--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-04-21-Sat-12:12

【 ドラマ映画 】 『トゥー・フォー・ザ・マネー』★★★☆

今回は、『トゥー・フォー・ザ・マネー』を観ました。実話を基に、スポーツ賭博の裏側を描いた映画です。

two-for-the-money00.jpg

この映画はですね、けっこう曲者だなと思うんです。スポーツ賭博の予想屋の話で、おまけに実話ベースですよ。華やかさの裏の闇ですとか、挫折と再起なんかを見せてもらえるものだと予想しますよね。し、しませんか。
ところがですね、そんな風に目線を固定して観ると、騙されるというか…いろいろ不安にさせられるんですよ。作中に、予想屋のスランプが心境の変化のせい、みたいに捉えられる流れがあるんですね。でも、賭博なんて運じゃないですか。なので、「えっ、オカルトですか!」「この映画、まちがえちゃったかな…」って。それがラストまで引っ張られるから、気持ち悪いの。

でも、この映画、ちがうんです。ちゃんとしてたんです。擬似親子ものだったんです。ジャンル詐欺ですよ。こっちの勝手な思い込みのせいなんですけれどね、こういう騙され方もあるんだなあと、思いましたね。結果、好きな映画なのですが、こういう騙され方は別に気持ちよくないですね!いや、僕のせいなんですけど!

ある意味、結末が読めない映画。勝手にレール敷いちゃって、別のところに注意をもってかれて。主人公が予想屋の星になれたのは、鋭い分析力あってこそ。これをすっかり忘れてました。ギリギリの賭けで、彼が得たかったものは何だったのか…。ちょっと温かいような、切ないような、良いお話じゃないかと思いましたね。偏見なしで観たとしても、そこまでやる必要ないんじゃ…っていう部分もあったりするんですが。…褒めてるのか悪口言ってるのか、よくわかんないですね。

果たして、どこまで意図されて作られていたのかは分かりませんが、とりあえず、下手に構えずに映画は楽しみましょう、という教訓になる一本だったのでした。なんだか、感想というより、素直に観れなかった理由書みたいになっちゃいましたね。
では、またお目に掛かりましょう。
スポンサーサイト
2012-04-11-Wed-18:10

【 ロマンス映画 】 『ラブ・アゲイン』★★★★

お久しぶりです、が恒例になってしまいそうで嫌です。機械に疎い人のパソコンが壊れると、こうなってしまうのです。
今回は、昨年見逃した『ラブ・アゲイン』(原題:Crazy,Stupid,Love )をDVDで観ました。ジャンル的には、僕が大嫌いなロマンス寄りのラブコメです。ワタクシ、美男美女がてきとーに出会って さっさとエッチして永遠の愛を語って 70分くらい再生したところでケンカして 結局愛してる。なアレにはお反吐が出ますの。
でも、『ラブ・アゲイン』は良かった、良かったんです。ラブ・アゲイン!(見直した・ぜ!)

crazystupidlove00_20120411181730.jpg

構成がたいへんうまくてですね、最後にドタバタ劇になっちゃうのとか、最高に笑ったのですけれど、なにより人間関係が不器用で不完全であるというところが良かったですね。
愛とか、恋とか、よくわかんないし、ちっともうまくいかなくて、おかしな方向によじれていって。納得できないから、納得させられるというか、なんというか。シンプルにいかないからからこそ、スッと入ってくるところがありましたね。美談に押し上げずに、登場人物の愚かさを強調していてビターなのも、いいです。当たり障りのない人だとツマンナイって言われて、このままではいかんと吹っ切れて、うまくいきだしたら、ズブズブとハメ…や、ハマって身動きできなくなったりですね、めんどくさくって、醜いったらもう。
ばかだなあ嫌だなあ、って言いながら、いちゃついてる奴らに対して劣等感を感じないで観ていられるから気持ち良かったというのも、あるかもしれませんね。ヲタクが「リア充爆発しろ」なんて呪う前から、呪われてますよ。CrazyでStupidな、病気なんですよ。それでも嫉妬するのですか。魔法使いになりましょうよ。ねえ。

それが「愛」ならば、充実しているのでしょうけど。なんて、唇もげそうですけど。

キャストがまた良いんです。
ライアン・ゴズリング、ほんと器用。これから、この人が時代を作るのかも、と思うとわくわくしますね。エマ・ストーン、キャリア輝いてるよー!マリサ・トメイ、脇を固めるってこういうことね。あなた方、いいドラマ映画の素ですか。という感じ。そして、ケビン・ベーコンも、ぶれずに軽い。主演のスティーヴ・カレルの、奇声を発するリアクション芸が見れないのに気にならなかったあたり、作品の完成度に満足できたいうことなのかもしれないなあと改めて思ったり。

ラブコメが茶番だと思っているあなたへ。おすすめです。
それではまた、お目に掛かりましょう。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。