--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-10-02-Sun-20:45

【 ドラマ映画 】 『わたしを離さないで』★★

ちゃんと観れなかったような気がする映画が増えま『わたしを離さないで』した。キャリー・マリガン、アンドリュー・ガーフィールド、キーラ・ナイトレイ共演のドラマです。

never_let_me_go.jpg

設定に、マイケル・ベイ監督の『アイランド』との類似点が見受けられまして、ずーっと比較しながら観てしまったのですね。なので、もはやパロディ映画みたいな扱いなのです。でもなんだかちゃんと観ても、あんまり面白くないんじゃないかなーと思ったので大して悪びれたりはしません。

『アイランド』との類似点:
(1) 臓器提供のために生まれてきた子供たちが、
(2) 外の世界は怖いよ出たら死ぬよーと言われて閉鎖的な施設で生活してて、
(3) アイロニーたっぷりに話が掘り下げられそう!とワクワクさせられたのに損しちゃう。(私見)

それで、本作は能天気アクション『アイランド』を「しっとりお真面目な青春/ヒューマンドラマにする」という試みをしているんです。色々と『アイランド』に逆らって作って、真逆のテイストを実現しています。(偏見)

『アイランド』との相違点:
(1) 本作では子供たちは「君達に未来はありません!」とハッキリ教えられてます。でも逃げ出しません。たとえ逃げ出せても逃げません。パロディだからです。
(2) 本作のヒロインは、TVのいちゃこき映像をうざったがって、マネするヤツにキレます。スカヨハがムラムラするところのパロディになっています。
(3) 『アイランド』では臓器企業は「クローンには心はありません!可哀想じゃありません!」って売ってましたが、本作では「子供たちにはちゃんと心があります!」って世間に訴えています。提供者の自発性を売りにしてるのかしら?なんか、こっちの方が嫌な気がしちゃうけど…パロディですからね。

こんなパロディで命の尊さを訴えたところで説得力に欠けますね。まじな感じで言うと、この設定があったから、というものがないように思えたんですね。難病の人とかを助ける側のお話なのに結局、難病ものと大差ないんですよ。死んじゃうんだね、可哀想だね、って。

役者についてですが、キャリー・マリガンを「21世紀のヘプバーンだ!」って言ったの誰でしょ。脂肪と一緒に色気を抜き取ったマギー・ギレンホールじゃないですか。もしくはむくんだミシェル・モナハン。アンドリュー・ガーフィールドは『アメイジング・スパイダーマン』のピーター・パーカーですね。パッと見イケメンなので「こんなのダサいピーターと違う!」って思ってたんですが、本作の根暗でお馬鹿でオタクっぽい感じはキモいわーって、ビックリどん引きしました。それでもモテそうな感じがいけすかないです。

なんかブーブー言っちゃってる僕ですが、近いうちにちゃんとした感想を探し読んで反省することになるのかもしれません。ではまたお目に掛かりましょう。
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。