--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-12-23-Sun-09:27

【 アニメーション映画 】 『ONE PIECE FILM Z』★★★☆

『ONE PIECE FILM Z』を観ました。人気コミック「ワンピース」を基にしたオリジナルストーリーで…という説明はもはや不要ですか。僕が友人に強く薦められて初めてこの漫画を手に取ったのは13くらい前ですか、あれっ、なんか13年てすごいですね…ええっ!?うわぁやだ……いや、年月の流れに驚くのは後にして、「黒目が点の、変な絵の漫画」くらいの認識でなんとなく読み始まったのを覚えています。ここ2年くらい読んでないんですけどね。でも映画のお話はそんなに疑問符つくことなく追えたので、シリーズ初見の人も、パンフとか読んでおくくらいすれば困らないんじゃないでしょうか。

opfz00.jpg

この漫画の魅力の一つとして、主人公ルフィの純粋なキャラクターもあるんだと思いますが、「海賊王に俺はなる」と連呼しておきながら海賊行為の一つもまともに働いたのかという疑念が未だに払しょくされないのはいかがなものなのでしょう。勧善懲悪の冒険譚のようで、主人公は海賊。正義のヒーローなんかではないですよね。やってることは「冒険家」だとしてもそういう旗を掲げちゃってるわけですから。その敵は主に「もっとずっと悪い海賊」、それだけなら分かり易くても、時に「正義」の名を高らかに挙げ手段を択ばない海軍や政府を相手に戦います。

ルフィにとって海賊って何なのか、ヒーローって何なのか。
ヒーロー物として考えると非常に煮え切らない作品だと思うんですね。

劇場版前作『STRONG WORLD』に心底退屈した挙句なんちゃって大団円にずっこけた僕。今作もルフィ一味が画面を支配している間は薄味な活劇が続くので、いつものワンピ番外編かなー、そんなに期待できないなーなんて思って見てたのですけれね、ラスト5分はとんでもないダークヒーロー物に豹変したのでした。これは原作者・尾田栄一郎が描かなそうなヒーロー映画だなーって、思いましたね。そう、ヒーロー映画が好きなら、観る価値あり!の決着が待っていたんです。
今作で登場する「ゼット」という悪役こそ、ヒーロー問答に体当たりしてくる強烈なキャラクターで、評価の要。一方で、ルフィの活動源の幼稚さが際だつ結果になりました。ルフィ一味は完全にゼットの前に重みを無くして、食われちゃった印象なのですが、満足感は大きいんですね。

統制された組織が実現する理想の限界を知り、海軍を離れたゼット。暗がりを見つめて孤独に戦ってきた彼が、陽の塊のようなルフィと対峙することで、悪を憎むあまりに悪を越えた怪物になった自らの姿が炙り出される、みたいな構図。だから、ルフィは主役というよりいいダシに使われた感じなんですよね。
結局、ルフィは自身を「ヒーローじゃねえぞ」と言っておきながら、何者なのかはその身をもって示すことはしない。単に、示すことができないのかもしれない。そうでなくても、今作からでは、ルフィにとって海賊という旗は、約束を繋ぎ止めるための手段でしかないようにも映るんですよ。ファースト・インプレッションに愚直なだけ。ある意味、王道の少年漫画ならではなのかもしれません。

とにかく、ラスト5分。これは涙が溢れました。ゼットのキャラを漫画本編で引きずったら、ワンピースのヒーロー観が崩壊しかねない展開。映画版で良かったねっていうお話でしたね。ワンピースのようで、ワンピースの毛色に合わないんですね。でもそれが良かった。こういう話が本編にあれば、今も漫画を読んでたかもしれません。ラスト、いつもなら陽気に「出航ー!」となるルフィ一味が、静かに戦地を後にするんですが、「あれっ…<筋を通す>の意味はき違えてたかな…」と頭の端っこでいいから思っていて欲しかったりしましたね。

本編には「青キジ」という、ゼットと紙一重になったキャラがいる(今作にも出てくる)ので、これからワンピースがヒーロー映画ファンの心を掴むとするならば、青キジがヒーロー観にメスを入れなくちゃいけないって気がするんですね。そうなったら教えてもらいたいですね、また漫画読みますから。

ではまた、お目に掛かりましょう。
スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。