--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-08-28-Tue-18:15

【 コメディ映画 】 『PROJECT X』★

『人間の根っこはチンカスだ。
ヤリたい、呑みたい、愉しみたい動物だ。
しかし学習することで、礼節という仮面を被ることはできる。
ゴムをしろと言ってるんだバカチン。』
――――――――――――――――――『荀子』性悪篇より


『PROJECT X』という映画を観ました。地味な男の子グループが派手なパーティを企画するお話。空回り感が泣けてくる青春映画になりそうなところですが、ネットとかを駆使して大きく宣伝したらとんでもない騒ぎになっちゃった、という。ネットの時代は万事万里を走るといった様相ですね。

project-x00.jpg

主人公が控え目な青年なのですけれど、そんなのは負け犬奮闘映画(よく、ボンクラ映画、なんて言い方されますね)が好きな映画オタクへの目配せ程度のものなんじゃないですか、っていうくらい、ただただバカ騒ぎ。悪友にそそのかされるがまま、ドラッグ、乱交、破壊、近所迷惑もかえりみない大騒動を巻き起こします。
ボンクラというのはボンヤリしていて芯がないからこそなので、目の前に酒と女があれば欲望に流されてしまうんですよ。普段はバカ騒ぎしてる輩を横目に見て陰口たたいてるくせに、頭の中は「俺もあっち側だったらなあ!セックス!してぇなあ!お、おおおお、おっぱい!」なんですね。ぼ、僕は違いますって。芯を見せろって、そんな恥ずかしいですわ!

なので、うまくいっちゃうボンクラ映画というのは、汚い!

あっさりパーティー始まっちゃうから、ひたすら酔っ払いを映し続けるホームビデオなんですね。『ハングオーバー!』(愛嬌が無い『ゾルタン☆星人』)みたいな伏線や奇想天外さがあるわけでもなくて、いつになっても猟奇殺人鬼が乗り込んでこない!なんて常識のない映画なのでしょう。
映画本編が始まる前に「絶対に真似はしないでください」というテロップが出てきて、神経質だなぁと思ったのですが、なるほど本編では彼らの愚行は反省も批判もされない(批判の声はあるけど「なにマジになってんの」という空気)。しまいには、伝説だとか、ほざきよるのですね。はりたおすぞ。

この映画は「青春映画が観たい」という人にとっては汚れすぎてて、「すげーバカ騒ぎを見てみたい」という人にとっては夢が無いと思いましたね。裏庭にギューギューに人が集まったから、何だっていうんですか。誰なんですかこのひとたちは。

そんなわけで本作は僕のオールタイムワースト。胸くそ悪いったらないです。
えっなに風俗?いかないよばかやろう!

では、またお目に掛かりましょう。
スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。