--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-12-20-Tue-19:35

【 アクション映画 】 『ハンナ』★★★☆

『ハンナ』という映画を観て気に入ったのですが、出来は良いか悪いかで言ったら、悪いと思うんです。モヤモヤせずにはいられないのですけれど、雰囲気と、ちょっと不細工なところがクセになったのです。不思議な感触の映画でした。

hanna01.jpg

ハンナは反抗期なティーンエイジャー。物心ついた頃から北の僻地でパパと毎日殺人術を訓練しながら狩猟生活を行っている以外は、普通の女の子。「レーザーディスクは何者だ!」と、パパ以外の人との生活を夢見るお年頃。でもパパは過保護なので「外の世界は危険だから、いつでも誰でも縊り殺せるようになるまではダメ!」とハンナを説得しようとしますがハンナは嫌な顔をするわけで、パパは「反れでも出ていくと言うなら、このスイッチを押しなさい。地の果てまで殺し屋が追ってくるぞ」と揺さぶりをかけます。このスイッチさえなければあんなオオゴトにはならなかったんじゃないかなー?というお話。

とある国家機密をめぐって殺し合いが起こるんですが、実はこの機密情報、ストーリー上ほとんど働いていないのです。なんで流血沙汰になるのかな?そんなヤバイ秘密かな?エリック・バナのどの辺が危険人物なのかな?と浮かんだ疑問符がガンガンつむじを打ってくるわけですが、それは「アクション映画の体を成すため」くらいでしかないように思えてしまいます。

ではアクション映画の皮を被ったそいつの正体は何なのかといいますと、エゴエゴな大人と、束縛から解放されたい子供の話なのです。
ハンナは自分が何者なのか、なぜ追われるのか、知りませんし、大人は教えてくれません。大人はズルいからです。でもハンナは過去を探求したりしません。「若さって何だ?振り向かないことさ」と宇宙刑事が言っていたのでそういうことなのでしょう、障壁となる者共をちぎっては投げちぎっては投げ前進するのです。対照的に、大人たちは過去の清算に追われているような描かれ方をします。

そんな淡ーいドラマが主軸の文芸アクションもどきなのです。
「もどき」がどっちに掛かるのか…もしかしたら両方なのかも知れません。あ、アクションそのものは丁寧に作られていて好印象ですよ。音楽の挿入の仕方、映画の締め方なんかは様式美的。中盤に緩いロードムービーが展開するテイストの波。これらは「オカタイくせに散漫」とも取れますし、「上品で多彩」とも映ります。

そんなこんなで、すごーく好みが分かれそうな『ハンナ』。このイビツさに酔うか、冷めるか、あなたはどちらでしょうか。では、またお目に掛かりましょう。
2011-10-14-Fri-19:21

【 アクション映画 】 『キャプテン・アメリカ/帝国の野望』★★★★

「この盾は何物にも突き通されません。しかも全てをなぎ倒します」
「矛盾しないノコト!」
「ヒーローが愛用してます」
「買うアルヨ!!!」


『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』が本日から公開ですね。
でも今日は映画館に行けなくなってしまったので今回は、1990年のビデオ作品『キャプテン・アメリカ/帝国の野望』について書きます。

damerica03.jpg
「丸腰じゃ、ないよ!」

初めて観た時は、20分ほどしたら「ツッコミきれねーよ!」って疲れて鑑賞をやめてしまった、そういうアレなのですが、今では大好きな映画です。とても愛嬌があって良いですよ。

お話は新しい『キャプテン・アメリカ』とは違っていると思います。違ってないと問題です。

【*注*今回は、ストーリーを簡単にですが書いてしまっています】

第2次世界大戦の最中、1人のアメリカ兵が強くなるかもしれないという危ないクスリの実験台になって、うまいこと効いて強くなりました。それで、この人けっこうケンカ強いからキャプテン・アメリカですということになって、1人でナチの施設に行かされます。そこにはレッド・スカルという強い悪者がいて、この人も例の危ないクスリの被験者だったのです。

damerica02.jpg
「雑とか、言わない!」

キャプテン・アメリカ(以下アメリカさん)はレッド・スカル(以下アカハゲ)にボッコボコにされます。何故なら、アメリカさんはホントにちょっとケンカの強いお兄さんで、プロの殺し屋に敵う訳がなかったのです。もっと地味な服で見つからないように潜入するべきでした。
アカハゲはアメリカさんをミサイルに縛り付けて発射しようとしますが、アメリカさんに手を捕まれ、そうとうテンパったのでしょうか、頭は強くなかったのでしょうか、自分の手首を切断して道連れにされるのを免れたのでした。ホワイトハウスに直撃予定のミサイルでしたが、縛られたアメリカさんがバタバタ暴れたので軌道が変わり、南極に不発のまま突き刺さりました。

そして50年後。

タイプミスじゃないですよ。50年後です。
南極でずーっと気絶してたアメリカさんが目覚めます。冷凍されていたアメリカさんは若々しいままですが、故郷は様変わり。恋人もとっくに結婚してババアになっていました。居場所がありません。戦争はとっくに終わってしまっていましたが「俺の戦争はまだ終わってねー!」というわけで、ナチの残党とのスケールが大きいのか小さいのか分からない戦いの旅が始まります。途中、「あなたは50年前にホワイトハウスを守ったヒーローですよね!私あの日、偶然夜空を眺めてて…」というオッサンの車を奪い、意気投合した女の車を奪い、ナチの本拠へと向かいます。
繰り返して用いられる車の奪い方がとても可愛らしくて。

助手席のアメリカさん、「車に酔ったので外で吐きます!」と言って停車させ外へ

しばらく気持ち悪そうにうずくまる

心配した運転手がアメリカさんの横に歩み寄ってくる

アメリカさん、運転席へダッシュ!!!


という。「僕に運転させてください」って言えないの。不器用な子です。

そうこうして辿り着いた場所には、なんと!宿敵アカハゲが待ちかまえていたのです!
しかし50年という時は、アカハゲに大きな変化をもたらしていました。

damerika01.jpg
「髪が生えてる!白い!肌キレイ!お前アイデンティティーって言葉知ってるか」
「社会生活するのに必要だったんだよ」
「アカハゲといい勝負できてるー!おれはまだまだ強くなれる!」
「勘違いすんなコッチはもうオジイチャンなんだよ片手義手だし!労れバカヤロー」


そんなわけで、ほんとダメダメな人類初の?ヒーローなのです。だからもうダメリカさんです。でも、愛嬌って大事だなーということを大変に痛感する、気持ちの良い迷作だと思います。
これ、DVDとかブルーレイとかには……ならないですかね…

ではまたお目に掛かりましょう。
2011-10-02-Sun-20:35

【 アクション映画 】 『ファースター 怒りの銃弾』★★★☆

ロック様ことドウェイン・ジョンソン主演のアクション映画『ファースター』を観ました。面白かったです。ひたすらにムキムキで強いのが敵を圧倒していく復讐劇。こういう映画、最近は少なくて新鮮でしたね。やはりロック様はシュワちゃんの後継者だわ!って思いました。

faster-dwayne.jpg

10年刑務所に入っていたロック様、出所するや、お兄さんを殺した敵に復讐するために大暴走を始めるのです。ロック様が犯罪幇助でブチ込まれてたワルでも、仲の良い兄弟を残酷に引き裂いた輩の方がずっと嫌なので、ロック様はヒーローになりうるのです。
しかし10年間という時間はデカかったのです。「昔はそーとーワルやってたが今は改心したよ」なキャラ若しくは一見そんな感じのキャラが出てくるので違う意味でもハラハラします。

あとですね、ロック様を狙う殺し屋が出てくるんですが、こいつがまた厄介で……いや、ロック様はものともせず、って感じで我が道を進むんですが、殺し屋が全然憎たらしくないんです。ベタな冷徹・天才キャラとは真逆、熱い努力家(というか努力フェチ)なんです。変態なんですけど。しかもプライベートも大事に描かれちゃうのって、これって僕はどうしよー!ってなるんですね。残された家族は…なんて考えちゃう。物語のそういうところにハードボイルドな輝きが生まれうることは承知なんですが、ロック様にはスカッと敵を打ちのめして欲しいわけですよ。久々のアクション主演作っていうのもあって余計に。

そんなこんなで、楽しみながらもウワワワ…って観ていたわけなんですが、この辺り上手に処理されてハード×痛快に仕上がってました。思えばスリリングで硬派、たいへん好みの作品で、も一度観たらより痛快度数が上がってるんじゃないかなーなんて思いますね。

しかしたいへん勿体ない事実が判明して、手放しで誉められなくなっちゃったんですね。
特典映像にある別エンディングが、本編よりずっとハードで面白いんです!試写でヌルイ意見がいっぱい出たせいで、ラストのアクションを全削除、エンディングを変更してるんですが、監督くやしそうです。前戯代わりのデートムービー観たい奴の意見でしょ、「〇〇が好きだから死なさないで欲しいの!」って。こういうのは僕いらっとしますね。作りたいもの作れないで、改悪されるとかサイテーですよ。『デアデビル』はディレクターズカット版が出ましたからまだ良いですが、『アイ・アム・レジェンド』なんか、ブルーレイかDVD特別版もってない人からすれば「伏線スルーで、安易なオチに走ったゾンビ映画」じゃないですか。あんなじゃ、ウィル・スミス良い仕事したのにオレ様役者よばわりが酷くなるじゃないですか。世の中には山ほど公開版より立派なディレクターズカット版があるに違いありません。

『ファースター』、ソフトはディレクターズカット版で出してくれれば良かったのに…って思わずにはいられません。いや、公開版もちゃんと面白いんですよ。でもどうしても比べちゃうんですよねー。
2011-09-19-Mon-13:55

【 アクション映画 】 『殴り込みライダー部隊』★★☆

DVDで『殴り込みライダー部隊』という映画を観ました。アメリカン・ニューシネマとバイカー映画、当時流行していた2つのジャンルを融合させた戦争アクションです。

raida-butai-01.jpg

アメリカン・ニューシネマって多くは観てないのですが、「はみ出し者が主人公で、最後に死んで、当時はその新鮮さばかりが評価されてて実はしょーもない映画が多い」っていうイメージ。この映画もそんな感じなのですが、なかなかの怪作で、楽しめちゃいました。
アクションにあっては、ちゃんと躍動感があってですね、バイクにカメラぶら下げて走ったり、ズームを活用したり…ちょっと『アドレナリン』みたいな、雑な勢いが良い味わい。あと、火薬たっぷりなのもいいですね。木と葉っぱでできた貧相な家屋が景気よく木っ端微塵になる様はたいへん清々しかったです。

ストーリーは、ベトナム戦争で捕虜になっている要人の救出作戦に、「身軽」という理由でヒッピーのバイカー集団を派遣するが…というもの。隠密作戦なのに途中途中の村で騒ぎまくるバイカー達。身軽さを買われたはずなのに最後にはバイクを戦車みたいに改造しちゃうバイカー達。要人がヒッピーを否定するインテリだと知って殺したくなるバイカー達。宮崎ゴローのアニメみたいですね。「ラブ&ピースがわかんねー奴は大嫌いだ、おっ死ね!」って。めちゃくちゃですね。

あとは、ラブ&ピースをスローテンポの反戦ソングに乗せて訴えまくるのが印象的でした。ヒッピー文化を否定する要人を異常なほど憎まれキャラに仕立てたり。くどくどのメッセージも、時代というか…何というか…監督はキマりながら撮ってたのかしら。異様で面白かったですね。
しかしバイカー達の言う自由っていうのは、インテリ要人が言う通りしょーもなのではないか、って思えちゃいます。反戦も、反戦という名の反抗に過ぎないんじゃないかしら。戦争は勿論いやですけど、彼らの考えの根幹は崇高なものじゃなくて、ひたすらに粗野で、投げやりなだけなんじゃないかなって。少なくともこの映画ではそんな風に感じましたね。
2011-08-07-Sun-11:08

【 アクション映画 】 『ドライブ・アングリー 3D』★★★☆

ニコラス・ケイジ主演の『ドライブ・アングリー 3D』を観て来ました。
とても良い3D映画でした。「3Dが良い映画でした」の方が正確かしらん。

DriveAngry3D-Poster.jpg

悪魔崇拝者に娘を殺され、孫をさらわれたミルトン(ニコラス・ケイジ)の復讐劇です。
もしかしてニコラス・ケイジ初めてのお爺ちゃん役ですか?

最近のアクション映画って、シンプルすぎたら負けな空気って言うんでしょうか?なかなかシュワちゃんの名作みたいなのは作られませんよね。この映画こそは着飾らず直球でやってくれると期待して鑑賞したわけですよ。
でもこの映画、ちょっと下手にミステリアスなところを作って引っ張ろうとするんですね。そのヘンテコな設定のおかげで記憶に残る怪作になったとも言えると思うのですが、さっさと手の内明かして(そもそも察しやすい…)無茶苦茶やってしまえば尚アホな向きに突き抜けて良かったのかなーと。あと、台詞で説明しないでビジュアル化した方がナンセンスで面白いんじゃないかと感じたところもありました。そう、設定の割に大人しく済んでしまった印象なんです。愛嬌があって好きなんですよ。でも、もっと色々できますよ。

とはいえ、かなりの満足を得られた快作であったことも間違いありません。3D表現が「奥行き」よりも「飛び出し」に力を入れていて、3Dってこんなお澄ましした映像表現だったの?って日頃物足りなく思っている映画ファンの目を楽しませてくれることだろうと思います。3Dが好評らしい『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』ですが、あんなゴチャゴチャカチャカチャしたのよりコレですよ。じっくりハッキリ色んな物が吹っ飛んできますから、馬鹿馬鹿しくもホント楽しいです。無駄に役者も浮き出てたり。ニコラス・ケイジがテカテカしてて立体感すごいですよ!こういう映画に出てこられると、3Dホームシアター設備が欲しくなっちゃいます。

DriveAngry3D-01.jpg
▲アメリカでは何やっても「FBI」って言えば大丈夫なシーン

もう一つ、この映画の見所は役者。ヒロイン役のアンバー・ハードの美しさといったら。僕は彼女よりもキレイな人類を知りません。大袈裟ですかね。『ネバーバックダウン』っていう全然興味そそられない映画があったんですけどね、アンバー嬢が映ってるビデオパッケージを目にして「うわ!誰だろう」って思わず手に取ってしまった記憶がありますね。『ドライブ・アングリー』では彼女のパワフルな演技も楽しめます。そして、ミルトンを追う謎の男を演じたウィリアム・フィクトナー。どんな異常な状況においても落ち着いた佇まいと甘ーい声色で余裕たっぷりの怪演を見せます。ニコラス・ケイジが大口開けてマユ毛ハの字にしたヘラヘラ顔を封印していたせいもあってか、主役より強烈でした。この人あれですね、『ダークナイト』の銀行支店長さんですね。手榴弾くわえさせられた。

劇場で3D鑑賞限定で、オススメです。2Dでは面白さが激しく減退する恐れがあります。ホント、3Dが良い映画でした。
RREVHOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。