--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-09-24-Sat-10:00

【 ドラマ映画 】 『THE BEAVER』★★★★

メル・ギブソン(以下めるぎぶ)主演、ジョディー・フォスター共演(兼監督)にも関わらず日本公開の目処が立たない『THE BEAVER』。待ってられなくて輸入盤で鑑賞しました。面白かったです。

The-Beaver-01.jpg

めるぎぶが演じるのは、会社経営が上手くいかず鬱病になってしまった男ウォルター。塞ぎこみ寝てばかりいる彼の元からは、家族も離れていってしまいます。そんな彼がある日、ビーバーの腹話術人形を拾い、手にはめてみると、なんと、自信に満ちた言葉が、ビーバーを通じて出てくるではないですか。そして事態は好転、していくかに思えたのですが……?というお話。

ビーバーのお顔がキモいんですね。これがまず良かったですね。可笑しくて、そして、時に怖いんです。当初はウォルターの言葉を代弁していたように思えたのですが、別人格のように振る舞い始めます。めるぎぶが自分を取り戻すためにビーバーと戦う様は…ホント凄いですよ。
めるぎぶは凄く渋くて素晴らしいお芝居(でも手でビーバーをパクパクさせてて滑稽)をしますし、息子役のアントン・イェルチン君も繊細な演技で力量を遺憾なく発揮していますよ。しかしやはり、このビーバーの顔!こいつも大事な役者として作品の支えになっていると思うんですね。
家族の再生を描いたドラマとしては、王道の型にはまっているのかもしれませんが、ビーバーのおかげで切り口の新しさとシュールさが加味されて、たいへん見応えを感じました。真面目だけど、ちょっと怪作なんですね。

鬱病の扱い方はいいのかしら?と思うところはありましたね。だからダメだっていうんじゃないのですが。ジョディー・フォスター演じるウォルターの妻、あんまり我慢しないんです。当たりは強くないのですが、ちょっと冷たいのかしら。(映画的には、妻の突き放す行為によって、そのあと強烈に展開していったとも思うのですが)
たとえ変でも、鬱病が人間のクズに対する免罪符にしか思えなくても、本人が前向きに歩めるようならば背中を支えていてあげないとダメなんですよ。おまけにウォルターは大人しいし自殺を図る危険性高いじゃないですか。寄り添っていてあげなさいって、思いましたね。心配です。ゴシップの標的になってしまっためるぎぶの今後も、心配です!しかし、鬱病に理解のない家庭も当然にありますよね。僕も鬱病って、腑に落ちないし、難しい病気だと思います。この映画は、理解することの難しさと大切さを訴え、家族愛を描いてるんですね。
余談ですが『ラースと、その彼女』っていう映画、あれはそういう点において優しさの輪が美しい作品でしたね。最悪を回避してるだけで、治ってるのかどうか、あやしくて、リアルで、こわいなーと思うところもあるんですけど。鬱病って一度なったら人を変えちゃうとも言いますからね、人間のスペックを下げるというか、ベホマ使っても全回復しないというか、あぁ、こわいですね。『BEAVER』は、ウォルター自身が、鬱と闘ってくれるので、もうちょっと前向きです。

怪作だ何だとあまり聞こえの良いこと言ってませんが、ドラマの根っこはちゃんとしていると思いますよ。ジワジワと伝わってくるものがあって良かったです。秋の夜長に鬱病忌憚としても楽しめます。それとやっぱりめるぎぶはカッコイイです。

『THE BEAVER』国内でのリリースはいつになるんでしょ。日本語字幕ないので、分かんない英語もちらほらあるんですよね。むむむ。
ではまたお目に掛かりましょう。
スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。