--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-08-10-Fri-17:27

【 SF映画 】 『トータル・リコール』★★★★

今日は『トータル・リコール』を観てきました。コリン・ファレルが大好きです。

totalrecal00 (769x1024)

監督は『ダイ・ハード4.0』レン・ワイズマン監督ということで、CGを多用しながらも、肉弾アクションを基調としているあたりがたまらないですね。
俯瞰なんだけど、自分も振り回されるような、主観的カメラワーク。「的」というのがミソですね。カメラがとにかく動く。俳優が落っこちると一緒に落っこちる。おっとっと助かった。カメラはちょっと遅れてブレーキ。みたいな。分かりにくいですね。なるべく寄りながら、ダイナミックなアクションを殺さない感じ。たいへんうまいんです。

…という、これは予告編だけ観て書いた感想なんですね。
じゃあ本編はどうだったのかしらと、言いますと、これを密度そのままで2時間に引き伸ばしたノンストップ・アクションの快作でした。ややドライでクセがないところは、シュワちゃん×ヴァーホーヴェン監督の悪趣味とブラックジョークが炸裂する90年版に比べて食い足りないという人も出てくるでしょうけれど、それを補って余りある力がある映画だと思いますね。僕もシュワちゃんの『トータル・リコール』は大好きなんですけれどね、ほとんど同じ話なのに、まるで別物の良さがあるのが良いんですね。
あと、コリン・ファレルが大好きです。太眉!

物語の舞台は、核戦争後、富裕層と貧困層の居住区が完全に隔離された未来。富裕層が暮らすのは、磁力で浮く車専用の高速道路が整備されてたりして、今作と同じ原作者フィリップ・K・ディックの映画『マイノリティ・リポート』みたいな都市。貧困層が暮らすのは、富裕層の住む都市とは地球の裏側の位置にあたるところで、高層アパートにネオンの看板、不衛生なイメージがこれまたディック原作の映画『ブレードランナー』を彷彿とさせます。貧困層の労働者は、地球の内側を通る「フォール」という乗り物で富裕層の都市まで出稼ぎに行っているんです。

格差社会の象徴みたいな物がずらっと並ぶ設定なのですが、そういう社会派なドラマには踏み込みません。都市設計は凝っているんですけれど(どっかで見たことはありますけれど)、住人の声がまるで聞こえてこないのは、さすがにないがしろにしすぎちゃったかなぁとは、思いますね。

でも、この都市設計を十二分に生かしたアクションはとても素晴らしいです。富裕層の都市ではSFSFしたインフラに振り回されながら、貧困層の都市では増築しまくりの高層住宅を駆け巡るチェイス。「フォール」内部における戦闘シーンでも、その特性を利用した見せ場があります。悪役が女性(ケイト・ベッキンセール。ワイズマン監督の奥さん)で、こんなにしつこくて強いのは珍しいので、その辺も印象的で良かったですね。ワイズマン監督は、奥さんをこんなに怖く撮るなんて、どういう事情があるのでしょうね。

ところで、今作にある「記憶を買う」というのは、これって、どこまで自分で区別できるんでしょう。映画の中でさえ、ここからが偽の記憶だとしたら、というIFに惑わされる箇所がいくつかあるのに、これが主観ならば猶更、分からなくなりますよね。
自分はかつて地球の危機を救ったヒーローだ、とか、すげーモテて愛人が掃いて捨てるほどいる、とか、記憶を買って「体験」してあぁいい気分!で終わればいいんですけれどね、過去の輝かしい「記憶」に押しつぶされたり、大きなこと言っちゃって周りから白い目で見られたりするのかもしれないなーと思ったら、すごい技術なのに劇中ではイマイチ流行してなかったように映ったのも頷けますね。ちょう自己完結の自己満足。「自分の記憶とダブる記憶は買えない」という制約は、その辺りに配慮しているんでしょうね。未来の人たちは、飛び抜けて良い思い出を「もしかしてリコール社製なんじゃね?」と疑ったりするのかもしれません。

そんなふうに考えていると、なんだか、第三者目線が欠如している今作は、序盤からぜんぶ「偽の記憶」なんじゃないか。なんて受け取りたくもなりますね。

別人になったような体験をしたいなら、映画を観る、これで十分じゃありませんか。
『トータル・リコール』のチケットを購入することで、あなたは120分間、スーパー太眉諜報員(スーパーは「太眉」「諜報員」の両方に掛かります)に!

では、またお目に掛かりましょう。



スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。