--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-03-31-Thu-12:16

【 ドラマ映画 】 『ザ・ファイター』★★★★

「なぜ彼はまた痩せこけてるの?」
「役になりきるためさ」
「どうして褒めて貰えないの?頑張ってるのに!」
「今はまだ時代が違う。彼は天才ではない。
努力を惜しまず、決して妥協しない、常に自分を客観的に見つめる挑戦者―――



役者馬鹿だ」


というわけで、『ザ・ファイター』を観ました。

the-fighter03.jpg

骨と皮だけになったりガチムチになったりを繰り返す役者魂を見せ付けても差ほど評価されていないような気がするクリスチャン・ベイル。(そんなことないのかも知れませんが)可哀想で仕方がありません。今度も、髪と歯も抜いて変な訛りをマスターしたりと頑張りました。気迫に満ちた素晴らしい演技でしたよ!
そしたら、ようやくアカデミー助演男優賞を獲りましたね、おめでとうございます!でも一番の勝因は「演じたのが実在の人物だから」だったりするんじゃないかなーなんて思うと(勝手な思い込みですが、ほら、選考員の人って、実話と障害者とゲイとジョージ・クルーニーが大好きじゃないですか)可哀想で仕方がありません。今後も彼の熱演には注目していきましょう。でも肉体改造にこだわりすぎて体を壊さないように気を付けて欲しいですね。けっこう本気で心配です。

マーク・ウォールバーグがベイルさんより7歳年下の役なんですが、実年齢はベイルさんより3歳年上なんです。母親役のメリッサ・レオなんかも彼と11しか違わないそうで、ビックリですね。役者さんの熱演が成す技であったことは間違いありませんが、マーク・ウォールバーグの童顔もすごいです。

さて、『ザ・ファイター』のストーリーですが、なかなか勝ち上がれないボクサーと、それを支える破天荒な家族を描いています。ミッキー・ウォードという実在のボクサーのお話です。とても意外だったのは、「スポーツ映画」ではなかったということです。ミッキー、元天才ボクサーで薬中の兄・ディッキー、支配欲の強い母とヤジウマ妹たち、恋人のシャーリーンそれぞれの愛情と絆を描いたドラマになっていました。

the-fighter05.jpgthe-fighter04.jpg

ミッキーは重いパンチと強靱なスタミナのあるボクサーのようですが、家族に振り回されてチャンスを掴めずにいました。でもミッキーもミッキーで、家族にべったりというか、自己主張のできない人。母には過保護に育てられて逆らえないし、かつてシュガー・レイをダウンさせたことが自慢の兄はミッキーにとってヒーローなんです。ディッキーも弟を愛し、ボクシングの才能を評価して支えるよう努めてはいるのですが、ラリラリになってる時間が多すぎちゃって。
そんなところに現れたのがミッキーの恋人となるシャーリーン。彼女も彼女なりにミッキーを思った行動に出ます。ミッキーがシャーリーンの言うことをオウム返しみたいに言って、ようやく家族にはっきり反抗するのは笑っちゃいましたね。

みんなミッキーのことは大事に思ってはいるけれど、その外の障壁や葛藤があったり、自分ばかりが可愛かったりで、真っ直ぐなサポートができない。そんな風に思えました。そんな彼らが、ミッキーのためにも、家族単位で考えても、何をするべきかに気付く後半がすごく、良かったですねえ。(あ、全編通して演技やユーモアで存分に楽しませてくれますよ)
煩わしくて、面倒くさくて、なんだかんだ言っても、そこに居る。家族って感じします。変な人たちですよ。でも、温もりがあるんですよね。これが、家族の形をつなぎ止める一番の粘着材ですよ。言い方がアレですか。いや、一方で暑苦しいものでもありますからね。

僕の家庭はこの1年ですっかり崩壊してバラバラになっちゃいました。喧騒の狭間にどっち付かずで立つうちに、自分が嫌われ者になっていくのが分かるんですけれど、それでも最後まで諦めちゃいけないなあと、何でそんなに拘ったのかしらっていうくらいしがみ付いていましたね、家族の形に。今でも気に掛かるのは変わりません、少なくとも僕は。自分のことで目一杯な時に面倒を掛けられても、それは別腹…ならぬ別手間ですか?そんな感じです。まったくおかしなものです。振り回されるのが分かっていて、振り切れない。んんん。時々、薄情者に生まれたらどんなに楽だったろうかと思うことがありますよ。でも、どうしようもないんですよねえ。

ミッキーの家族が気付いたもの、守ったもの。一方我が家ではベストを尽くせたのか。あのへんが分岐点でしたよね。

The-fighter02.jpg

ヘッド!ボディ!ヘッド!ボディ!

新生活なんかぶちのめせ!やってやれ!

では、しばしの別れです。またお目に掛かりましょう。
スポンサーサイト

COMMENT



2011-04-03-Sun-00:29
「僕の家庭は~」の箇所で笑ってしまいました。ごめんなさい。

クリスチャン・ベールがついにアカデミー賞をとってよかったですよね。僕も彼は好きな役者の一人です。

コメントの投稿

TRACKBACK



2011-03-31-Thu-20:16|名機ALPS(アルプス)MDプリンタ

『ザ・ファイター』お薦め映画

家族と別れて成功したとして、果たして彼は幸せになれるだろうか? 勝利の瞬間、そこに喜びを分かち合う家族はいないのだ。家族を選ぶか、成功を選ぶか、それとも両方を手にするか? 兄弟愛に泣く、お薦め作品だ。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。