ?(新しく覚えた英語)
こんにちは。ご機嫌いかがでしょうか。早速ですが、

たいへん面白い映画を観ました。

その映画のタイトルは『BLACK DYNAMITE』。黒人刑事「ブラック・ダイナマイト」が活躍するアクション・コメディです。昨年に観ていたら2010年映画ベストテンを間違いなく揺るがしたであろう、お気に入りの一本です。

black_dynamite_poster.jpg

主演は、『ユニバーサル・ソルジャー:ザ・リターン』で新型ユニソルを演じ、ヴァン・ダムよりも美しい足技で魅せた(少なくとも僕はウオー!ってなりました。映画自体は残念でした)マイケル・J・ホワイト
僕が一番好きなマイケル・Jはフォックスじゃなくてホワイトです。だって、スケボーの得意なチビ白人よりも空手の得意なマッチョ黒人の方がかっこいいんだもん。
『BLACK DYNAMITE』では、彼が脚本も書いてるんですよ。すごーい!

みんな!黒いホワイトさんを応援しようよ!『BLACK DYNAMITE』の日本盤発売を実現させようよ!(劇場公開しろとまでは言いません。わかってます)

申し遅れましたが、本作の日本盤は発売されておらず、輸入盤ブルーレイで鑑賞しました。日本語字幕が収録されていないので、英語字幕を一生懸命読みながら観ましたよ。黒人さん早口すぎるぜハッ!おおよそ半分しか理解できてないのに面白かったとか言うのかよメーン?

はい、抜群に面白かったです。本当です。

black-dynamite-2.jpg

映像と音楽は「70年代風」にこだわっていて、言ってる事の半分が分からなくても、それだけで十分面白いよ!って断言できるくらい良い雰囲気を纏った映画でした。
画像をご覧いただければお分かりいただけると思いますが、なんにも知らないで観たら、実は2009年製作の最新映画だってことに気付かないままの人も少なからず出るんじゃないでしょうか?
(ポスター、主人公が3人いて小さい乗り物が隅っこにあるなんて素敵)

でも、上手に俯瞰(ふかん)して、確かなコメディになってるんですよね。
アクションの大味な振り付け、チープな合成と小道具、使い回される爆破シーンなどなど、狙ったナンセンスさが非常に心地よく、笑えました。中盤に急展開して、大事な場面をダイジェスト映像ですっ飛ばしちゃったのには驚きましたね。その後はもっともっとトンデモ展開になって滅茶苦茶やるので楽しいです!

black_dynamite_1.jpg

♪ダイナッマイッ!ダイナッマイッ!
(キメシーンの度に流れるブラック・ダイナマイトのテーマ曲)

*IMDbの『BLACK DYNAMITE』情報ページはこちら。
 予告編を観ると、雰囲気がよくわかると思いますよ。
2011-01-03-Mon-01:41

【 企画記事(映画) 】 2010年の映画を振り返る 【 へんなの、嫌いなの 】

前回の【 お気に入りの逸品 】に続いて、今回は2010年の【 へんだなー/嫌いだなーと思った映画 】を振り返ります。
何故、はっきり【 2010年ワースト映画 】と表現しないかと申しますと、劇場用テレビドラマとかの露骨な地雷はちゃんと避けて通って来た身で、「これこそ最低の映画体験じゃー!」と叫ぶのは、多くの被爆映画ファンの皆様に申し訳ないかな、と思ったからです。

それでは早速、発表に入らせていただきます。


【嫌いだなー部門】

嫌いだなー部門ノミネート作品は5作品です。なんて平和なのでしょう!

●『クロッシング』(アメリカ映画)

●『ラブリーボーン』

●『オーケストラ!』

●『イヴの時間』

●『半分の月がのぼる空』


『クロッシング』は、一人分のエピソードじゃ露骨にB級だから三人の主役を抱き合わせにしてみたよー!って感じの薄味ドラマのくせに無駄に苦いお話で嫌だなー思いました。あと、リチャード・ギアの大根役者ぶりには「ベン・アフレックって評判ほど悪くないじゃない」って思う僕が失笑しましたよ。目をつむって大声出したり、棒読みで「おー○ぁーっく」って言ったりしてリチャード・ギアのモノマネをしました。

『ラブリーボーン』は、スタンリー・トゥッチの怪演はたいへん見物なのですが、あとは何が何やら分からなかったのです。初めに主人公が死んじゃって、表のストーリーから退場しちゃって何もできないのは分かるんですけれど。あの世の映像も何だか教育テレビの退屈なマスコット番組でも観てるみたいでした。それと、「人の死はね、あのね、云々…」みたいなこと言って美談にするのやめて欲しいなって。

『オーケストラ!』は、ドラマ形成を投げ出してSFになっちゃうボリショイ版『少年メリケンサック』。ラストの演奏シーンはズッコケたなー。音楽ってすごいですねハイハイ。本作のキーとなる(と思われた)「チャイコフスキーの音楽的位置づけ」がよく分からなくて困惑したけど、どうでもよくなったのでホッとしました。とりあえず、この人たちって本当に音楽に真剣なのか疑っちゃうな。

『イヴの時間』は、ずいぶん中身のないアニメでした。だいぶ無理のあるSF設定を持ち込んだからには、何かしら意味があるのだろうと思っていたのですけれど、もう後半は展開を諦めて終わるまで我慢でした。ラストの「それはまた、別のお話…」っていうベタフレーズにはムカムカ。「じゃーそのお話持ってこいよ!」ってなりましたよ。色んなキャラが出てきてニャーとか何とか言うんですけれど、「カワイイは正義!」なんていうのは、本質と付加価値が逆転してませんか、って思うんですよね。

『半分の月がのぼる空』は、意味も無く強気で上から目線な女の子がもう気持ち悪くて気持ち悪くて。どうせ主人公♂に都合の良いヒロインのくせにね。あーこれが世に言うツンデレかと。ほんっっっっとうに気持ち悪くて!うわあ、あああわわ!言いながら観ましたよ!1.75倍速にしたところもありますよ!(普段はそんなことしない子なのですよ!)『CSI:マイアミ』のホレイショと『フリンジ』の黒ハゲの爪の垢を煎じて飲んで出直して欲しいものです。

【へんだなー部門】

へんだなー部門ノミネート作品は2作品です。

●『君に届け』

●『9/ナイン』


『君に届け』は、登場人物たちが頭を悩ませる問題の答えは観客がとっくに知っているレベルの気楽さで、ちょっと解決が難しい問題はそのうちなんとか…って感じにノホホンと描かれます。その辺は持ち味なのか欠陥なのか…僕もうわかんないです。
というのも、冒頭の、ハルマ君が初対面のタベちゃんの顔を凝視し始めたと思ったら髪に触って「何かついてる、ハハッ」っていうシークエンスで、「僕はこの映画の文化圏にいない!理解できない!」と確信したからです。それ以降、なんだろうこれは?って思う言動は毎分かそれ以上の頻度で出てきて、その気持ち悪い違和感には本気で顔が歪みました。
間違いなく言っておきたいのは「こんな青春体験したかったくやしい」という身悶えではなく、真摯な脅威、拒絶反応による身悶えをしたという事デス。どんな怖い映画も目を見開いて受けとめてきたのに、今回は脳に突き刺さる情報を少しでもカットしようと、目を瞑る場面もありました。あと、『宇宙戦争』でダコタがやっていた精神安定のポーズを無意識のうちに試していました。
僕にとっては拷問でした!本当に怖かったです!

『9/ナイン』は、バートン製作の人形が戦うお話の方ではなくて、ライアン・レイノルズは主演のサスペンスです。ミステリアスな雰囲気と独特の構成になかなか惹き付けられましたが、オチがトンデモ!物語が破綻したとかではなくて、究極の反則技という感じでした。綺麗なお話で、後味は悪くありませんが…なんじゃそりゃそりゃ!って思いました。2010年の『フォーガットン』と言える怪作(画的なインパクトには欠けますが)ではないでしょうか。しかも、ちょっと新しい(反則)かもしれないです。いや、ほんと、全然つまんなくは無かったんですよ…


今年もいろんな怪作が埋まっていることでしょうね。ばりばり目利きしていきましょう!

健康的な映画ファンの方も、目に見えた地雷を踏みに行くウォージャンキーな方も、一本でも多く感動できる映画、記憶に残る映画、話に花が咲く珍作に出会える事を祈っています。では、失礼します。
2011-01-02-Sun-01:36

【 企画記事(映画) 】 2010年の映画を振り返る 【 お気に入りの逸品 】

新年明けましておめでとうございます。
皆様にとって一時一時が糧となる年となりますよう、お祈り申し上げます。

今回は、「2010年に劇場公開された作品」または「初リリースされた未公開作品」から、特に気に入った映画10選+αを紹介させていただきます。


第10位:『プレデターズ』
predetors-hanzo.jpg
もうホラーでやっても仕方ないでしょ。プレデターってどんな奴らか知ってるでしょ。
そんな風に割り切って別角度からスマートに描いた感じがとても好感触でした。人間側にぼちぼちキャラを振り分けてテンポ良く展開していて、サバイバル・アクションの佳作だと思いました。
特にですね、ルイ・オザワ演じる日本人は、すごくクールなサムラーイで大好きです。2010年は多くの時代劇が公開されましたが、侍よりサムラーイが好きなのです。だって侍って面倒くさいんだもん。融通きかないし、すぐお腹斬りたがるんだもん。

第9位:『フィリップ、きみを愛してる!』
philip-1.jpg
重いはずのお話なのに、ドタバタなラブコメになってて楽しい!
そのへんのロマンス映画よりキュンキュン来ますよ、一途で。ゲイカップルですけどね。そもそもロマンス映画をほとんど観てないのですが、とりあえず『君に届け』よりコレですよ。
ちょっと不意を突いて笑わせる演出が好きなんです。一連のカミングアウト場面(観客に告白→カミングアウトを決意→妻に告白)なんか、すごく笑いました。あと、ユアン・マクレガーの乙女っぽさがすごかったです。

第8位:『ハートブロッカー』(未公開作)
heartblocker-1.jpg
優しさに飢えていた時にちょうど観た、優しい映画だったので。
温い(ぬるい)のではなく、ちゃんと温い(ぬくい)映画ですよ。と思いますよ。いや、だいぶ補正かかってるかもしれない…。もうちょっとまともな感想は後で書こうと思ってます。

第7位:『ブルーノ』
bruno-1.jpg
ゲイ映画2本目。ゲイはやばいですね、笑っちゃいますね。大好きです。
「あっははは、ゲイはキモいぜー!」で済ますのはいけないなーと思って「なぜゲイの芸に笑っちゃうの?」について考えるですが、コメディ映画に出てくるゲイ男性(ゲイ女性なんていないのに妙な表現ですね)の多くはアブノーマルでも前向きに性を謳歌するじゃないですか。爽やかさとドロドロした性欲の二律背反が笑いを誘うんじゃないかな、なんて思います。
そもそもブルーノさんは思いっきり変態で偏見持ちなので、ゲイが云々言う前に「バカだなー!」と笑えるんですけどね。あと、主演のサシャ・バロン・コーエンの演技は冗談抜きですごいと思います。

第6位:『リトル・ランボーズ』
son-of-rambow-1.jpg
少年の空想と友情、迷いと成長。恋以外は詰まってる(恋とかむしろいらない)!
カーター少年みたいになりたかったなー…と心底思いました。「退屈ないい子ちゃんになるか、ランボーの息子になるか、お前が決めろ!」みたいな。あいつこそランボーじゃないか。そんなこと言われてもウィル少年はママの言う事も聞かなきゃって思いますよね。ママはママで自分ちの面倒くさい縛りにモヤモヤ、「うちの子なんか最近生き生きしてる…いつかの私みたいだわ」って悩むのですね。
僕を取り巻く環境には、ママの部分が欠けちゃってたのです。えーん。

第5位:『ゾンビランド』
zombieland-1.jpg
フワフワしたこと言って面白さを伝えるのが難しい映画。とにかく楽しかったです。
ゾンビ映画ですが、ホラーというよりは青春ロードムービー。笑い満載、ソツなくまとまってます。ちょっと欲も言いたくなりますけど、これはこれで完成された逸品だと思いました。小さな劇場で、いっぱいのお客さんとゲラゲラ笑って観れてすごく気持ち良かったです。

第4位:『ルーザーズ』(未公開作)
TheLosers-1.jpg
一番スカッとした映画はこれかも。
「表舞台から消された特攻部隊のリベンジ」という、『特攻野郎Aチーム』と被るプロットで、しかもキャラ物。分が悪そうですが、個人的にはこっちが好き!非常に楽しかったです。
安心感とハラハラ感のバランスが絶妙。ただただ派手な映像で押す特攻野郎より泥臭くて好みです。一方、ミュージックビデオの様なスタイリッシュで柔軟な画は心地よく、たまに笑いに転じたりと器用な印象を受けました。
もう王道中の王道で、エピローグなんか「後で絶対ここを描くよね、あーやっぱり来たよね」って感じなのですが、気持ち良い物は気持ち良いのです。

第3位:『トイ・ストーリー3』
toystory3_1.jpg
2で触った「玩具の存在意義」というテーマを掘り下げてるので、切ないドラマが前面に押し出されているので2のような愉快さは減退してますが、シリーズで最も心を揺さ振られました。最後はボロボロ泣いちゃったよ…
あのラスト、アンディと玩具のだけじゃなくて、シリーズを追ってきたファンにとっての十数年も詰まってると思うんですよねー。完璧な最終章でした。

第2位:『ヒックとドラゴン』
HowToTrainYourDragon-01.jpg
これほど、「映画館で観るべきだ!」って思った映画はないです。
対立する二種族と、その架け橋となる主人公の物語を3D映像で…というのは『アバター』も一緒ですが、この映画は『アバター』でピンと来なかった部分を全部カバーしてくれたんです。2010年は『アバター特別版』も公開されたんでしたっけ。あれ、長くなっただけでしょ?みんなーヒック観ようよー。
あ、ブルーレイでも観ましたが、やっぱり面白い物は面白いですね。空間の使い方が本当に素晴らしいなーと改めて気付かされました。

第1位:『マイレージ、マイライフ』
upintheair-1.jpg

人生って豊かで残酷だよバカヤロー!
知的な笑いが散りばめられていて、ニヤニヤあはあは楽しい映画なのですが、終盤に「人生ってなんだろー?」って問いかけてくるのです。与えられて奪われるなんて酷いじゃないですか。それでも生きてくしかないなんて、ヨヨヨ。そんな風に感じました。ガツンときた映画でしたねー。


渋々10選から外した映画もいくつか紹介します。

『バッド・ルーテナント』は、ニコラス刑事が物騒なお仕事の中に楽しみを見出していて素敵でした。『コララインとボタンの魔女』は、CGとは違う独特の質感が見ているだけで楽しかったです。『死霊の棲む森』(未公開作)は、アマンダ・セイフライドがミーガン・フォックスみたいな役で出ていて驚きました。あと、リー・アーメイが落ち着いていたのも意外でした。『マッハ!弐』は映像もアクションも洗練されていて、タイ映画のレベルアップにはたいへん驚きました。


たぶん満足に映画ベストを吟味できるのは、学生最後の年となる今回まででしょう。
来年度からは、(だいぶブラックな労働条件下に放り込まれるので)ブログの更新もツイッターでの呟きも、あまりできなくなりますが、今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。