--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-07-31-Sun-13:08

【 SF映画 】 『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』★☆

久しぶりに3D映画を観ました。『トランスフォーマー』シリーズの第3作目にして完結編の『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』です。

Transformer3-01.jpg


この映画の良いところを紹介していこうと思います。

<1> 1と2を観てなくても大丈夫!

とても単純なお話なので、復習する必要はありません。復習しようとすると5時間くらい掛かりますからね、このシリーズ無駄に上映時間長くて疲れますから、そういった部分では助かります。いくつか情報を入れておいて観れば尚楽しめるかも知れません。
というわけで、いくつか。

『トランスフォーマー3』観る前に知っておきたい3つの事

(a) ロボットは宇宙人です。
日本製じゃないし、生き物なんです。どうやって子孫を残すの?とか気になりますね。『カーズ』なんかもそんな気持ち悪さがあってなんかアレだったんですよね。…あ、これ映画の冒頭でサラッと説明されるから大丈夫でした。すみません余計な事でした。でもせっかくなので残しておきます。ちなみに、地球に優しいのがオートボットというロボットで、侵略者がディセプティコンというロボットです。悪いやつは目が赤くてダミ声なので、区別しやすいです。大丈夫です。

(b) 色んな人が出てきますが。
サム・ウィトウィッキーという天パの男の子が主役です。ロボットが地球に来てからモテ期が来ています。あと馴れ馴れしく登場する人の大半は、サムと一緒に過去にロボット戦争に巻き込まれた人たちです。そのくらいの認識でいいんじゃないかと思います。大丈夫です。

(c) 黄色いロボットはバカじゃありません。
たどたどしく喋ってて、名前もバンブルビ!っておバカな感じですが、声帯が壊れちゃってラジオ音声から言葉を抽出して喋ってるので、頭が足りないとかではないのです。大丈夫です。でも頭は良くなさそうです。得意技はおしっこです。スポーツカーに擬態してサムのアッシー君をやっています。

<2> ギャグ控え目(シリーズ比)だから大丈夫!

僕はこのシリーズのスベってるにも関わらず押し付けがましいギャグがとても苦手で、特にサムのお母さん(鳩山みゆきに似てませんか)のラリった表情と唐突な下ネタは寒気がするほどでして。今作はお母さんがいつ登場するんだろうとビクビク身構えて観ましたよ。登場するや、やっぱりあの顔・すぐ下ネタでしたけど、登場場面がだいぶ少なくなっていていくらかマシでした。あと、マイケル・ベイ監督は「男が2人トイレでもみ合ってるところに人が入ってきてゲイと勘違いされる」っていうネタ使い回しますねー。

<3> 君のせいじゃないから大丈夫!

ストーリーはたいへん単純なはずなのですが、「今のはどういうことだろう」「あれはおかしいと思う」と飲み込めないところが少なからずあると思うんです。でも大丈夫です。マイケル・ベイの映画ですから、自分の理解力に落ち度を感じて落ち込む必要はありません。大丈夫です。マイケル・ベイに児童向け絵本を読ませてもきっと「えっ何?」ってなります。女性が登場するや事細かにその容姿のグラマラスさを語り始めたり、読み飛ばしたり読み返したり、アドリブ入れてスベったり、叫ぶような大声で聞き取りづらかったり。そういうものだと思って、ガタガタのグダグダでも、少しでも気持ち良くご覧頂いた方が得です。

<4> 観なくても大丈夫!

他の娯楽に時間を当てても支障はないと思います。大丈夫です。ごめんなさい僕はこのシリーズダメみたいです。今作後半のストーリーテリングと編集の酷さはシリーズで抜きん出ているように思えました。面白くなりそうだったのに残念。

では、またお目に掛かりましょう。
2011-06-25-Sat-19:10

【 SF映画 】 『SUPER 8/スーパーエイト』★★★☆

お久しぶりです。お休みを貰って早速、映画館に駆け込みましたよ!
スピルバーグ製作×エイブラムス監督の話題作『SUPER 8/スーパーエイト』を観ました。

super8poster2.jpg

8ミリ映画を撮ってた子供達が列車の大事故を目撃しちゃいます。その後、町は空軍がやってきたり行方不明者が続出したりで物々しい感じに。どうやら列車の積み荷が関係してるみたいで…。というお話です。
この映画はSFであり、また、ミステリー、青春物語でもあります。映画の色んな要素が詰まってます。もしくは、色んな映画が混ざってますね。

えーっと、えーっと。この映画ですね、ネタバレしないで感想を書くのがとっても難しいのです。(でもネタバレはしないのでご安心ください!)盛りだくさんなようで、わりと密度が薄いんですよね。主人公の男の子の心情を軸に事件を描いていく訳ですが……あのラストシーンを撮りたかっただけなんじゃないかしら?っていう印象を受けました。あ、ラストシーン、息を飲む美しさですよ!
あ、あ、それ以外も面白かったんですよ。でも、結構空回りしてて。エイブラムス監督はハッタリが上手ですから嫌な感じはしないんですけど、ちょっと物足りなかったです。

…などとチクチク言いましたが、『SUPER 8/スーパーエイト』は映画館で観ることができて良かった!と胸を張って言える作品です。“雰囲気映画”の大傑作ですよ!状況説明が、映画ならでは方法で、落ち着いた演出がなされるので、「ああ、僕は映画を観てる!とても映画映画した映画を映画館で観てる!」という感覚がありました。後世に語り継がれる名作のような風格を備えてて、「すごいものを目撃している、リアルタイムで体験している!」って興奮しましたね。

エンドロールで流れる、子供達が完成させた8ミリ映画も必見。なんとも香ばしくて楽しいです。

では、またお目に掛かりましょう。
2011-03-27-Sun-01:30

【 SF映画 】 『パンドラム』★★

pandrum01.jpg

まあ怖い!意味深!いいポスターですねえ!
ポール・W・S・アンダーソン製作のSFスリラー『パンドラム』を観ました。

ポール・W・S・アンダーソンといえば、『バイオハザード』シリーズで知られる監督さんで、ポール・トーマス・アンダーソンという秀才気取りの賞荒らし監督と対比されて、「ダメな方のポール・アンダーソン」だなんて言われている可哀想な人ですね。
何をもって「ダメ」なんでしょう、いつまでも大人になれない感じがでしょうか。
例えばほら、『デス・レース』のリメイクなんか素敵じゃないですか。安っぽくて壊れてるオリジナル版を手堅いアクションの佳作に…これは善し悪しというか好みというかですけれども。その、実写の重厚感にこだわっていたりですね。ええ、それだけなんですけれどもね。大好きなんです。

僕も、くぼたっていう名字が近所にちらほらあるものですから、小さい頃は不本意な呼ばれ方をされたりすることが少なからずあって、辛かったですね。「変な方のくぼた君」とか「傾いてる方のくぼた君」とか「じゃない方」とか。ですから、実はできる子のポール君のこと、今後は「ポール“B級職人”アンダーソン」と呼んであげましょうよ!

そんな彼のお仕事の中でも特に光るB級映画があってですね、『イベント・ホライズン』というSFスリラーなんですが、これがそこそこに怖いんですよ。強がりました。怖かったんです!宇宙の彼方の宇宙船のお話なんですけれど、ひたすら不気味で禍々しくて、最後にはB級の愛嬌みたいなものがヒョッコリ顔を出しちゃうのですけれども、それも含めてインパクト十分な傑作だったように記憶しています。

さて、前振りが長くなりましたが、今回観ました『パンドラム』は、そのB級職人がプロデュースした<宇宙船を舞台にしたSFスリラー>ということで、どうしても『イベント・ホライズン』の再来を期待してしまうわけです。ところが、だいぶ毛色が違って肩透かし食らう格好になってしまいました。全然ノレなかったんです。でもポール君は悪くないです!製作なんだから、もしアレな時は新鋭監督と脚本家のせいにしちゃいましょうよ、スピルバーグみたいに!

何が期待とずれていたか。と言いますと、SFっぽくなかったんです。まず思ったのは、ニール・マーシャル(『ディセント』『ドゥームズデイ』)が撮りそうだなー、っていうこと。あんまりメカメカ無菌無菌してなかった印象…とかいう曖昧な違和感ではなくて…




ムキムキの食人族に追いかけられる映画ですからね。
「本当は怖い宇宙の神秘」的なゾクゾクなんか得られそうにありません!

dc032701.jpg
【食人族の人(うろ覚え)▲】

それと、物足りなかったのはハッタリが効いていないところ。例えば、記憶喪失の不安感なんかは簡単に処理されちゃって、そんなんで良いのー?って思いましたね。
「僕は何でここにいるんでしょう、わかんないですけれど、メカニックの知識は飛んでないようなので船を修理してきますね!」
「よく訓練されてるな君は!わはは!」
って。
それと、「パンドラム」って、「ノイローゼ」をSFっぽい造語にしてみたよ!ってところなのかしら。わざわざタイトルにしてるのに曖昧でわかりにくい病気でしたね。

でもポスターとか好きだなあ!
RREVHOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。