--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-02-03-Sun-11:40

【 アクション映画 】 『アウトロー』★★★★

トム・クルーズ主演最新作『アウトロー』を観てきました。

jackreacher00.jpg

これまでのトムの映画の印象から、アクション大作、と思って観てしまうと、物静かな雰囲気に面食らうかもしれませんね。アクションシーンについては、それほど多くないですし、目新しいものもないですが、トムも敵もみっちり訓練されてるっぽい感じ出てたから良いと思いました。描かれ方も、じっくり長く見せてくれますし、リアルで時折あやうさを感じるあたり、地味でも手に汗握るようなものに仕上がっていたと思います。そんな本作のメインは足を使った捜査。面白い探偵映画だったのでした。

主人公のジャック・リーチャーは、家も車もカードも荷物も持たない流れ者。なんでそんなことやってんの?っていうところは「そんな風に始めてみたら染み着いちゃった。ていうかこういうのできたらやってみたいでしょみんなも」みたいなラフな説明だけど十分かなって思いましたね。最近のヒーローって暗い過去をほじくり返すの好きじゃないですか。だからかえって新鮮ですよね。ほどほどライトな探偵シリーズとして続くのも期待したいです。突然現れて、思わぬ面倒掘り起こして、解決しては姿を消す。こういうのもいいじゃあないですか。原作シリーズがある分、下手な劣化とかはしなそうですし。あんまりスケール大きくなりすぎないところで活躍してほしいですね。でもリーチャーシリーズの公開年はもう一本トムの映画観たいような、そんな小品感はありますね。それよりもそうだ、いつものトム・クルーズ演じてるトム・クルーズが見たいんですよ。僕は。トムちん好きだよ!
とはいえ、トムにとって、リーチャーのキャラクターはそこまで新しいものではないです。はみ出し物とは言っても、独自の正義感で動くし、冷たいわけじゃないし、真顔でボケるし。バカにやたら厳しいだけなんですね。基本クリーンな設定ですし。宣伝のイメージと違ってぜんぜんダーティじゃない。本人否定してるけどすごくヒーロー。そこがいいんですけどね。でもやっぱり必死になって全力疾走してるトムが見たいじゃないですか。リーチャーはトムよりちょっとクールガイなんですよ。笑顔も少ないからちょっと老けて見えるし。歳食ってから演じるにも違和感ないキャラクターを獲得できたのかもしれませんけど。
無差別殺人の犠牲者の、死んだ日の行動が語られる場面があるんですけどね、、あれみんな良い人でそれなりにドラマがあって悲劇感すごくて、ブロンドちゃんなんか最後の最後まで女の子励ましててさ、涙出ましたね。でも直後に「そんな世の中キレイなわけ無くね?例えばさ…」って水差しちゃうトムにはアウトローを感じましたね。涙を返せ!

ジャック・リーチャーっていう、キャラクターをタイトル(原題)にしててシリーズ化も有力視されてるにしては、音楽が冴えなかったなあって思う。不満っていう不満はそれくらい。ジャック・リーチャーのテーマ曲とか、あってもいいと思うんですけどね。銃撃戦で余計な音楽入れないのは良かったですね。

読んだことはないんですが、リー・チャイルド原作の本だと、リーチャーはドルフ・ラングレンみたいな強面大男らしくて。ぜんぜんトムと違うじゃんと思うわけですけれどリー・チャイルドは「トムなら完璧だ」とか言ってるのですがあんまり褒めすぎるので嘘くさいですよね。ってリーチャーなら勘ぐると思いました。あと映画のお話はシリーズ9巻目らしいです。巻き込まれすぎですよねリーチャーさん。

おすすめです。笑いが随所に盛り込まれてますし、出てくる女の子(4人くらいだけど)みんなかわいいです。
では、またお目に掛かりましょう。
スポンサーサイト

COMMENT



承認待ちコメント

2013-04-27-Sat-13:54
このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。