--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-02-22-Tue-22:00

【 ドラマ映画 】 『ヒア アフター』★★★

ようやく、映画館に行くことができました。
クリント・イーストウッド監督の最新作『ヒア アフター』を観てきましたよ。これまでに「老い」と「死」を見つめてきたイーストウッド監督がいよいよ「来世」に挑むっ!
旬なイーストウッド先生がアカデミーにそっぽ向かれちゃった、賛否両論の問題作…という認識で観たのですが、ダメな映画なんかではないと思いましたよ。
もの静かで、とってもエモーショナルで、ちょっと変な映画でした。

Hereafter-1.jpg

故人と会話できる男(マット・デイモン)を主役に据えた映画なのですが、胡散臭いオカルト映画にはなってはいませんでした。むしろ、ブライス“くちびる”ダラス“えろすぎ”ハワードにスン止め食らわされて「こんな能力は呪いだ!」と沈むマットの存在は、近く感じることができましたよ。
この能力のせいで畏怖されてマトモに人間関係を築けないマットをはじめ、この映画には、喪失感を抱える人々が出てきます。オカルト要素はさほど強調されず、彼らが闇と向き合い、そこから先に目線を移すことができるようになるまでを描くドラマになっていました。「亡くした人を思うのもいいけどさ、生きてるからには生きてる人と繋がっていかないと始まらないよ!」という話、なのかなあ。あ、ヒロインの抱える闇はちょっと毛色が違うように思いました。臨死体験による価値観への衝撃、からの新たなステップ。ちなみにヒロインってブライス・ダラス・ハワードじゃないんです。残念だけど、あのえっちなお姉さん後半出てこないの!

冒頭の津波シーンは大迫力。導入部として、たいへん良いなあと思いました。これ以降の一切は大人しいのですけれど、イーストウッドが監督と兼ねて担当している音楽が静かに、感情に訴えてきます。優しいギターの音色。

これはーちょっとなー…と思った場面は、幽霊が現世において力を行使するところ。たった1場面ですが、地に足の付いたドラマを硬派に突き通して欲しいかったです。
それが僕にとっての一線だったんです。それができないからマットは絶望的に孤独であるわけですし。幽霊は現世にお触り禁止!
それと、ラスト20秒くらいが、どうしちゃったんでしょう?って思うくらいノリが安っぽくて、ちょっと笑っちゃったのですが、ほんと、アレはどうしちゃったんでしょう?
スポンサーサイト
2011-02-14-Mon-01:10

【 企画記事(映画) 】 大学生DVD駅伝 【第二夜】

あっ、シーパーローマー!(覚え立ての韓国語でご挨拶)

ひたすら映画DVDを観続け夜更かしする企画、2月3日に引き続き10日、【第二夜】が催されました。
作品クオリティ的には今ひとつなラインナップになってしまった第一夜(近場でレンタル落ちDVDを調達)を反省し、今回はお薦めor期待作を持ち寄る形を取りました。とはいえ超メジャー作品ばかり並べて「まあ懐かしい」「ああ安心」なんてのも物足りないですよね。大真面目な映画を観るような場ではない気もしますが、一番痛いのは「これ面白いの!」って持ってきたコメディがスベったら時かしら…なんて考えてしまいます。ちゃんと選ぼう!となると困りますね。…あっ!そうだ!
「えっとこれ、久々に観るから覚えてないんだけど」「ちょっとそこで買ってきたんだけど」って一言添えればいいんです!カラオケで「これは歌えないかもーたぶん無理ー」みたいに前置きする感じで。んん。聞こえが悪い。例えが良ろしくない。


【第二夜/2月10日】

結局、持参者の前解説付きで観ることになりました。作品に気持ちをソフトランディングさせるには効果的ですね。次の機会には思い切ってダメダメな映画を持って行って、「こいつはカスッカスな奴だからみんな、叱ってやっておくれ!」って言うのもアリかもしれないですね。ですか?

【前解説】
「あの案山子男シリーズの3ですよ。えっ奇遇ですねえ。僕もよく知らないの」
案山子男 ~オン・ザ・ビーチ~ [DVD]案山子男 ~オン・ザ・ビーチ~ [DVD]
(2007/08/03)
ケン・シャムロック; マシュー・リンハード; サマンサ・アイリング; ケーラブ・ローリン; デヴィッド・ゼリーナ

商品詳細を見る
一本目は、『案山子男/オン・ザ・ビーチ』です。いきなりお薦めも期待もしてないのってどーゆー事なんでしょう。殺人鬼(案山子男)のグダグダな登場シーンは笑えました。雰囲気、「間違ってフレームインしちゃったスタッフ」なんですよ。もういっそベタに、大きな効果音がなったらワッ!って登場すればいいのに。なのに何故か、カップルがいちゃつくシーンで彼氏が「バア!」って驚かすイタズラするところは、そういうベタな手法使ってるの。スプラッタ描写を極力避けてるところを見ると、監督さんはホラーなんか撮りたくなかったのかもしれないですね。じゃあこれ何なの。(散々言いましたが、大人数で観たせいかたいへん愉快でした)

【前解説】
「ゾンビが出ますよ。ボロ劇場に行った気分で観ましょう」
プラネット・テラー プレミアム・エディション [DVD]プラネット・テラー プレミアム・エディション [DVD]
(2008/03/21)
ジェフ・フェイヒー、ステイシー・ファーガソン 他

商品詳細を見る
2本目は『プラネット・テラー』です。これは大好きです。「法王のチンポコみたいに役立たずだ!」は名台詞ですね。フェイク予告の『マチェーテ』で大いに沸きました。普段映画を観ない後輩に「これ、ちゃんと映画になったら観たいですね」と言わしめました。なりましたよ。でも予告の方が面白いよ。

【前解説】
「大家族ドキュメンタリーのその後です」
26世紀青年 [DVD]26世紀青年 [DVD]
(2009/10/02)
ルーク・ウィルソン、マーヤ・ルドルフ 他

商品詳細を見る
3本目は『26世紀青年』です。これも、たいへん好きな映画です。依頼人が有罪になって喜ぶ弁護士とか、リンカーン記念館のプールでジェットスキーとか、笑っちゃいます。すごく頭悪い感じの下ネタもたまらないです。しかし周りの反応は、ずいぶん薄かったように感じましたね…。あーっ、もしかしていいトシこいて下ネタが苦手とか、そそそんな綺麗事を抜かしたいわけですか?そーゆーのはね、むっつりスケベと言うんですよー!うううごめんなさいね、笑いは難しいですねえ。

【前解説】
「ご存じボンド、ジェームズ・ボンドです。まだMがオッサンだった頃のやつです」
消されたライセンス (デジタルリマスター・バージョン) [DVD]消されたライセンス (デジタルリマスター・バージョン) [DVD]
(2007/08/25)
ティモシー・ダルトン

商品詳細を見る
4本目は『007/消されたライセンス』です。ティモシー・ダルトンは歴代ボンドで一番かっこいいなあと思います。でも、このボンド引退作だと、前髪の密度が怪しいですね。禿げるなら禿げる、生やすなら生やす!中途半端はいけません。気になって仕方がないじゃないですか。映画は面白かったです。タンクローリーのチェイスは凄かったですよ!

【前解説】
「ちょっとそこで買ってきたんだけど」(本当です)
ドッジボール (特別編) [DVD]ドッジボール (特別編) [DVD]
(2008/09/05)
ベン・スティラー、ヴィンス・ボーン 他

商品詳細を見る
5本目は『ドッジボール』です。スポ根としてもコメディとしても弾け切らずな印象でしたが、頬笑ましくて好きです。下ネタが優しいので、家族で観てもいいのではないでしょうか。ベン・スティラーが脳みそムキムキな悪役を楽しそうに演じています。あと、つながり眉毛の女の子は「こいつはブッスいよ!」って演出されてますが、かわいくないですか?あれっ?あ、それとチャック・ノリスがゲスト出演していて、オイシイところを華麗に持って行きました。あの人、老けないなあ。

【前解説】
「自称熟女が好きが、結局は若い娘と結婚するっていう、よくある話ですよ」
エージェント・ゾーハン コレクターズ・エディション [DVD]エージェント・ゾーハン コレクターズ・エディション [DVD]
(2009/12/02)
アダム・サンドラー、ジョン・タトゥーロ 他

商品詳細を見る
最後を飾る6本目は『エージェント・ゾーハン』です。パレスチナ問題はこの一本で解決(すればいいのに)!映画史上最強のヒーローが登場するのに、アクションは冒頭だけ。実はゾーハン、人殺しなんかやめて理髪師になりたかったのです。あとはオトボケな笑いと下ネタばっかり。初見時はもっと荒唐無稽なアクションが見たかったなあなんて感じましたが、何度か見るうちにどんどん好きになって。最高ですよ。すごく温かい映画。世の中こんな人たちばっかりだったらイイのになあ。「なぜ2000年も殺し合いを続けるかって?彼らはおかしくなってるの。戦いたいだけなのよ」。その通りよ!みんな優しくなっちゃいなさいよ!くされテロリストめ!


【第三夜】も予定されている大学生DVD駅伝なのでした。では、またお目に掛かりましょう。
2011-02-13-Sun-00:45

【 企画記事(映画) 】 大学生DVD駅伝 【第一夜】

早くも、2月半ばを迎えます。
大学に出向く用事と言えば、残すところ、卒業証明書を取りに行くことくらいです。あっと言う間の5年間でした。ほんとうに、楽しくて楽しくて。(留年した一因であると言っても過言では無いでしょう!)創作に打ち込み、映画や読書にどっぷり浸かり、友人と分かち合う。才気溢れる先輩方や同級生たちから影響を受け、学び、僕なんかよりもずっと大人な後輩たちに温かく支えられて。言葉にすると白々しくて嫌なんですけど、感謝してもしきれないですよ。大好きなんですよ。
そんな大事な友人たちとも、もうお別れです。4月までにできるだけ多く、遊ぶ機会を作って、その中で少しでも、伝えたい事を伝えたいなあと思っているわけです。
そこに、映画好きの後輩が素敵な企画を提案してくれたのです。

大学生DVD駅伝。

暇な大学生がDVDを持ち寄り、ひたすら映画を観続ける集いです。
アルコールも入ってえへえへ眠いえへえへおしっこ。伝えたい事は二の次にとりあえずみんな楽しもうねって感じになりましたが、心底楽しくて、嬉しくて、ちょっと涙が出たのは僕と君だけの秘密だよ!
今回は、ちょっと残念で最高にハッピーな集いの模様をザックリまとめてみようと思います。


【第一夜/2月3日】

友人のお部屋にお邪魔する前に、ビデオ店に立ち寄ってレンタル落ちDVDを物色。
提案→開始までが30分の即席企画だったのです。とりあえず一同未見の作品をチョイス。なるほどそれなりの結果となりましたが、「ちょっとなにこれひどいなあ!」って観ているくらいが良いのかもしれませんね。愉快なひとときでした。

えじき [DVD]えじき [DVD]
(2008/02/20)
ヘンリー・トーマス、イザイア・ワシントン 他

商品詳細を見る
一本目は『えじき』です。ジャケが怖いんです。『E.T.』の子供が薄いイケメンに成長して主役を張っています。イザイア・ワシントン、マイケル・シャノン、あと『フィースト』の能無しデブも出てました。役者は存在感を放っているのですが、ミステリアスなのか説明不足なのかよく分からない作風でやや退屈…と思ったら中盤に幽霊のオジサンが突然説明し始めて、ぜーんぶ種明かししちゃう。
「いやーさすがにミスリード誘因でしょー○○が××で…みたいな真相だったり」「いやいやコレコレがアレで!」そんな議論も虚しくストレートにエンディングへと突き進むのでした。そういえば原題が『死んでる鳥さん』みたいな意味なのですが、鳥さん関係ないですよ。良い邦題です!
「『えじき』じゃなくて『ひじき』みたいな中身を予感してましたが、
まあ『ひぇじき』くらいでしたね」
(後輩談)

ゾンビランド [DVD]ゾンビランド [DVD]
(2011/02/04)
ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ 他

商品詳細を見る
2本目は『ゾンビランド』。これは僕が我慢できずに買ってしまった新品。大ウケでした。タラハシーさんかっこいいよ惚れちゃうよ。偉大なるB・Mには呼吸困難になるほど笑かされました。僕はこの映画、劇場で一度観ています。その時も十分楽しめたのですが、期待と噛み合わずに少し欲を言いたくなったんです。ところが、作品の方向性を飲み込んだ上で改めて観ますと、文句なしに面白かったです。
期待しすぎて(or期待とテイストが違って)ちょっと損したというような映画は、もう一度観てみるものです。期待値が修正されて素直に楽しめるようになっている事が少なくないですよ。

食人村 カンニバル [DVD]食人村 カンニバル [DVD]
(2007/03/09)
オリヴァー・サウアー、コーネリア・デ・パブロス 他

商品詳細を見る
3本目は『食人村カンニバル』。嫌な予感しかしなくて、タラハシーさんが言うところの「タマを引き締めて」挑んだ映画でしたが…これはーしょっぱいです。ホームビデオです。70分とちょっとの作品なのに、冒頭から無駄に長ーい濡れ場で尺稼ぎ(サービスシーンとは一瞬も思えない悪趣味な女優だったもので!)。しかも本筋とは関係ないのです。『ゼイリブ』の殴り合いを超えるぜい肉シーンですよ!鑑賞会としては、会話が弾んだので良しとしましょうか。でも二度と観ませんよ!

フィアー・ドット・コム デラックス版 [DVD]フィアー・ドット・コム デラックス版 [DVD]
(2003/07/25)
スティーヴン・ドーフ、ナターシャ・マケルホーン 他

商品詳細を見る
4本目は『フィアー・ドット・コム』。幽霊のお姉さんがラダ・ミッチェルでした。美しすぎる幽霊!太すぎる眉毛!うははぜーんぜん怖くない!「保健所のオバサンがいつの間にか刑事のお仕事をしてませんか」「きっと後で知識が役に立つのよー」そんなことなかったですね。呪いの規則がバグってるのはネット上の呪縛霊の仕様なのかしら。
続編ではカスペルスキー研究所がネットオバケと戦います!(嘘)

ビッグ・ヒット [DVD]ビッグ・ヒット [DVD]
(2009/06/03)
マーク・ウォールバーグ、アントニオ・サバトJr. 他

商品詳細を見る
5本目、第一夜の最後を飾るのはアクション映画『ビッグ・ヒット』です。これほどまでに脳みそがムキムキな映画も珍しいですよ。キャラも展開もおばか全開なのですから、あえて積極的に笑いを取ろうとしなくても良いと思うのですが、痛々しいくらい狙ってきて、ちょっと恥ずかしいです。やめて!そのままの君でいいのよ!
『トランスフォーマー:リベンジ』もね、あの鳩山みゆき似の母親さえいなければもっと好きになれるのに。という飛ばっちり。あ、『ビッグ・ヒット』の後半はアクション色が強まってバランスが取れてくるので、たいへん面白かった!かなり笑いました。ルー・ダイヤモンド・フィリップスが凄くオイシイですね。


【第一夜】と記載したからには、まだあるわけで、10日には【第二夜】を開催しました。さらに【第三夜】も企画中です。近いうちに記事にしようと考えています。しかしアレですね、とことん駄目な映画はこういう機会に重宝されますねー。
では、またお目に掛かりましょう。
2011-02-08-Tue-22:36

【 ドラマ映画 】 『救命士』★★★

変な映画を観ました。
ニコラス・ケイジマーティン・スコセッシ監督が組んだ『救命士』です。

救命士フランク(ケイジ)は、人命救助が最上の快楽、という人。深夜のニューヨーク、救命士の仕事は地獄のように多忙、命を救えずにその重責を背負ってしまうこともあります。映画は、そんなフランクがもう何ヶ月も人命を救う事ができずに、とにかく楽になりたいと藻掻く姿を追っていきます。ひたすら重苦しいお話なのかな…と思っていたのですが、そんなことありませんでした。ブラックコメディとも受け取れるような作品でした。

kyuumeisi.jpg

「M・スコセッシの 本当は怖いN.Y.の医学」。

とにかく変な人ばっかりなんです。夜の町を徘徊する輩が、じゃないですよ。救命士の方がずっとオカシイんです。神経を磨り減らす大変なお仕事なのは分かりますけれど、患者さんよりも病院のお世話が必要な人たちばかりってどうなんでしょう。
トム・サイズモアが、人の災難を美味しい美味しい!といただく救命士を怪演しています。この人、すごく凶暴な顔してますよね。心が病気っていうより頭がビョーキな感じです。
フランク(ケイジ)は救いを現場以外に求めたりするのですが、これもちょっと、歪んでるというか…ラストは「ええっそれでいいいんですか!?」って思いました。しばらく仕事から離れることができればいいのでしょうけれど、人手が足りないから辞めさせてもらえない。「今度会った時にはクビにしてあげるから、ね、今夜は頑張って!」って。
うっわああーこわい!やばい!あぶない!
瀕死のところを、救急車で変なのに拾われて、病院にやっと着いたと思ったら、看護士に問診で「倒れるんなら隣町にしろよ」とか「あなたはまだ死なないみたいだし、処置は明朝になるから」とか言われたりするなんて、ニューヨークでは病院のお世話になりたくないですね!

この映画、56時間の間に起こる出来事を描いているのですが、鑑賞後の疲労感たるや…なかなかのものです。「うええ2日とちょっとしか経過してないの…」って思いましたよ。混沌の中を妙なテンションで突っ走り(これが面白いのですが)モヤモヤと喧騒がノンストップで畳み掛けてきます。甘っちょろい擬似体感でものを言いますが、救命士の一日は長いなあ、大変だ!

元救命士の人が原作者だそうです。「まじでいいかげんにしろよ!ししししぬげろげろげろ」って事を言いたかったのかしら。ここまで酷でなくても、身を削って昼夜問わず勤務する医療関係の方々は本当に偉いですよね。介護士として働いている親戚のお姉さんがいるんですけれど、すごく勤勉で、いつも笑顔振りまいて、善意のかたまりみたいな美しい人ですよ。結婚して欲しいですよ!
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。