--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-05-19-Sat-00:53

【 ドラマ映画 】 『ファミリー・ツリー』★★★★☆

今回は、ジョージ・クルーニー主演の『ファミリー・ツリー』を観てきました。とても良かったです。フォックス・サーチライトのブランド力、揺るぎません。

仕事一筋だった男が、妻が事故で昏睡に陥ったことをきっかけに、家族と向き合うことになるのですが…というお話。<家族とは、島のように、個々を束ねてひとつである一方で、やはり離れているのだ。>という言葉が冒頭にありましたが、裏返すこともできますね。そんな“繋がり”を思わせてくれる映画でしたね。

family-tree-movie.jpg
おっさんが指さす先にいるのは、どこか憎めないクソガキのシド君。

この映画で面白いのは、まず1つ目に、人の表裏の表情を、自然に描き出しているところ。平坦な「キャラ」ではなくてですね、人間ってもっと面倒くさくて深いんだぞとばかりに、血が通った人間がたくさん出てくるので、見応えがあります。はじめ意外性があるように感じた言動も、納得できて、現実味を噛み締められるような。気持ちの良い、ライブ感…というのはヒューマンドラマ向きの表現ではないような気もしますが、その世界観に入り込めたのは間違いないのです。

2つ目は、この映画のポジティヴな雰囲気。妻が昏睡し、死へと近づいていく一方で明らかになっていく家族問題。そんなただならぬ事態の中で、温かみを覚えられるのは、舞台であるハワイのロケーションと音楽のせいばかりではないと思うのです。大きな安心感は、ジョージ・クルーニー演じる主人公の理知的な人物像から来てると思うのです。応援したくなるのも、キレイに収まるのも、この人柄のおかげ。困難を受け入れ、さらに大きな男になるんです。あぁかっこいい。サンダルでばたばた走って…運動音痴が見え隠れしたんですけど、これまでのジョージ・クルーニーで一番かっこいい。静かだけど、目とか息づかいとかでしっかり伝えてくるクルーニーの演技がまた、すごく良いですね。
あと、理知的なクルーニーパパが物言う時っていうのは、よっぽどなんだなーと思えるから、彼が「オイコラ。」って言う場面はすげースカッとするんですよ。あっ、パパがバカに怒ったぞ!あくまで静かに!いえい!って。こっちが程よく溜まってきたところでのコラ!はいいです。思えば、ちっとも置いてけぼりにされない映画でした。

若手も含めた自然な演技、多面的な物語、説得力のある人物描写、ハワイの温かい風景と音楽。どれを取っても見事、まだまだ視点を変えて見直してみたくなる映画。おすすめです。
ではまた、お目に掛かりましょう。
スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。