--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-05-10-Thu-00:43

【 SF映画 】 『宇宙兄弟』★★★★

『宇宙兄弟』を観たのですけれどね、これは大変面白かったですね。こういう兄弟の描き方もアリだなあと、ありそうで、なかったなあと。兄弟とは、互いに刺激し合う、最高の競争者であり分身なわけです。いや、正確には、そうあるべきというか、そういう間柄のはずなんですよ。…うちは、違うけれども!そ。それでですね、そういう間柄を、さらに、「離れたところにいるのに、通じ合っている」という描き方をしているところに、こういうのもあるんだなあと感心したんですね。

utyukyodai01.jpg

劇中に、「兄とは、常に弟の先を行くものである!」という文句があるんですけれど、そうですね、それは、意識しますね。僕もお兄ちゃんなのですが、身近だからこそ、スタート地点もスペックも近いはずのアレには負けたくないと、すごく思いますし、だからって、引きずり下ろしてやろうとは思わないんですね。応援したいし、助けが要るときは手を差し伸べるわけです。当然に、不思議と。つまんない言葉を使うなら、これが絆というやつなのでしょうね。

僕の弟がですね、学校ではホント優等生で。運動も勉強も良くできて、成績は5しかもらわないような奴で、生徒会とか立候補したりして。とにかく平凡で目立つのが嫌だった僕はですね、「お兄ちゃんもしっかりな」「弟はすごいのにな」と、何もしてないのに励まされたりケツ叩かれたりして気持ちが悪かったですね。
一方、おうちではですね、弟は何にもできないやろうとしない、思い通りにならないと家具を壊す怪獣に変身するのです。ほとんど二重人格、おそろしい奴です。そんな弟のお尻を拭いてあげないでいると、「お兄ちゃんがしっかり見てやんねーとな」「弟のために我慢しろ」と、指導されたりして気持ちが悪かったですね。ふわ!ずっと気持ち悪いじゃないですか!
これじゃなんというか、「兄とは、常に弟の先を行く(のが普通という世間様の風当たりがつき)ものである!」という、受動的なニュアンスではありませんか。しっかりしろ兄弟!

『宇宙兄弟』はその点、きれいな構図が出来上がってるので気持ちいいです。たぶん、人間的に魅力があるというか、オトナなのが、兄のムッタ。少年の心のまま、真っ直ぐに成長したのが、弟のヒビト。抱いた夢を理屈で収め込んでしまっていたムッタを、同じ夢を追って実現させたヒビトが、刺激して再出発へと引きずり出していくんですね。兄が弟に夢を与えた、そのお返しに、弟は兄に可能性を示しチャンスを与えるんです。
うちでは今、弟に初めて彼女ができたというのですけれど、これが本名も分からない会ったこともないチャット相手だというのです。兄としてはどうしたらいいのでしょう。先を行くと言っても彼女は工作みたいに作るものじゃありませんからね、とりあえず自撮りヌード写真をせがむのだけはやめて貰うとしましょう。…『宇宙兄弟』って、「夢のある話」というよりは、「夢みたいな話」なのかも。

そんな外のモヤモヤはさておき、小栗旬、岡田将生、堤真一、それとムッタ少年役の子役。とっても上手いですしね、画の力もあって、良い映画だと思いましたよ。これは美しき兄弟の映画なのですよ!
うちのは、もっと『ザ・ファイター』寄りの、それよりずっとリスペクトが薄い感じってしょーもないよそれイケナイ!しっかりしろ兄弟!

では、またお目に掛かりましょう。
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。