--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-11-11-Sun-20:46

【 サスペンス/スリラー映画 】 『悪の教典』★★★★

三池崇史監督が人気小説を映画化した『悪の教典』を観てきました。

akunokyoten00.jpg

殺人鬼が主人公、子供を何十人も殺す映画で、まあ、楽しいという映画かというと、そうでした。何がいいかって、主人公の蓮見先生のキャラクターなんですね。蓮見先生は、自分にとって邪魔な人間はどんどん抹殺していくのですけれどね、絵に描いたような善人を繕って、社会に溶け込もうとしているんですよ。
蓮見先生は表向き、努力家で社交的、それに謙虚。「点数採れるけど、頭は悪い」というタイプでもなく、スーパー偽善者なんですよ。彼に欠けてるのは、「」なんです。蓮見先生にとって、あくまで世渡りはゲームで、善人の皮を被る理由は、自由度の高いオープンワールド設定を維持するため、くらいのものなんではないでしょうか。なので蓮見先生はいつでも俯瞰、上から目線でものを見ているんです。自分のへらへら笑顔に安心してる奴らなんかは、騙されやがってクソバカとしか思っていないんでしょうね。そして、人の信頼を利用し、疑いの目は非情に排除する。
クソバカ!って思う、上司とかね、へらへらとかわしてツイッターなんかで愚痴るのが僕のような小市民で、あとで事故に見せかけて上司の家に火を付けて殺すのが蓮見先生ですね。蓮見先生の爽やかな仮面はクソバカの流す血で出来てるのかもしれません。オフでは我慢しない生き方こそが笑顔を維持する秘訣だったのですね!あのクソバカ殺そう!とはなりませんけれどね、この映画は、大声あげたことすらなくて、なんだかんだ言って自分が一番大事で、それほど他人に興味ないらしい僕のような人間にとって、たいへんに痛快な映画だったことは間違いないのです。デトックスムービーっていうんですか。蓮見先生があの学校で表裏なしに真面目にやってるところを見せられたらそっちのが毒でホラーなところあると思いませんか。えっえっ、なんでいらない言い訳みたいなことしちゃってるのって、偽善者の呪いみたいものです仕方ないんです。いいところだけ見て!

静かに邪魔者を消していく前半から、フルスロットルで生徒をまとめて皆殺しにする後半への転調も面白い。あーもうこのゲームめんどくせ。楽しまなきゃ。リセット!というね、「殺りがい」っていうんですかね、やはり蓮見先生は偽善者の倫理観を滑らせたキャラなんだなあと、思えて、妙な説得力を感じたりしましたね。普通の人文句たれる場面で、それまでの静けさは同じに、蓮見先生はショットガンを撃つんですよ。あとはほら、弱みを握った相手にだけは横暴な物言いをするとかね、絶対に周りに悟られない範囲で汚れたところを露わにするような、顔の使い分けなんか。これ観た喚き屋が、「優しい奴ほど、気をつけろ」なんて思ってくれればいいのですけれどね、そんなの世の中なめすぎですね。

先生役の俳優さんたちがまた、とてもいいんですね。表も裏もゲスくて笑える吹越満山田孝之。蓮見先生役の伊藤英明もはまり役でした。エンディングテーマを担当したEXILEは皆殺し。くるくる回って死ね。

ではまたお目に掛かりましょう。
スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。