--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-01-04-Fri-11:38

【 企画記事(映画) 】 2012年新作映画ベストテン

巳!年!です!
新年初更新、今年もどうぞ宜しくお願い致します。

2012年は力作が続々と公開されて、物に癒される人生にはたいへんに充実した年であったと、思います。物に癒されなくなったときのために、今年は受動的な感動ばかり求めず、創作活動にも重きを置いていきたいなというのが、今年の抱負で御座います。あと転職したいです。
そんなことはさておき、ほんと面白い映画ばかりでしたので、ベストを選出するのは楽しい一方でひどく難しかったです。ここではベストテンを発表したいと思いますが、例年ならばベストテンに入っていてもおかしくないであろう映画がたくさんあったので、後ほどベスト30まで公開したいと考えております。


では、僕の2012年新作映画ベストテンの発表です。

expendables2dinner.jpg

10位:『ヒミズ』
【コメント】
何でもないように生きたいだけだなんて、はじめはもう少し夢見てもいいんじゃないのって思って見てたのですが本当に悲惨なのでした。でもこれぐらいの逆境が後押しになるのかもとも思いました。感情の爆発がよかった。ここにきてまとまらないコメントですが10位です。
【ベストシーン】
親父がスミダの顔をくしゃくしゃするところ。うまくてむかつきます。

9位:『アルゴ』
【コメント】
ベン・アフレックのけつあごが好きで、大根大根言われ続けるベンを応援してきたのに、キャリアのひとつの頂点に立とうかというこの映画ではけつあごがひげで見えないって、どういうことなのですかね!映画は面白いです!始めと終わりがきまってる映画はもれなく良い。
【ベストシーン】
ベンアフの上司が小学校とかに電話しまくるあたり。堅物っぽい人が融通きかすギャップ。

8位:『ポテチ』
【コメント】
親孝行、できてるのかな。ぼくが息子でよかったって、思ってもらえるのかな。でも、ぼくは今こんなで。という、親に対するコンプレックス、大爆発。でも軽妙な仕上がり。とても入り込みやすいんです。それで、いつの間にか主人公に手が届いてる。気持ちが良い感覚でした。
【ベストシーン】
野球場でのやりとりまるまる。

7位:『ブラッディ・スクール』(劇場未公開)
【コメント】
サブエピソードが本編をレイプする怪作。なんでも後に引きずれば伏線回収というわけではない気がするんですよ。初代ポケモンはバグ遊びの方が楽しかった人におすすめです。いい加減なにが起きても驚きませんよと、思い始めてもまだやられちゃう。
【ベストシーン】
真相が半ば明らかになるのに電波過ぎて釈然としない居残り教室のシーン。

6位:『おおかみこどもの雨と雪』
【コメント】
命を背負って、答えのない戦いをして、思いのままにするわけにもいかなくて、結果報われるかも分からない。親には一生追いつけないなぁ、って思わされました。僕の両親も、色々あったけど、間違いなく偉大ですよ。人生見せられて、涙出ちゃいましたね。子育て賛歌。でもこれ親と徹底的にうまが合わない人にはワーストになるかも、なんて、思ったり。
【ベストシーン】
本編を味わった後のエンドロールがめちゃくちゃ染みます。

5位:『エクスペンダブルズ/エクステンデッド・ディレクターズカット』(劇場未公開)
【コメント】
2じゃないんです。ジェット・リーの器まで小さそうなキャラ、プロレスな格闘、良かったなぁ。あと、戦闘シーンでスタローンがガッツポーズしちゃうダサいカットが追加されてるんですが、これが高得点でしたね。
【ベストシーン】
テリー・クルーズの銃が凶暴すぎたシーン。

4位:『アベンジャーズ』
【コメント】
構想が明らかになったときは、ヒーロー集合!なんてよしてくださいよ恥ずかしい。なんて思ってたんですけどね、特にキャプテンなんか浮きすぎでしょ!ってね。僕が間違ってました。ていうかキャプテンがいちばん好きです。
【ベストシーン】
キャプテンが体を張って警官を助けて、無言で説得するところ。これこそヒーローだなあ!って、笑って、泣きました。

3位:『ザ・マペッツ』
【コメント】
マペットの止まった時間にしんみりして、メタなギャグ満載で笑って。すごく幸せな映画ですよ。こういう、純粋な人しか出てこない映画もいいですね。悪役のクリス・クーパーだって、あれはあれで純粋だと思うんですよ。ラップ歌うし。
【ベストシーン】
ジャック・ブラック(本人役)が全国放送で助けを求めたのにガン無視されたところはすげー笑いました。

2位:『私が、生きる肌』
【コメント】
変態。えっちとかじゃなくて変態です。でもすごく洗練されて驚きに充ちてる。視点を誘導するのが、すごくうまいと思いました。異様としか言いようのないハッピーエンドも忘れられません。こんなに驚いた映画はほんと久しぶり。映画に出てくるチンチンハリボテが大きすぎるので、そこだけがっかりです。自分に。
【ベストシーン】
事情が飲み込めたあたり。どうかしてると思いました。

1位:『桐島、部活やめるってよ』
【コメント】
なんでもそこそこ、いいなって言われるけど、そこそこじゃ胸は張れない。どうあがいても桐島にはなれないもの。なんでも、できそうな、気がするだけという地獄。妥協できなきゃ、やってらんない。菊池の「俺は、いいんだよ…」が刺さりましたね。菊池はもしかしたら、薄明かりさすような空の色に朝を期待して、いつまでもやって来ない朝にもがいて終わるんですよ。こんなにも、なんとなくの、悲喜が充満している映画があっただろーか。
映画の登場人物は誰も1等賞を取れないけど1位です!
【ベストシーン】
映画部と菊池の交流シーン。今やっていること、これは何にもならないっていう気持ち。割り切りたいですよ。


以上、ベストテンでした。今年はシュワちゃんの主演復帰作が控えているので筋肉史に残る1年となることでしょう。ではまた、お目に掛かりましょう。
スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。