--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-04-30-Tue-23:55

【 アクション映画 】 『藁の楯 わらのたて』★★★☆

うわ。うわ。だいぶ間が開きました。今回は、三池崇監督最新作『藁の楯』の感想です。

孫を殺された超金持ち(山﨑努)が犯人のロリコン(藤原竜也)の首に10億円のお値段をつけます。
国民総賞金稼ぎ状態。警察のメンツを守るべくSP(大沢たかお松嶋奈々子)がロリコンの警護のため護送に同行するという異例自体。
「あのお、大沢たかおさんは小さい娘さんとかいます?」
SPはロリコンを守り通せるのか!ていうかロリコンは死ぬべきではないのか!
というお話。

wara-no-tate.jpg

緊張感はあるし見せ場もそれなりにあって、俳優さんたちもかっこよくて、単純に娯楽作として良かったと思います。松嶋奈々子があまりに漫画みたいなキャラなのはちょっとあれだけど。

大沢たかお演じる主人公は理性とルールにがんじがらめにされてるけど、社会様に受け入れられるヒーローになってるんですね。その裏返しがまた面白いと思うわけです。
人権だ、道徳だ、サービスだ、っていうのが行き過ぎるところに世の中の窮屈さを感じやしないか。そう思わされるんですよ。「なぜ、あんなクズのために?」って何度も問われる。十分な仕事をしても、そこに最低ラインを設けられたり、次から当たり前だとかまだ足りないとか言われたりね。慣れなのか、競争によるものなのか、知らないですけど、そのうちどんどんオカシなことになりませんか?

働こうともしないで酒とパチンコやってるやつに生活保護?たかが数分の電車の遅れがクレーム事案?警察官はタダだから軽い揉め事の仲裁に110番?パソコンで早く仕事が片付くようになったけどその分仕事は増やされてない?ケータイが普及してどこでもつかまるようになったのは良いこと?便利な世の中になったのにかえって余裕がなくなっていやしない?ふつうの人たちが「くず」に踊らされる構図ができていないか…
サービスの裏側をよく見てくださいよ!!というね。

だからってあのクズはさっさと殺すべきだったというわけではないですよ。でもブチ殺していいと思ったところは確かにありましたね。それでも職務を全うしようと苦悩する大沢たかお。これは社蓄賛歌のようで、その陰をくっきり映した映画だと思いました。
あと本田博太郎の顔とか声とか色気はんぱなかったです。全部すきすき。

では、またお目に掛かりましょう。
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。