--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-10-29-Mon-21:45

【 ドラマ映画 】 『アルゴ』★★★★☆

たいへん面白い映画を観ました。ベン・アフレックが監督・主演を務めた『アルゴ』、1979年の在イラン米国大使館占拠事件の裏で実行されたアメリカ人救出作戦を基に描いたドラマです。

argo01.jpg

登場人物が多くて政治も絡んできてて複雑そうなお話が、2時間でまとめられています。でもこれがすごく分かり易いんです。もっとすごいことに、上滑りするような語り口にはなっていなくて、血が通ったドラマを体験することができたんですね。
というのも、エピソードの切り取り方や小道具の使い方がスマートなんです。非常にうまく取捨選択がなされているから、それぞれの事象や人物についてじっくり時間を使っているわけではないのに、すんなり事態を飲み込めて、キャラには温度を感じることができたんだと思います。

例えば、カナダ大使館に逃げ込んでいる6人のアメリカ人。個々にあまり寄ってはいかないのですが、僅かな場面でも、時間ごと・人物ごとに表情を対比させることで、説得力やドラマが出来上がっているんですね。

主人公であるメンデス(ベン・アフレック演じるCIA局員)と、彼の息子との関係性を示すシーンなんかは、それこそほんとごく僅かしかないのですけれど、十分に語られているように思えちゃうからすごいなあと思いましたね。
遠く離れて滅多に会えない父子が電話で話すシーンなんかね、これは、メンデスが息子に「今、何してるの。」って聞いて息子が「テレビで映画観てるよ。『最後の猿の惑星』。」って答えたから、メンデスがテレビを同じチャンネルに合わせて観る、っていうものなんですけれどね、これは<アルゴ作戦>を思いつくきっかけとして描写させているのと同時に、父親が息子と会えない代わりに、同じものを「一緒に」楽しんでいる、という場面でもあるわけです。たったそれだけのことだけど、メンデスが作戦から無事に帰還して、どうしても息子のもとへ帰らなくちゃいけないっていう想いが、表されていると思うんですね。ここが物語のひとつの到達点になるわけです。政治がどうとか、どの国が良い悪いとかよりも、シンプルな活劇として、「一人の父親、一人のプロとして果たさなきゃいけない任務」として、観ることができる。それは、こうやって主軸がちゃんと形成されているからだと思うんです。

そして、<アルゴ作戦>。
メンデスがカナダの映画プロデューサーに扮してイランに入国して、逃亡中のアメリカ人6人を製作スタッフに仕立て上げて共に出国するという、演出ではリアリティを徹底的に追求しながら、まさかそんなのうまくいうんですかっていう、しかもそれが国をあげての大ボラだなんて、やるわけなさそうなことを本当にやってのけてしまった、という事実。作戦そのものは、実際は地味で知力に舌を巻くようなものではないのですけれどね。ああ、やっちゃうんだ、ほんとにやった。うわーやばいよやばいよ。っていうね、わくわくとドキドキが止まりません。「クソの中で飛び切り優秀な策」だなんて、オドネル副長官補佐はよいキャッチコピーを思いついたものだなあと思いました。

ハリウッドの映画人としてアラン・アーキンジョン・グッドマンが出演していて、この2人がいっぱい笑わせてくれます。緊迫したストーリーの中にも息抜きするポイントがあって、バランスにも優れた映画だと思いました。

余談ですが、僕は短髪とベン・アフレックのケツアゴが好きなので、本作のベン・アフレックのルックスはいただけませんでした。ARGO,F**KYOURSELF!!

argo00.png
【上】早く脱出させないとシュレッダーにかけた写真が修復されて逃走中の6人の顔が割れちゃう!
というくだりが生かされたポスター。このエピソードのおかげで終盤ちょう焦って面白くなりますね。

ではまたお目に掛かりましょう。
スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。