--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-07-31-Sun-13:08

【 SF映画 】 『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』★☆

久しぶりに3D映画を観ました。『トランスフォーマー』シリーズの第3作目にして完結編の『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』です。

Transformer3-01.jpg


この映画の良いところを紹介していこうと思います。

<1> 1と2を観てなくても大丈夫!

とても単純なお話なので、復習する必要はありません。復習しようとすると5時間くらい掛かりますからね、このシリーズ無駄に上映時間長くて疲れますから、そういった部分では助かります。いくつか情報を入れておいて観れば尚楽しめるかも知れません。
というわけで、いくつか。

『トランスフォーマー3』観る前に知っておきたい3つの事

(a) ロボットは宇宙人です。
日本製じゃないし、生き物なんです。どうやって子孫を残すの?とか気になりますね。『カーズ』なんかもそんな気持ち悪さがあってなんかアレだったんですよね。…あ、これ映画の冒頭でサラッと説明されるから大丈夫でした。すみません余計な事でした。でもせっかくなので残しておきます。ちなみに、地球に優しいのがオートボットというロボットで、侵略者がディセプティコンというロボットです。悪いやつは目が赤くてダミ声なので、区別しやすいです。大丈夫です。

(b) 色んな人が出てきますが。
サム・ウィトウィッキーという天パの男の子が主役です。ロボットが地球に来てからモテ期が来ています。あと馴れ馴れしく登場する人の大半は、サムと一緒に過去にロボット戦争に巻き込まれた人たちです。そのくらいの認識でいいんじゃないかと思います。大丈夫です。

(c) 黄色いロボットはバカじゃありません。
たどたどしく喋ってて、名前もバンブルビ!っておバカな感じですが、声帯が壊れちゃってラジオ音声から言葉を抽出して喋ってるので、頭が足りないとかではないのです。大丈夫です。でも頭は良くなさそうです。得意技はおしっこです。スポーツカーに擬態してサムのアッシー君をやっています。

<2> ギャグ控え目(シリーズ比)だから大丈夫!

僕はこのシリーズのスベってるにも関わらず押し付けがましいギャグがとても苦手で、特にサムのお母さん(鳩山みゆきに似てませんか)のラリった表情と唐突な下ネタは寒気がするほどでして。今作はお母さんがいつ登場するんだろうとビクビク身構えて観ましたよ。登場するや、やっぱりあの顔・すぐ下ネタでしたけど、登場場面がだいぶ少なくなっていていくらかマシでした。あと、マイケル・ベイ監督は「男が2人トイレでもみ合ってるところに人が入ってきてゲイと勘違いされる」っていうネタ使い回しますねー。

<3> 君のせいじゃないから大丈夫!

ストーリーはたいへん単純なはずなのですが、「今のはどういうことだろう」「あれはおかしいと思う」と飲み込めないところが少なからずあると思うんです。でも大丈夫です。マイケル・ベイの映画ですから、自分の理解力に落ち度を感じて落ち込む必要はありません。大丈夫です。マイケル・ベイに児童向け絵本を読ませてもきっと「えっ何?」ってなります。女性が登場するや事細かにその容姿のグラマラスさを語り始めたり、読み飛ばしたり読み返したり、アドリブ入れてスベったり、叫ぶような大声で聞き取りづらかったり。そういうものだと思って、ガタガタのグダグダでも、少しでも気持ち良くご覧頂いた方が得です。

<4> 観なくても大丈夫!

他の娯楽に時間を当てても支障はないと思います。大丈夫です。ごめんなさい僕はこのシリーズダメみたいです。今作後半のストーリーテリングと編集の酷さはシリーズで抜きん出ているように思えました。面白くなりそうだったのに残念。

では、またお目に掛かりましょう。
スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。