--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-07-29-Sun-02:02

【 アクション映画 】 『ダークナイト ライジング』★★★☆

『ダークナイト ライジング』を観てきました。
面白い映画ではあったのですが、ちょっとガッカリでした。

Dark_Knight_Rises04 (800x500)

クリストファー・ノーランが描くバットマンは、『X-MEN』あたりから主流になった“悩むヒーロー”を、さらに理屈で縛り付けて僕らの現実に引き寄せているんです。さらに、「正義とは、ヒーローとは」というテーマを問い詰めている。ノーランは構造を練るのがとても上手いのですね。

バットマンとヴィラン(悪役)の関係についての構図が、まずそういえる点です。
ジョーカーに続く悪役として、べインは存在感を発揮できるのか。多くのファンが不安に思っていた点でしょう。僕は、べインは魅力的なキャラクターだと思いました。ムキムキで、バットマンの格闘術が通用しない。これこそ漫画の悪役って感じがしますね。おまけに、頭が切れて、絶大な求心力がある。そして、かつて自らが体験したような絶望を世界に与えようとしているんですね。ただ、人が苦しむ姿を面白がる一匹狼のジョーカーとは好対照。
ジョーカーは、バットマンと背中合わせ、バットマンが登場したからジョーカーが現れた、というような関係。べインは、バットマンと向き合い、どらかがどちらかを滅ぼさねばならない間柄。そう思うと、最終章には最適のヴィランではないかと、思うんですね。

しかし残念なことに、テーマの帰結としての本作を観終わって抱いたのは、ノーランが描きたかったのは、<善と悪><正義と復讐>の曼陀羅であって、熱いヒーロー映画ではなかったのだろうなあ、という印象。三部作の流れとしては妥当なのですが、単体で観ちゃうと、大味なヒーロー映画に終わってしまっているのです。
前作までは、バットマンのアウェー感に「僕は知ってるんだよー!バットマンは悪くないよー!」と、涙ながらにエールを送っていたわけですが、今作では、アウェー通り越してバットマンそっちのけの大混乱に。楽しかったけどライズしませんでした。シンボルたるバットマンにとって薄い反応がいちばんつらい!そんなんなら半端にヒーロー面させないで責めて!僕が泣いてあげるから!そう、僕が観たかったヒーロー映画とはまるで違っていたわけなのです。

それでも、構造はきっちりしているわけですから、もっと面白くすることは容易なはずなのです。何がいけないって、ノーランは表情をとらえるのが非常に下手くそなんですね。
もう、文字通りちゃんと表情に焦点を当ててあげるだけで、ずいぶんマシになると思うんです。それくらい、綺麗な設計図に満足した「流れ」作業。ジョーカーは前作『ダークナイト』で退場してしまいましたが、ジョーカーのお口ばりのつぎはぎ映画が出来上がってしまっているのですね。前作までよりも焦った語り口が、余計にその弱点を目立たせてしまっています。擬音のない稲川淳二の怪談みたいな感じですか。ただの早口。3時間弱の上映時間をあっという間に感じさせる密度は素晴らしいのですけれども。

でもあれは興奮しましたね。今作は昼間のアクションが多いので、ガジェットの細部まで見えるんです。それで、バットポットのタイヤの横ローリングは、たまらなく格好良かったですよ。

とにかく表情。表情どーん!が足りないんですね。せめて終盤だけでも例えば。
(以下、ネタバレ、にはなってないと思うのですが、
展開に察しが付くだけでも嫌な人は薄目推奨です
でもそういうあなたはたぶん予告編で十分お察しです)

*****
正義。警察官や兵士だけじゃなくて、子を守る親、友人を助ける一市民が、正義を成し得るんです。
べインが仕掛けた未曾有のテロによる絶望と混乱の中、人々は孤独に戦うバットマンの姿を目にして、その胸の中の正義に確かに触れるのです。

「俺たちにはバットマンがいる。」
Dark-Knight-Rises01.jpgどーん!

そして、悪が巣食うゴッサムシティに革命が起きる。
「バットマン、俺たちもついてるぞ。」
「こんな、馬鹿な!」

Dark-Knight-Rises03.jpgどーん!

光の陰にある深い闇を抱え込んできたゴードンが声を上げる。
「彼は、ヒーローなんだ。」

Dark-Knight-Rises02.jpgごーどーん!

ついに、ダークナイトは、悪と恐怖に打ち勝つシンボルに生まれ変わる。
余韻がずーん。
*****

そんなライジングが観たかったのです。

ゴードン、特報の死にかけ姿(上の写真)は仮病かよってくらいムキムキの活躍してましたね。もっと心配させてよ!と思いましたね。ばか!でも好きだ!しかしべインがプロレス技の一つでもかましてくれていれば、病床に伏せって語りで泣かせてくれたのかもしれない。そういえばゴードン、前には出てくるけどイチ刑事の立ち位置で特別オイシイわけではない。と思うと、やはりべインは悪いやつです。

では、またお目に掛かりましょう。
スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。