--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-11-11-Sun-20:46

【 サスペンス/スリラー映画 】 『悪の教典』★★★★

三池崇史監督が人気小説を映画化した『悪の教典』を観てきました。

akunokyoten00.jpg

殺人鬼が主人公、子供を何十人も殺す映画で、まあ、楽しいという映画かというと、そうでした。何がいいかって、主人公の蓮見先生のキャラクターなんですね。蓮見先生は、自分にとって邪魔な人間はどんどん抹殺していくのですけれどね、絵に描いたような善人を繕って、社会に溶け込もうとしているんですよ。
蓮見先生は表向き、努力家で社交的、それに謙虚。「点数採れるけど、頭は悪い」というタイプでもなく、スーパー偽善者なんですよ。彼に欠けてるのは、「」なんです。蓮見先生にとって、あくまで世渡りはゲームで、善人の皮を被る理由は、自由度の高いオープンワールド設定を維持するため、くらいのものなんではないでしょうか。なので蓮見先生はいつでも俯瞰、上から目線でものを見ているんです。自分のへらへら笑顔に安心してる奴らなんかは、騙されやがってクソバカとしか思っていないんでしょうね。そして、人の信頼を利用し、疑いの目は非情に排除する。
クソバカ!って思う、上司とかね、へらへらとかわしてツイッターなんかで愚痴るのが僕のような小市民で、あとで事故に見せかけて上司の家に火を付けて殺すのが蓮見先生ですね。蓮見先生の爽やかな仮面はクソバカの流す血で出来てるのかもしれません。オフでは我慢しない生き方こそが笑顔を維持する秘訣だったのですね!あのクソバカ殺そう!とはなりませんけれどね、この映画は、大声あげたことすらなくて、なんだかんだ言って自分が一番大事で、それほど他人に興味ないらしい僕のような人間にとって、たいへんに痛快な映画だったことは間違いないのです。デトックスムービーっていうんですか。蓮見先生があの学校で表裏なしに真面目にやってるところを見せられたらそっちのが毒でホラーなところあると思いませんか。えっえっ、なんでいらない言い訳みたいなことしちゃってるのって、偽善者の呪いみたいものです仕方ないんです。いいところだけ見て!

静かに邪魔者を消していく前半から、フルスロットルで生徒をまとめて皆殺しにする後半への転調も面白い。あーもうこのゲームめんどくせ。楽しまなきゃ。リセット!というね、「殺りがい」っていうんですかね、やはり蓮見先生は偽善者の倫理観を滑らせたキャラなんだなあと、思えて、妙な説得力を感じたりしましたね。普通の人文句たれる場面で、それまでの静けさは同じに、蓮見先生はショットガンを撃つんですよ。あとはほら、弱みを握った相手にだけは横暴な物言いをするとかね、絶対に周りに悟られない範囲で汚れたところを露わにするような、顔の使い分けなんか。これ観た喚き屋が、「優しい奴ほど、気をつけろ」なんて思ってくれればいいのですけれどね、そんなの世の中なめすぎですね。

先生役の俳優さんたちがまた、とてもいいんですね。表も裏もゲスくて笑える吹越満山田孝之。蓮見先生役の伊藤英明もはまり役でした。エンディングテーマを担当したEXILEは皆殺し。くるくる回って死ね。

ではまたお目に掛かりましょう。
スポンサーサイト
2012-11-08-Thu-23:27

【 企画記事(映画) 】 “笑い飛ばせない”ホラー映画ベストテン

毎年恒例となっているwashburn1975さんのベストテン企画、今年も参加させてもらいます。今年のテーマは<ホラー映画>です。

僕がホラー映画をぼちぼち観るようになったのは大学に入ってから。家でホラー映画を観せてもらえなかったんですよ。グロいのだけじゃなくって、ほら、エロがセットみたいなところがあるじゃないですか。たぶんそれが原因だと思うんですね。観ていたのはアクション映画ばかり、その中のラブシーンなんかは恥ずかしくって目をそむけたりしながらね、僕はほんとうに妖精みたいな少年だったのです。それで、現在僕は24歳ですから、ええと、引き算は苦手なんですけれどね、まだ6年くらいですか、ロマンス映画に次いで観ていないジャンルなのですね。語るには縮れ毛にも縁がない青さです。
それでもやっぱり好きなホラー映画は、となるといろいろ挙がってくるんですよね。ところが「本当に怖かったものは?」というと、あまり多くないように思います。なので今回のベストテンは、コメディ要素が圧倒しているようなもの(好きなホラーの大半はこっち)は選外とし、“笑い飛ばせない”ホラー映画に絞って選出しました。


第10位:ムーン・オブ・ザ・デッド(2008年)
ムーン・オブ・ザ・デッド [DVD]ムーン・オブ・ザ・デッド [DVD]
(2010/01/27)
エイミー・スマート、ティム・チョウ 他

商品詳細を見る

『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』の監督の作品。過度な演出がなされないのが、かえって怖い1本。でも監督の他の映画観るとそれが意図的なのか演出不在なだけなのか、謎ではありますね。オブザデッドな邦題だけど、都市伝説の怪物がほんとうにいたよ!っていう話。「慣れない土地・文化圏」は不安を煽るよい要素ですね。

第9位:犬神家の一族(1976年)
犬神家の一族 デジタル・リマスター版 [DVD]犬神家の一族 デジタル・リマスター版 [DVD]
(2011/01/28)
石坂浩二、高峰三枝子 他

商品詳細を見る

なんであんなオドロオドロシイ殺し方するんですか。怖いったらないですよ。小さいころにテレビで放映されてるのを観てですね、夢にも見ましたよ。金田一さんはとりあえずタラタラ謎解きしてないで当事者の安全確保をしてはどうですか。このフケ頭のせいで不安でしょうがないですよ。まったく。

第8位:P2(2007年)
P2 [DVD]P2 [DVD]
(2008/12/03)
レイチェル・ニコルズ、ウェス・ベントリー 他

商品詳細を見る

年末のオフィスビルの地下駐車場(寒い!誰も来ない!)でキチガイと鬼ごっこする話。この手のスリラーは「なんでそんなことしちゃうのおばかさん!」なものが多くて苦手なのですが、これはギリギリな駆け引きが楽しめましたね。後腐れのないラストも評価。ね、最後の最後に「悪夢はまだ終わらない…ドヤア!」ってどんでん返しのつもりするの、こういうのもあんまり好きじゃないの。

第7位:ファイナル・デスティネーション(2000年)
ファイナル・デスティネーション [DVD]ファイナル・デスティネーション [DVD]
(2011/09/07)
デヴォン・サワ、アリ・ラーター 他

商品詳細を見る

「怖いけど気になる死に様」という殺しの新ジャンルにしてシリーズ専売特許。「運命だからなんやかんや重なって死ぬ」。すばらしい発明だと思いました。よくありそうな「食べ物がのどに詰まる」とかね、そういう普通の画では死なせてもらえない、回りくどさが魅力ですね。

第6位:イベント・ホライゾン(1997年)
イベント・ホライゾン デジタル・リマスター版 [DVD]イベント・ホライゾン デジタル・リマスター版 [DVD]
(2012/11/22)
ローレンス・フィッシュバーン、サム・ニール 他

商品詳細を見る

宇宙の神秘。魅力的ですけれど、考えてると、だんだん怖さを覚えたりしますね。そのへんの好奇心をうまくついてくれた映画です。舞台が宇宙というだけで生存ゲームがハードモードになりますから、それだけでハラハラしますしね。ポール“B級職人”アンダーソン監督作品です。もうひとりのポール・アンダーソン監督がこのランキングに食い込むことはないので、彼を「ダメな方のポール・アンダーソン」と呼ぶのは間違いですよ。すごいんです。

第5位:ジーパーズ・クリーパーズ(2001年)
ジーパーズ・クリーパーズ デラックス版 [DVD]ジーパーズ・クリーパーズ デラックス版 [DVD]
(2002/07/05)
ジーナ・フィリップス、ジャスティン・ロング 他

商品詳細を見る

雰囲気づくりがたいへんうまい一本。敵とのファーストコンタクトが素晴らしくて、ドライブ中の窓から遠くに見える、っていうですね、僕はこういう「なにげない風景の中に放り込まれた怪異」を描くのが正しい恐怖演出だと、思うんですよ。続編は仮面ライダーの怪人が主人公みたいなアクション映画になっちゃいましたが大好きです。

第4位:ミスト(2007年)
ミスト [DVD]ミスト [DVD]
(2010/02/17)
トーマス・ジェーン、マーシャ・ゲイ・ハーデン 他

商品詳細を見る

色んな災害に置き換えて考えることもできる恐怖、そして、「人がいちばん怖い」というのは真実味があって飲み込みやすいですね。嫌な動きするクリーチャーも出てきて、言うことないですね。あと、トーマス・ジェーンが大好きです。

第3位:プレデター(1987年)
プレデター(DTSエディション) [DVD]プレデター(DTSエディション) [DVD]
(2012/07/18)
アーノルド・シュワルツェネッガー、カール・ウェザース 他

商品詳細を見る

「敵の姿が見えない」というのはいい恐怖要素です。シュワちゃんには小学生のころからお世話になってましたが、8歳の少年には、画面に降り注ぐ脳みそシャワーはあまりにも残酷でした。悪夢を見たとき、BGMでプレデターのテーマ曲が流れていたことがありますね。

第2位:遊星からの物体X(1982年)
遊星からの物体X(復刻版)(初回限定生産) [DVD]遊星からの物体X(復刻版)(初回限定生産) [DVD]
(2012/11/02)
カート・ラッセル、A・ウィルフォード・ブリムリー 他

商品詳細を見る

よくあんな気持ち悪い化け物を思いついたなあと、感心しきりです。隣に化け物がいても一見わからない、疑心暗鬼の状況がテンションを緩めない。擬態モンスターというアイディア、使いまわせそうなのに、聞かないですね。この後にやってみても二番煎じにしかならないって思わせる力のある映画ですね。今年公開の前日談は、新しい技術でみせてくれてよかったです。

第1位:スリーピー・ホロウ(1999年)
スリーピー・ホロウ [Blu-ray]スリーピー・ホロウ [Blu-ray]
(2009/04/01)
ジョニー・デップ、クリスティーナ・リッチ 他

商品詳細を見る

たぶんこれが初めて、繰り返して何度も楽しんだホラー映画です。ビジュアルの勝利。きれいで、不気味で。生首が計算高く転がるのもいいです。首狩り騎士に勝てそうにない人たちばかりでヒーヒーいうのもいいです。イカボットさん(ジョニデ)が愛嬌のかたまりみたいな人なのもいいです。加点方式にすると100点オーバーのオールタイムベスト級の映画ですね。


以上になります。ゾンビ映画が入りませんでしたね。そんなに好きじゃないんですね。
また来年のベストテン企画も楽しみに、それでは、またお目に掛かりましょう。
2012-11-02-Fri-21:08

【 アクション映画 】 『のぼうの城』★★★★

今日はまた面白い邦画を観ました。今年の邦画の勢いはすごいですね。
『のぼうの城』という戦国時代の史実を基にした映画です。
豊臣軍が天下を統一を目前にし、わずか500人の兵力しか持たない忍城(おしじょう)に2万の大軍を送るが、その城には「のぼう様」と親しまれ絶大な人気を誇る、成田長親という城代がおり、豊臣軍が圧倒すると思われた戦はまさかの展開に…というお話。

noboubosiro00.jpg

犬童一心樋口真嗣の2人が共同監督を務めていて、特に樋口監督が得意とする特撮の面では、水攻めシーンなど見せ場も多く、145分の上映時間を2時間にも感じさせない勢いで見せ切ってくれました。

なにより本作の魅力は「のぼう様」のキャラクターにあります。「でくのぼう」をもじったあだ名から察するに易く、毎日農民の集落に遊びに行って、目立たない脇役あてられてイライラしてる芦田愛菜「見てないで田植え手伝えよ。」なんて言われちゃうという、城代にしてはあまりにも頼りなさげなのですけれど、それでもって実は知略や武芸に長けているかというと、全くそんなこともなく。ほんとうに戦で戦う「侍」としてはでくのぼうなのかもしれません。
でも、のぼう様には他の誰もが及ばない求心力があるんですね。「この人の言うことだから、そうしよう。」と思わせるものを持ってるわけです。ほんとは戦にならないはずのところを、豊臣軍が嫌な役員よこしてブラックな合併条件を突きつけてきたので撥ね退けて開戦しちゃいました、という、それで農民に「ごめんねえ!君らも頭数に加わって戦って!」と…そんなの契約内容にないよ!こっちもいい塩梅でブラックじゃん!転職してえ!…とは、ならないんですね。農民は、のぼう様の頼みごと聞いて、戦争してくれちゃうんですよ。しかも「のぼう様が戦うって言ったの?なーんだ助けてやんねえとなあわははは」てな具合で。ポジティヴに受け止められちゃう。上司との関係はほんとうに大事です。
物の言い方ひとつ取っても、のぼう様は優しくて、愉快で、人の気分を害さないんですよ。うまいんです。それも、偽善でやっているわけではない。偉いからって、それをいいようにして、他人に嫌な思いをさせることが、許せないんですよ。だから豊臣軍の軍師の態度にだって怒るし、後半、自らの信頼を利用した作戦に出るときに「私は悪者になるぞ。」と言い捨てるんです。「生やさしい」気持ちではなくて、真にやさしい人なんでしょうね。(『のぼうの城』の一場面を切り取って)これが、「信頼して、お願する」です。(社内の一場面を切り取って)これが、「頼って、押し付ける」です。と指導者セミナーに使えそうな場面もあります。治める人が、理解者であることの素晴らしいこと。のぼう様みたいな人が社長だったらなあ!このキャラクターを、ばかになりすぎず、深刻ぶらずに、時に凛々しく演じきった野村萬斎も素晴らしいです。

おすすめです。では、またお目に掛かりましょう。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。