--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-12-31-Sat-00:05

【 企画記事(映画) 】 2011年を振り返って。映画ベスト15

気付けば、もう、こんな季節になってしまいましたね。
今回は、2011年に観た映画を振り返り、ランキングにしてみようと思います。

4月から社会人となり、これまでのように映画に満足に浸れなくはなりましたが、よく選んで観るようになった分、ずっこけるような駄作との出会いは少なかったように思います。でもそういうショッパイのを、冗談の分かる友達とヤジりながらワイワイ観て夜を明かすような機会が無くなってしまった事は、たいへん勿体ないなあ、拙者、働きたくないでござる友達にも働いて欲しくないでござる、と痛感している次第。せめて、無趣味な同僚ばかりの今の職場の空気は、どーにかしたいですね。休日は飲んで寝て、パチンコとオッパイとオシリの話でしか盛り上がれないような方々のケモノ臭さには、ワタクシ辟易としてしまいますの。こんな輩に取り込んでいくのが世渡りならば昇給などいらぬ!いいやヤッパリお金は欲しい!おのれ今に見ておれ!

というわけで、ベストの発表です。
otyamenaryan.jpg
「えっ 俺のグリーン・ランタン観てないでベスト作るの?
お前が好きなウルトラマンっぽいんだぞアレ
なんで映画館に来なかったんだよ あーもう巨大化しときゃ良かった」

劇場公開作だけでなく、今年DVDストレートで発売になった映画も対象にしています。ベストテンに絞るのは勿体なかったので15本を選出しました。

以下は、10位まで。

2011年ベスト

【1位】
ミッション:8ミニッツ
【2位】
ファンタスティックMr.FOX
【3位】
スーパー!
【4位】
グリーン・ホーネット
【5位】
ザ・ファイター
【6位】
メタルヘッド
【7位】
アザーガイズ/俺たち踊るハイパー刑事!
【8位】
ミッション・インポッシブル/ゴースト・プロトコル
【9位】
恋とニュースのつくり方
【10位】
幸せがおカネで買えるワケ

【ひとことコメント】
『ミッション:8ミニッツ』SFの理想型、って感じの後味。とにかく気持ちが良かったです。
『ファンタスティックMr.FOX』は可愛いだけじゃないリアルなキャラ造形と西部劇。
『スーパー!』は頭オカシイ人のお話なんですが、何もしないで後悔し続けるよりかは狂人呼ばわりされる方がマシじゃないのかと思ったんですね。
『グリーン・ホーネット』はヒーロー映画らしさの逆をついてついて、という馬鹿映画。作り手が意図しないで主人公がカスだと嫌になっちゃうんですけどね。カトー役がジェイ・チョウじゃなくてジョン・チョウだったらもっと好きになってた。
『ザ・ファイター』粘着質な家族模様に共感して、気に入りました。役者馬鹿クリスチャン・ベールおめでとおめでと。
『メタルヘッド』は感情の解放の描き方が素晴らしい。ヘッシャーが変態すぎて笑いました。
『アザーガイズ/俺たち踊るハイパー刑事!』は会話劇がすごくいいですね。ウィル・フェレルは純粋おとぼけキャラがいちばん輝く気がします。
『ミッション・インポッシブル/ゴースト・プロトコル』は完成度がすこぶる高い娯楽大作。本作ならではのアクションが一つあれば、もっと良かった。イーサンがボケて見せたりして、トム・クルーズがトム・クルーズ演じてる感じで面白かったですレス・グロスマン怒りのポーズが再見できます。ジェレミー・レナーが実は可愛いという新発見もありました。
『恋とニュースのつくり方』 はあんまりラブに寄らないで爽やかコメディだったのもピンときた理由でしょうか。お仕事ばっかでいいのかしら?っていうお話で、うまくまとまってます。めちゃめちゃ厳しいハリソンがふいに見せた優しさに泣かされました。
『幸せがおカネで買えるワケ』はDVDストレート作品。胡散臭くて愉快なコメディである一方、自分を偽って生きる息苦しさ、生き直したいという渇望を描いた重いめのドラマもあったりして。邦題がこんなじゃなきゃ、映画ファンの手に取られたじゃないかなーと。勿体ない佳作。

続いて11位~15位です。
【11位】
エンジェル・ウォーズ
【12位】
おフロでGO!/タイムマシンはジェット式
【13位】
スモールタウン・マーダーソングス
【14位】
[リミット]
【15位】
ファースター/怒りの銃弾(ディレクターズ・カット版)

【ひとことコメント】
『エンジェル・ウォーズ』は性癖をエンタメに昇華できている良い例。こういう無茶なアクション、年に1本は観ておきたい。キモオタの間だけで舐め合うネットリ感が無くて心地よいです。
『おフロでGO!/タイムマシンはジェット式』はDVDストレート。笑い所の数は今年ピカイチ。ハッピー過ぎるところが惜しい、それくらい元気な映画。
『スモールタウン・マーダーソングス』これもDVDストレート。すごく巧い映画ピーター・ストーメア刑事がずっとキレそうなのを我慢するだけの地味地味な話なのに気持ち良いの。聖書の引用テロップが度々でかでかと映し出されるのが、「こー書いてあった書いてあったッこれが真理…ッ」てな感じで信仰心をもってあらぶる心を無理矢理沈めようとしてるようで、ちょっと滑稽で、一方いつぶちキレるのかスリリングなんですね。音楽の使い方も見事。
『[リミット]』はとにかくドキドキしたー。でも嫌ーな感じにならないギリギリのところで、個人的にすごくフィットしたスリラーだったのです。『グリーン・ランタン』観れなかったけどコレ良かったよライアン。
『ファースター/怒りの銃弾(ディレクターズ・カット版)』公開版もいいのですが、こっちのがハードでアクションも多くて良いんです。主人公が人の道を踏み外しそうで外さないヒヤヒヤ感があって、2度目の方がスッキリ楽しめる、かも?


来年もたくさんの映画に出会えるといいなー。ライアン・レイノルズの『Paper Man』がいい加減ソフト化されますよーに。
では、またお目に掛かりましょう。皆様、よいお年をお迎えください。
スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。