--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-01-16-Wed-23:18

【 アクション映画 】 『ニンジャ・インポッシブル』★★★★☆

すごい映画を観ました。年明け早々にひっそりとビデオスルーになった『ニンジャ・インポッシブル』。ノルウェー国王直属の諜報部隊「ニンジャ」の影なる戦いを描いたノルウェー映画です。

ninjyaimpossible00.jpg

ノルウェーの監督さんがイメージするニンジャ像が炸裂していて笑いを誘う部分も多いのですが、それ以上に、本作の変に凝った作りに刺激されます。
舞台は冷戦下のノルウェー。「冷戦下のスパイの暗躍」が物語の骨格になっています。金髪の「ニンジャ」の皆さんは煙玉でドロン!と消えたり現れたりしますが、やっていることは大真面目。決してその存在を公にすることなく、使命のための犠牲は厭わないハードボイルドな方々なのです。
KGBに情報を売ったとして、ノルウェー人テレホルト(この名前の響きからもうたまらない)が逮捕され、売国奴として罵られるニュース映像から幕が開けます。そして、彼の正体(勿論ニンジャです)と行動の真意に迫っていきます。なんかもう渋いじゃないですか。渋いんですよ。

でもひたすら渋いわけじゃなく。わざとチープでぎこちなく作ってて可笑しいんですよ。繋がってないカットとか、黄色味がかった画質とか、ほんとにミニなミニチュア特撮とか。でもそれが笑えるのと同時に、当時のタイムリーな映画として作られた風に凝ってて感心してしまうんです。登場するガジェットのレトロ感はたまりませんし、ファッションや音楽も徹底していて、役者もなんだかもう現代の人じゃないでしょって思っちゃうような人つれてくるし、これは傑作『BLACK DYNAMITE』感想)の再来であると!思ったわけですよ!大真面目なテンションと変な方向に突き抜けた凝り性とのミスマッチが心地良くて素晴らしいんです。

どの場面も好きなんですが、終盤、空港のシーンがダサくて渋くてたまらなくて100億万点ですね。あの表情!妙技!音楽!眼鏡!そして、 記憶に残る台詞になるであろう「お前がマスターだ」。ああ、師弟愛だね!と思った直後にええっ、えええー!だもん。あの人たちはハードな諜報員なんだってことを思い出させる名台詞であり、ハードすぎて迷台詞に聞こえなくもない、という異様なバランスで。

登場するスーパー忍術は、ドロン!の他には
「タバコを投げてくわえる」
「一瞬で服を着せる」
「風水の力でバリアを張る」
「悟ると光る」

などと妙なものばかりで、手裏剣は持っていましたけど、マシンガンを撃ってましたね。そうですよね。あと、ニンジャのステルス技術は「顔と歯を黒く塗って暗い部屋に紛れる」という安さなのに、悪役の偽ニンジャは光学迷彩つかっててどっちが偽物だよっていう感じもなんか良いです。

セル版の発売予定はない!というのが残念でなりません。レンタル版の、日本で作ったんであろう酷いパッケージも何なのでしょうか。ぜひ、ノルウェー版ポスターを使用したブルーレイが一日も早く出ますように!あと『BLACK DYNAMITE』もいい加減お願いします!誰に言えばいいんですか!

傑作。おすすめです。
ではまたお目に掛かりましょう。

↓予告編↓

スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。