--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-09-16-Fri-22:22

【 サスペンス/スリラー映画 】 『キラー・インサイド・ミー』★★★☆

僕ですね、これまで生きてきた中で人を怒鳴りつけたことが無いんですよ。「君がキレるところとか想像つかない」って言われるんです。そうです。キレませんよ。

ちょっとほら、思慮に欠ける人とか脳ミソに筋肉付けちゃってる人とかの中に、似た者同士つるんで人を小馬鹿にして笑うことに、喜びを見出しちゃってる輩がいるじゃないですか。僕みたいなのは酷いこと言われてもヘラヘラして怒らないからって、そんな輩の良いオモチャにされるわけです。それで、平気そうにしてるからって、マゾ野郎だ何だって、益々言われるんですね。でも違うんですよ。むしろ僕ってドS野郎なんですよ。だと思うんですよ。
鞭でケツをぶたれて喜びの声を上げる豚の気持ちは全然分からないのですが、ベルトで娼婦のケツを叩いて恍惚とするルー・フォード保安官助手の気持ちは、ちょこっと、分かっちゃったんですね。そんなわけで、今回観た映画は隠れドSの血が暴走する『キラー・インサイド・ミー』です。

killer-inside-me-poster.jpg

50年代アメリカの小さな町、低姿勢で親切な事で知られるルー・フォード保安官助手。彼がジョイスという娼婦に出会い争った時から、抑えてきた暴力性が表れ、内なる声に従い殺人を重ねるようになる…というお話。
ルーを演じているのはケイシー・アフレック。絶妙なキャスティングだと思いました。半開きの目、鼻に掛かったヨレ気味の声…優しそうですけど、なーんかヤラしい感じ。ジョイスに「クソお巡り!」って叩かれまくるシーン、「えっうわっやめてくださいよー」な感じから「じゃ…俺もやってやる」って感じに表情が切り替わるところ。どっちもヘラヘラ顔なんですけど、微妙なニュアンスの違いが出ていて、たいへん良かったですね。

ルーの暴力は、拳でとにかく殴るというもので、ドSのこだわりを感じさせます。そういう暴力を含め、狂気のドラマを淡々と、ある程度のユルい空気を持って描いていて、ルーの薄気味悪さがよく表れていたように思います。猟奇殺人を描いた作品としては、アイツとアイツはなんで殺さないのかなーと思うような、犯歴的には派手さが無いような気もしますが、か弱い女性を執拗にボコボコボコボコやるので、インパクトは大です。ルーが奥さんを腹パンして失禁させるシーンは、僕の中のルー・フォードを大いに刺激しましたねゾクゾクビンビン。問題発言ですか。

killer-in-me-01.jpg

そんな僕ですが今日もニコニコ明日もペコペコ。変わらず年中ヘラヘラで営業しております。僕の目の前にいつかジョイスは現れるのでしょうか。や、そっとしておいて欲しいですね。サ○ィスティック○ィレッジのビデオで我慢できるもん!
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。