--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-08-12-Fri-21:42

【 コメディ映画 】 『スーパー!』★★★★☆

久しぶりに東京に出まして、『スーパー!』という映画を観ました。
今年の暫定いちばん!僕、こういうヒーロー作品を作りたかったのですよ。ぐあーやられました。奥さんに逃げられちゃった優しいブ男、フランク。奥さんが今一緒にいる奴がヤク中のチンピラだと分かり、「僕が彼女を救わなきゃ!」と立ち上がる…というお話です。

SUPER!01.jpg

フランクは、幻覚と教育テレビのヒーローの言葉を原動力に、とことん情けなくて、勘違い甚だしい(ダメな意味で)リアルヒーローとして活動を開始。法が裁かぬ悪を叩く!裁かれる前に叩く!列に割り込む奴もレンチで殴る!更には、倫理観のぶっ飛んだコミックオタク少女が相棒に名乗り出て…。

むちゃくちゃな映画ですよ。その一方で、おっかなびっくり俯き加減に生きてきたフランクに対して、優しい眼差しを向けたドラマも綴っています。このドラマパート、僕も日々無難に無難にって過ごして、問題をなあなあにして平穏のミツをすすろうとしてるクチの人間ですので、たいへん染みたのでした。
そんなふうに生きていたって、「なんでこんな目に?」って思うような事、多々ありますよ。だからって、何も言えませんし、思い切った決断もできません。つまらない現状を守る事で目一杯なんです。でも、そこにどれだけ「自分」が生きているのでしょう。そんなだから、「人生で完璧だった瞬間」なんて生まれないし、コミックで言うところの「コマとコマの間」にうずくまってしまっているんです。

発想を変えるのは難しい事です。初めての一歩を踏み出すのは怖いものです。しかし、この映画でフランクは行動に出ます。正しいかどうかウジウジ考えて結局何もできずにいるよりも、「やってみれば、いつか正しいと分かるかも知れない」と。その一歩が、フランクの心持ちに変化をもたらします。

ヒーローが世界を救うというような映画ではありませんし、ヒーロー行為の危うさばかりが目立つ、かなりブラックなコメディです(いっぱい笑わせてくれるんですよ)。でも、行動の是か非かよりも、思いきってみる事への優しい後押しが印象的で、同系統の『キック・アス』よりずっと真摯なヒーロー映画だと思いましたね。

SUPER!02.jpg
▲ケヴィン・ベーコンの突撃!隣の朝ごはん

役者陣も素晴らしかったです。レイン・ウィルソンの自信なさげな表情、エレン・ペイジのガハハ笑い、ケヴィン・ベーコンの軽さ、マイケル・ルーカーのワル過ぎないワル感。素敵でした。

このお盆休みで「人生で完璧だった瞬間」の1コマを増やしたいですね。まず、この『スーパー!』はサイコーでした。では、またお目に掛かりましょう。
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

TRACKBACK



2011-08-23-Tue-01:48|悲しみの果てに、死者の群れを

スーパー!

東京に行った記念に、一度は行ってみたかった渋谷シアターNで上映しておりましたので、観て来ましたよー。 個人的には大駄作というか、かなりムカついた映画でした。設定は『キック・アス』と似ているけれども、『キック・アス』は(原作は未読ですが、映画の方は)寓?...
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。