--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-10-30-Sun-20:43

【 SF映画 】 『ミッション:8ミニッツ』★★★★★

時計の針は硝子板から飛び出す夢を見るか?

『ミッション:8ミニッツ』は、あっと言う間の映画体験、今年の暫定いちばんです。

あっ、このブログ始めてから初めての5つ星映画になりますかしら、えー、たぶんそうですね。そうです、とってもハラハラしてグッと来て、最後には泣かされちゃったんですね。最高でした。だめですねー、泣いちゃうと目の周りがパンダみたいになっちゃいますから、映画館でそれだと困りますね。今度からサングラス持参しようかしら。

あんまり期待して観に行ったワケじゃないんですけどね。本編の前の予告編、『M:I/ゴースト・プロトコル』『マネーボール』『リアル・スティール』『コンテイジョン』『タイム』『フライトナイト』と、期待作の素敵なものが立て続けに流れてときめいてしまって、何のチケット買って入場したのか映画始まるまで忘れてしまって焦ったくらいなんです(ホントですよ)。
そうそう、あの「映画通ほど騙される」っていう胡散臭い宣伝文句。あれはまるでウソで、ほんと分かり易いんです。しかしですね、ベタがなぜ作られ続けるのかっていうのを…いや「安易に書けちゃうから」ではない方ですよ。「普遍的な魅力を持つから」ですね、これを改めて感じました。ハードルの低さを差し置いても、見せ方が上手なのと、ジェイク・ギレンホールの雄弁な表情芝居もあって、たいへん良かったです。ジェイク・ギレンホールはビッシリおヒゲ生やした方が素敵です。ちょっと汚いですけど。

source-code-01.jpg

さて、『ミッション:8ミニッツ』がどんなお話なのかというと、「ソースコード」という機械で爆弾テロの犠牲者の最期の8分間に入り込んで、犯人を突き止めて次に起こる大規模テロを阻止しなければ!というお話。何度も8分間のミッションを繰り返すわけですが、情報を小出しに、徐々に状況が明らかにされていく語り口には惹き付けられます。
ソースコードはタイムマシンと違って、現在に何ら影響をもたらす事はなく、死者を蘇らせる事はできないんです。本編ではジェイク・ギレンホール演じる主人公は「時計の針」と言われてました。時の流れに従うしかない、と。ちょっと歯痒いですね。でも、この設定が生かされて「切ないハッピーエンド」(これは『バタフライ・エフェクト』のコピーでしたっけ)を美しく彩ります。主人公の置かれた逆境、そして救済。「最高のラスト8分間」と宣伝した方が良かったんじゃないかしら。余談ですが、あのコメディアンがドン滑りしたらジェイク・ギレンホールはどうするつもりだったのでしょう。

それと、音楽が素晴らしいと思いました。映画が始まるや、スケール感と緊張感を兼ねたスコアにハッとします。緊張感を演出する音楽って物静かなのが多いと認識しているものですから。終盤に状況が変化すると、音楽の雰囲気が大きく変わって同じ画で全く違う印象を与えるシーンがあったりもしました。音に奥行きがあって、とても気に入りました。クリス・ベーコンという人が作曲しているのですが、今後の活動に注目していきたいです。

時計の針は硝子板から飛び出し、新たに時を刻む。
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。