--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-08-21-Sun-12:15

【 ドラマ映画 】 『幸せがおカネで買えるワケ』★★★★

今回は、デヴィッド・ドゥカヴニー主演の『幸せがおカネで買えるワケ』を観ました。
日本未公開、原題は『The Joneses(ジョーンズ家)』です。邦題は意味がよく分かりません。「~るワケ」とか「(数字)つのコト」とかいう邦題の乱発は需要があってのことなんでしょうか?なんかデザートの皿の隅っこ置かれたハーブみたいな感じがします。どう、オシャレでしょ、って。それで、クサくて食べらんないの。むむ。例えがヘタクソでしたか?

TheJoneses-poster.jpg

本作のストーリーですが、地域住民が憧れる理想の一家「ジョーンズ家」が、実は商品販促のための疑似家族で・・・というものです。日常生活の中でうまーく販促しまくる姿は『トゥルーマン・ショー』っぽくて楽しいです。前半はそんなふうに、風変わりな設定を生かしてコミカルに展開します。後半では、疑似家族の内外において問題が生じてしまいます。そして、それぞれのキャラクターの持つ苦悩が浮かび上がってきます。自分を偽って暮らす虚無感、良くも悪くもレッテルを貼られてしまうことの窮屈さなど、人間関係のバランスの難しさがジワジワ滲み出ていました。そもそも、ジョーンズ家の人々は、一度は人生を捨てた人々なんですね。新しい自分になりたかったんです。それを思うとまた何だか、切ないですね。

出来不出来以前に、自分の思いを映し取って再確認させてくれたり、個人的な解釈をぶつける糊しろがある映画は素敵ですね。この映画はけっこう舌足らずな印象を受けるのですが、そういった意味でも、僕はかなり気に入りました。

余談ですが、ジョーンズ家がワンちゃんとか飼ってても良かったと思います。ワンちゃん売りまくっていっぱいワンちゃん出てくるの。そういえば、映画ではヨークシャーテリアとマルチーズは不人気なんでしょうか、あまり見かけない気がしますね。
ちなみに日本の犬映画は全然好きになれません。ではまたお目に掛かりましょう。
スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。