--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-07-23-Mon-20:51

【 アニメーション映画 】 『おおかみこどもの雨と雪』★★★★★

細田守監督の新作アニメ『おおかみこどもの雨と雪』を観てきました。これはすごい映画でした。

おおかみ男と恋に落ちた花が授かったこども、雨と雪は、おおかみこどもで。というお話。人間とおおかみ、両方の顔を持つおおかみ人間という設定はファンタジーのようで「特別な存在」のことを指しているように思えたんです。うちの子は他の子と違うから不安だわ!という。なのでこれは、とても現実的な、子育ての物語なのです。

ookamikodomo01.jpg

子育てドラマ、といっても、子が生まれてくるまでの期待と不安まで丁寧に綴っていたことが印象的で、この時点で、作品の方向性にピントを合わせることができたように思います。また、全編にわたって、台詞で語りすぎず、人の細かい所作だけでなく小道具、風景を有効に使った状況説明もあって、時折、「これそういえばアニメだった」とハッとするようなリアリティーがありましたね。

親になるということ。それを、親になる予定がしばーーーらくない僕に感じさせてくれます。本筋は、花の子育て奮闘記ですが、さらに、雪の語りが随所に入り、親から伝え聞いた話という体を成しているので、この映画はまだ親になっていない僕たちの目線にもなってくれているという親子で是非!な目配せもあって、とてもよいです。でも並んで観賞するというより、それぞれ別に、自分の親子関係を投影してみてはどうでしょう。うちはネグレクトもいいところでした、などの理由で僻んでしまう人や、子育ては人生の牢獄だと思わずにはいられない親御さんは、別の映画を観てはどうでしょう。

親が子にしてあげられることは、多くない。花はそう感じたのかもしれないけれど、子供は多大な恩恵と、影響を受けて育っているんですよ。ここでも、姿を選べる「おおかみ人間」という設定が、子供が成長し自ら選択する場面で生きてくるんですね。花はすごいお母さんですよ。この映画もどえらいですよ。

エンディングは細田監督が作詞を手掛け、親の想いを、この映画を、本編で無駄な台詞を廃していた分が溢れたように語っています。ふと、親のことを考えて、大変だったんだなあ、感謝しなきゃって。そうしたらなんだか、涙が出てきましたね。どんなだめなところ見せつけられても、親っていうのはやっぱり偉大だなあと、思いますね。

親子で観るなら、単純に楽しい『メリダとおそろしの森』かなあと思うのですけれど。ほんと良い映画でした。
では、またお目に掛かりましょう。
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。